« Love. riverside. | トップページ | Man. The hotel lobby. »

2016.07.24

alone. Bus stop.

The title.
alone. Bus stop.


London, United kingdom, 2015 shot .... 4 / 6
(Today's picture. That's unannounced.)

image.
The Diventa Project - Dreamer (Lazy Hammock Vocal Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=IlkiqGNLAbw

London.
I went to the United Kingdom.
The day when Japan was left. July 22.
The day when I have arrived in Japan. July 27.
The number of which I took a picture. 5052.
Full capacity. About 32 GB.
I'm happy.
If you enjoy yourself.
:)

_________________________________

_________________________________

Profile.

In November 2014, we caught the attention of the party selected to undertake the publicity for a mobile phone that changed the face of the world with just a single model, and will conclude a confidentiality agreement with them.

http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2015/03/profile-march20.html

_________________________________

_________________________________


_________________________________

flickr . ( XL size )

_________________________________

http://www.flickr.com/photos/stealaway/
_________________________________


_________________________________

Postscript 2.
Today's text.
I prepared 12 languages.
_________________________________

_________________________________

_________________________________

My Novel >> Unforgettable'

(This book is Dedicated to the future artist.)


Mitsushiro Nakagawa


All Translated by Yumi Ikeda .
http://www.fotolog.net/yuming/

images.

U2 - No Line On The Horizon Live in Dublin
http://www.youtube.com/watch?v=_oKwnkYFsiE&feature=related


There are two reasons why a person faces the sea.
One, to enjoy a slice of shine in the sea like children bubbling over in the beach.
The other, to brush the dust of memory like an old man who misses old days, staring at the shine
quietly.
Those lead to only one meaning though they do not seem to overlap. It’s a rebirth.
I face myself to change tomorrow, a vague day into something certain.
That is the meaning of a rebirth.
I had a very sweet girlfriend when I was 18.
After she left, I knew the meaning of gentleness for the first time and also a true pain of loss. After
she left, how many times did I depend too much on her, doubt her, envy her and keep on telling lies
until I realized it is love?
I wonder whether a nobody like me could have given something to her who was struggling in the
daily life in those days. Giving something is arrogant conceit. It is nothing but self-satisfaction.
I had been thinking about such a thing.
However, I guess what she saw in me was because I had nothing. That‘s why she tried to see
something in me. Perhaps she found a slight possibility in me, a guy filled with ambiguous, unstable
tomorrow. But I wasted days depending too much on her gentleness.
Now I finally can convey how I felt in those days when we met.

1/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24577016535/in/dateposted-public/

2/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24209330259/in/dateposted-public/

3/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/23975215274/in/dateposted-public/

4/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24515964952/in/dateposted-public/

5/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24276473749/in/dateposted-public/

6/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24548895082/in/dateposted-public/


7/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24594603711/in/dateposted-public/

8/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24588215562/in/dateposted-public/

9/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24100804163/in/dateposted-public/


Fin.


images.

U2 - No Line On The Horizon Live in Dublin
http://www.youtube.com/watch?v=_oKwnkYFsiE&feature=related

_________________________________

_________________________________

Title of my book > unforgettable'


Author : Mitsushiro Nakagawa


Out Now.
ISBN978-4-86264-866-2


in Amazon.
http://www.amazon.co.jp/Unforgettable’-Mitsushiro-Nakagawa/dp/4862648665/

_________________________________

_________________________________

Schedule of the next novel.

Still would stand all time.(unforgettable'2)

2018. Spring. It's expected to open it. That's Japanese.
_________________________________

_________________________________

2016. Exhibition.
From November 1 to November 6.
DIC Kawamura Memorial Museum of Art.
http://kawamura-museum.dic.co.jp/en/
place. Sakura-shi, Chiba. Japan .
Theme.
All the things you are .


2017.
Autumn.
Theme.
This must be the place I waited years to leave .
Place. Tokyo Big Sight.
http://www.bigsight.jp/
Sponsoring. Design festa.
http://designfesta.com/

_________________________________

_________________________________

Future's photography place.

2016.
Great Barrier Reef. Cairns. Australia.

2017.
Manhattan. New York. The United States.

_________________________________

_________________________________

I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231

_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

_________________________________


YouPic

https://youpic.com/photographer/mitsushironakagawa/

_________________________________

_________________________________

タイトル。
alone. Bus stop.

次の小説のイメージ。
Still would stand all time.(unforgettable'2)
(いつまでもなくならないだろう)


London, United kingdom, 2015 shot ..... 4s / 6
(Today's picture. That's unannounced.)


image.
The Diventa Project - Dreamer (Lazy Hammock Vocal Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=IlkiqGNLAbw

ロンドン。
僕はイギリスへ行って来ました。
日本を出発した日。7月22日。
日本へ到着した日。7月27日。
撮影した枚数。5052枚。
全容量。約32GB。
僕は嬉しいです。
もしもあなたが楽しんでくれたら。
:)

_________________________________

_________________________________

プロフィール。
2014年11月、たった1機種で世界を塗り替えた携帯電話の広告を請け負った選考者の目に留まり、秘密保持同意書を結ぶ。

http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2015/03/profile-march20.html

_________________________________

_________________________________

僕の小説。英語版 

My Novel Unforgettable' (This book is Dedicated to the future artist.)

