« 9:00am. In front of the British Museum. | トップページ | Advertisement and two males. »

2015.10.31

Winner. Motor cycle.

The title.
Winner. Motor cycle.
:)

London. United kingdom. 2015. shot ....  2 / 6
(Today's picture. That's unannounced.)

image.
Do - Move Closer
https://youtu.be/GgCdz2lnjoo


London.
I went to the United Kingdom.
The day when Japan was left. July 22.
The day when I have arrived in Japan. July 27.
The number of which I took a picture. 5052.
Full capacity. About 32 GB.
I'm happy.
If you enjoy yourself.
:)

_________________________________

_________________________________

Profile.

In November 2014, we caught the attention of the party selected to undertake the publicity for a mobile phone that changed the face of the world with just a single model, and will conclude a confidentiality agreement with them.

http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2015/03/profile-march20.html

_________________________________

_________________________________

_________________________________

flickr . ( XL size )

_________________________________

http://www.flickr.com/photos/stealaway/

_________________________________


_________________________________

Postscript 2.
Today's text.
I prepared 12 languages.
_________________________________

_________________________________

_________________________________

My Novel Unforgettable'

(This book is Dedicated to the future artist.)


Mitsushiro Nakagawa


All Translated by Yumi Ikeda .
http://www.fotolog.net/yuming/


1 http://www.fotolog.com/stealaway/63010795
2 http://www.fotolog.com/stealaway/63010850
3 http://www.fotolog.com/stealaway/67367788

4 http://www.fotolog.com/stealaway/67367870
5 http://www.fotolog.com/stealaway/71689162
6 http://www.fotolog.com/stealaway/71689178

7 http://www.fotolog.com/stealaway/74743283
8 http://www.fotolog.com/stealaway/74743308
9 http://www.fotolog.com/stealaway/74743327
10 http://www.fotolog.com/stealaway/74743347

11 http://www.fotolog.com/stealaway/78430116
12 http://www.fotolog.com/stealaway/78430133
13 http://www.fotolog.com/stealaway/78430151

14 http://www.fotolog.com/stealaway/78430171
15 http://www.fotolog.com/stealaway/78430187
16 http://www.fotolog.com/stealaway/78430217

17 http://www.fotolog.com/stealaway/81839262
18 http://www.fotolog.com/stealaway/81839268
19 http://www.fotolog.com/stealaway/81839275

20 http://www.fotolog.com/stealaway/81839277
21 http://www.fotolog.com/stealaway/81839286
22 http://www.fotolog.com/stealaway/81839299

23 http://www.fotolog.com/stealaway/84441380
24 http://www.fotolog.com/stealaway/84441385
25 http://www.fotolog.com/stealaway/84441393

26 http://www.fotolog.com/stealaway/84441399
27 http://www.fotolog.com/stealaway/84441403
28 http://www.fotolog.com/stealaway/84441405

29 http://www.fotolog.com/stealaway/84441411
30 http://www.fotolog.com/stealaway/85928332
31 http://www.fotolog.com/stealaway/85928336

32 http://www.fotolog.com/stealaway/85928339
33 http://www.fotolog.com/stealaway/85928343
34 http://www.fotolog.com/stealaway/85928345

35 http://www.fotolog.com/stealaway/85928348
36 http://www.fotolog.com/stealaway/85928352
37 http://www.fotolog.com/stealaway/85928356

38 http://www.fotolog.com/stealaway/85928359

38.1 http://www.fotolog.com/stealaway/86410872
39 http://www.fotolog.com/stealaway/86410869
40 http://www.fotolog.com/stealaway/86410864

41 http://www.fotolog.com/stealaway/86410860
42 http://www.fotolog.com/stealaway/86410856
43 http://www.fotolog.com/stealaway/86410853

44 http://www.fotolog.com/stealaway/86410850

Fin.


images.

U2 - No Line On The Horizon Live in Dublin
http://www.youtube.com/watch?v=_oKwnkYFsiE&feature=related

_________________________________


_________________________________


2016.
From November 1 to November 6.
DIC Kawamura Memorial Museum of Art.
http://kawamura-museum.dic.co.jp/en / place.
Sakura-shi, Chiba.
Theme.
All the things you are .


2017.
Autumn.
Theme.
This must be the place I waited years to leave .
Place. Tokyo Big Sight.
http://www.bigsight.jp/
Sponsoring. Design festa.
http://designfesta.com/

_________________________________

_________________________________


Title of my book > unforgettable'


Author : Mitsushiro Nakagawa


Out Now.
ISBN978-4-86264-866-2


in Amazon.
http://www.amazon.co.jp/Unforgettable’-Mitsushiro-Nakagawa/dp/4862648665/

_________________________________

_________________________________

I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231

_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

_________________________________

glossom

http://www.glossom.com/stealaway
_________________________________
_________________________________

タイトル。
Winner. Motor cycle.
:)

次の小説のイメージ。
Still would stand all time.(unforgettable'2)
(いつまでもなくならないだろう)