Mitsushiro Nakagawa


All Translated by Yumi Ikeda .
http://www.fotolog.net/yuming/


1/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24577016535/in/dateposted-public/

2/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24209330259/in/dateposted-public/

3/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/23975215274/in/dateposted-public/

4/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24515964952/in/dateposted-public/

5/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24276473749/in/dateposted-public/

6/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24548895082/in/dateposted-public/

7/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24594603711/in/dateposted-public/

8/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24588215562/in/dateposted-public/

9/9
https://www.flickr.com/photos/stealaway/24100804163/in/dateposted-public/


Fin.


images.
U2 - No Line On The Horizon Live in Dublin
http://www.youtube.com/watch?v=_oKwnkYFsiE&feature=related
_________________________________

_________________________________

Title of my book > unforgettable'


Author : Mitsushiro Nakagawa


Out Now.
ISBN978-4-86264-866-2

in Amazon.
http://www.amazon.co.jp/Unforgettable’-Mitsushiro-Nakagawa/dp/4862648665/

_________________________________

_________________________________

次の小説の予定。
Still would stand all time.(unforgettable'2)
(いつまでもなくならないだろう)

2018年。春。公開予定。それは日本語です。
_________________________________

_________________________________


2016年。
11月1日から11月6日まで。
DIC 川村記念美術館。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/en/
場所。千葉県佐倉市。
テーマ。
All the things you are .


2017年。秋。
テーマ。
This must be the place I waited years to leave .
場所。東京ビッグサイト。
http://www.bigsight.jp/
Sponsoring. Design festa.
http://designfesta.com/

_________________________________

_________________________________

今後の撮影地。

2016年。
グレートバリアリーフ。ケアンズ。オーストラリア。

2017年。
マンハッタン。ニューヨーク。アメリカ。

_________________________________

_________________________________


I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231

_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

_________________________________

YouPic

https://youpic.com/photographer/mitsushironakagawa/

_________________________________

_________________________________

きのう、構図について、生意気なことを書いたので、ついでにもっと書き足します。
:)


日本人の構図がなぜだめなのか?
これは音楽でもそうなんですが、日本人特有の個性といっても差し支えないものです。

音楽だとわかりやすい。
サザンの桑田神、山下達郎神は、この辺りを完全に知っています。松任谷グループもそうですよね。
日本には日本特有のメロディーがある。しかも、それは決して海外では受け入れられない。
いいですか、受け入れられないんです。
でも、ここに書いたアーティストらはそれでよし、として今日まで来ています。
わかっていて来ています。
わざわざ海外を、現在のように意識する必要がまるでなかったんですね。
絵画に置き換えます。
みなさんが知っている日本の歌麿。精緻で美しい色使い。
これはチョー日本的です。
僕はこれは大嫌いです。どんなに崇高なものであったとしても僕は嫌いなんです。
こういう職人っぽいのは嫌い。

写真の構図にしましょう。
日本人の写真家らは、被写体中心で考えています。つぎに写真の質感。
この二点からしか考えていません。

僕が本格的に写真に取り組む前、Flogで知り合ったイタリアのデザイナー(大学の講師もしています)が日本に来るので、僕は迎えに行きました。
事前に質問を二つ用意していました。

ひとつは、良い構図とはあるのか?
ふたつめは、flogでアップしているプロらは写真の編集ソフトを使っているかどうか?

この二点に完全にしぼって聞きました。

ひとつめの彼の答えは、《良い構図とはない。しかし、悪い構図はある》というものでした。
深い詳細はまたいつか書きます。大昔に書いているはず。
:)

ふたつめの編集なんですけれども、当時ずぶの素人だった僕はどうしても海外の写真家の質感が再現できなくて、なぜなんだろうと考え込んでいました。
編集ソフトを使うことはルール違反なのではないかと。
でも、彼の考えは違いました。
《編集ソフトは、アナログの写真で言う《現像》だよ。だからためらはなくていい》
ということでした。

これについてもまた深く書きます。大昔に書きましたよ。
:)


今回、大昔に書くといって、書いていないことを書こうと思いました。
それは、

《スピルバーグ》《ゴダール》の違いです。


スピルバーグは言わずと知れた功績の方ですが、以外にもチョー重要な賞というものを獲っていません。
なぜか。僕なりの答えを出しました。
その答えは、《ゴダール》だとわかりやすい。こちらも天才肌、ではなく、天才ですよね?
ゴダールに限らず、ヨーロッパ系の監督らを含みます。

この2者の決定的な違いは、《構図》にあるんです。
バックトゥザチューチャーは、監督はスピルバーグではありませんが、いちおう分かりやすいのでここで取り上げさせてもらいます。
スピルバーグは、数多くのヒット作品を生み出しました。あの天才、スタンリーキューブリックに《なぜ君はそんなにヒット作品が作れるんだ》と言わせたほどです。
(リンク先のウィキの自身の写真を見てください。完璧な構図です。震えました:):):):))
:)
でも、それとは対照的に、世界の重要な賞をスピルバーグは獲れていません。その成果と比例するような数値を出してはいないんです。

つづきは、また機会があったら書きます。
:)


僕の写真と日本人の他の写真家との決定的な差があるんです。

ぼくが出版した本のインタビューには正確に書きました。
:)

PDFで提供させていただいたんですけど。

英語版のインタビューは A4用紙を縦に 3x3 で並べると、ひとつの作品になるようにしました。
日本語版は、ふつうの感じ。いちおうデザインしましたけど。
:)

そこには決定的に、徹底的に書きました。
:)

また機会があれば書きます。
:)


これからジョギングしてきます。
:)

マーニーは、夜とかジョギング絶対にだめ!!
危な過ぎる… もう…
え?
一番危ないのは、オレ?
はぁ、そうだよね…
すっごく見たいし会いたいし…

ガマン…
とほほ…

夢でマーニーに会えますように…
:)

ポケモンゴーの女の子をマーニーに重ねてます。
:)

おやすみなさい…
:)

マーニー、大好き…
:):):)


e

|

« Love. riverside. | トップページ | Man. The hotel lobby. »

構図」カテゴリの記事