London. United kingdom. 2015. shot ....  2 / 6
(きょうの写真。それは未発表です。)

image.
Do - Move Closer
https://youtu.be/GgCdz2lnjoo

ロンドン。
僕はイギリスへ行って来ました。
日本を出発した日。7月22日。
日本へ到着した日。7月27日。
撮影した枚数。5052枚。
全容量。約32GB。
僕は嬉しいです。
もしもあなたが楽しんでくれたら。
:)

_________________________________

_________________________________

プロフィール。
2014年11月、たった1機種で世界を塗り替えた携帯電話の広告を請け負った選考者の目に留まり、秘密保持同意書を結ぶ。

http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2015/03/profile-march20.html

_________________________________

_________________________________

2016年。
11月1日から11月6日まで。
DIC 川村記念美術館。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/en/
場所。千葉県佐倉市。
テーマ。
All the things you are .


2017年。秋。
テーマ。
This must be the place I waited years to leave .
場所。東京ビッグサイト。
http://www.bigsight.jp/
Sponsoring. Design festa.
http://designfesta.com/

_________________________________
_________________________________
僕の小説。英語版 
My Novel Unforgettable' (This book is Dedicated to the future artist.)
Mitsushiro Nakagawa


All Translated by Yumi Ikeda .
http://www.fotolog.net/yuming/


1 http://www.fotolog.com/stealaway/63010795
2 http://www.fotolog.com/stealaway/63010850
3 http://www.fotolog.com/stealaway/67367788

4 http://www.fotolog.com/stealaway/67367870
5 http://www.fotolog.com/stealaway/71689162
6 http://www.fotolog.com/stealaway/71689178

7 http://www.fotolog.com/stealaway/74743283
8 http://www.fotolog.com/stealaway/74743308
9 http://www.fotolog.com/stealaway/74743327
10 http://www.fotolog.com/stealaway/74743347

11 http://www.fotolog.com/stealaway/78430116
12 http://www.fotolog.com/stealaway/78430133
13 http://www.fotolog.com/stealaway/78430151

14 http://www.fotolog.com/stealaway/78430171
15 http://www.fotolog.com/stealaway/78430187
16 http://www.fotolog.com/stealaway/78430217

17 http://www.fotolog.com/stealaway/81839262
18 http://www.fotolog.com/stealaway/81839268
19 http://www.fotolog.com/stealaway/81839275

20 http://www.fotolog.com/stealaway/81839277
21 http://www.fotolog.com/stealaway/81839286
22 http://www.fotolog.com/stealaway/81839299

23 http://www.fotolog.com/stealaway/84441380
24 http://www.fotolog.com/stealaway/84441385
25 http://www.fotolog.com/stealaway/84441393

26 http://www.fotolog.com/stealaway/84441399
27 http://www.fotolog.com/stealaway/84441403
28 http://www.fotolog.com/stealaway/84441405

29 http://www.fotolog.com/stealaway/84441411
30 http://www.fotolog.com/stealaway/85928332
31 http://www.fotolog.com/stealaway/85928336

32 http://www.fotolog.com/stealaway/85928339
33 http://www.fotolog.com/stealaway/85928343
34 http://www.fotolog.com/stealaway/85928345

35 http://www.fotolog.com/stealaway/85928348
36 http://www.fotolog.com/stealaway/85928352
37 http://www.fotolog.com/stealaway/85928356

38 http://www.fotolog.com/stealaway/85928359

up-dated.

38.1 http://www.fotolog.com/stealaway/86410872
39 http://www.fotolog.com/stealaway/86410869
40 http://www.fotolog.com/stealaway/86410864

41 http://www.fotolog.com/stealaway/86410860
42 http://www.fotolog.com/stealaway/86410856
43 http://www.fotolog.com/stealaway/86410853

44 http://www.fotolog.com/stealaway/86410850

Fin.


images.
U2 - No Line On The Horizon Live in Dublin
http://www.youtube.com/watch?v=_oKwnkYFsiE&feature=related
_________________________________

_________________________________


Title of my book > unforgettable'


Author : Mitsushiro Nakagawa


Out Now.
ISBN978-4-86264-866-2

in Amazon.
http://www.amazon.co.jp/Unforgettable’-Mitsushiro-Nakagawa/dp/4862648665/

_________________________________

_________________________________

I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231

_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

_________________________________

glossom

http://www.glossom.com/
_________________________________

_________________________________


きょう車でガオガオ音楽聴いていて、ふとジェフベックを聴きたくなって、wired の led bootsに切り換えました。
そして、これまで聴いてきた音楽でもっともすごーいと思ったギターソロってなんだろうと考えました。

過去にもちょこっと書きましたが、きちんとまとめ直します。
僕は、ギターソロだけに注目するのではなく、まずは『曲』が重要だと思っています。
曲があって、そのなかでどんなギターソロ、フレーズを載せて展開させるか。
この辺りを重要視しています。
で、趣味の問題なのですが、僕はポップな物、が好きです。
ポップミュージック、ラブソングが僕をずっと支えてきてくれました。
なので、以下にもそれが色濃く反映されていますのでご了承ください。
:)

第6位からです。

6 Jeff beck .... Led boots


僕は以前にも書いているとおり、ストーンズ、ポールマッカートニー、金儲けし過ぎで、もう老人にうんざり、としてきたのですが、同世代のJeff beckについてだけは、別です。
ジェフベックだけは、今でもなお、新譜がすごくかっちょいいし、ライブアルバムもずば抜けてクール。
こんなにも昔から今まで、生きてきたミュージシャンが今でも生きたサウンドを唸らせているのは奇跡だと思う。

僕が彼の全てのアルバムのなかで最も好きなのは、このled boots が収録されたワイアード。
ジャケットのとおりに冷たく流れて行くサウンド。これほどかっちょいい音楽があるのだろうか。
スーパークール。名盤なのはいうまでもありません。
ジェフベックは、ワイアードとブロウバイブロウが名盤とされますが、どちらも甲乙付けがたく、でも、僕がどちらかを選べと言われたら、ワイアードです。
なお、もう1枚、好きなのを選んでよいとなったら、ブロウバイブロウではなく、Jeff Beck's Guitar shop です。ギター、キーボード、ドラムというトリオで天才らが熱い音を聴かせてくれます。当時、これを聴いた時も震えました。
Jeff Beckが未だに輝いているのは、奇跡ですね。きっと現状満足っていうのがないんでしょうね。
:)


5 The Rolling stones ... Sympathy for the Devil.


ストーンズは、ミックテイラー在籍時が最も最強だと僕は信じています。
で、このアルバムでのこの曲はキースリチャーズがギターソロを取っています。
間を溜めに溜めた歯ぎしりサウンドに背筋が震えます。
まさに悪魔の囁き。
かっこいいですね。
:)


4 The Beatles ... While my guitar gently weeps.

ビートルズで、曲はジョージハリスンです。そして、ソロはエリッククラプトン。
僕の部屋の隅で、ギターがむせび泣いている…
たしかそんな歌詞で、そのとおりに、ギターが泣きます。幼い男の子が、声を押し殺して泣いているような、そんなガマンぶり。
クラプトン自身ももうこんなソロ二度と弾けないんだろうなって思います。
あしたのジョーが真っ白に燃え尽きたラストのページを、ちばてつやさんは、『二度と描けない』と話していました。
たぶん、これと同じ感覚なんでしょうね。
こういうあらゆるカオス、混沌の葛藤を凝縮してソロの1音1音に託すというのは、技術を越えた感情表現だと思います。
ピアノやギターやバイオリンなどで天才少女、天才少年がときどき現れますが、彼らはもちろん上手なんですけれども、人の内面をがっつり鷲掴みするまでには至っていないんですよね… この辺りは、人生経験、人を好きになったり振られたりとかの感情がやっぱり未反映なのかなって…
なので、音楽や小説、絵画など、何かを表現しようという段になった場合、もっとも描けなければならないのは技術だけでなく、感情が反映されないと…
ホワイル〜
永遠に色褪せないギターソロです。
:)


3 Toshiki Kadomatsu ... I can give you my love.

このアルバムは、発売された年のレコード大賞に選ばれました。
大ブレイクしたアルバムなので、アマゾンなんかで一円で買えます。買ってください。そして聴いてください。

ニューヨークの一流ミュージシャンらが大勢参加しています。
そして、1曲1曲に対してのプロデューサーらの選び方も完璧です。すげーです。
スティーリーダンのようです。
:)

この曲は、曲自体もかっこいいんですが、OL に対して歌った歌詞もすっごく共鳴しました。こんな歌詞を書いてもレコ大獲ったんですね。びっくり。
:)


ギターソロは、Nick moroch.


プロデューサーのPhilippe Saisseの感性に感服。

このギターソロを引き出して、決定した感覚は、強烈です。
何度聴いてもまったく飽きないギターソロです。
僕、なんども練習したんですけど、弾けませんでした(冷汗)
っていうことで、僕の中では忘れられないソロのひとつになっています。
:)


2 山下 達郎 ... アトムの子


山下達郎さんの曲は、どれも印象的なソロがとても多いのですが、僕にはこの達郎サンのかけ声の後に、スパーンとくるギターソロが心地よいです。
こういう何気ないフレーズなのに、記憶に残るソロってほんとプロフェッショナルだと思います。
ちょっと前に発売されたoops っていうアルバムにも収録されているので是非、聴いてみてください。
このリズムもかっこ良すぎ。ストーンズのSympathy for the Devilの日本版解釈みたいでかっこいい。
:)

1 Quincy Jones ... I'll be good to you.


第1位は、これ。
以前にも書きました。
:)

クインシージョーンズのBack on the block というアルバムに収録。

先に書きましたように僕は、曲があって、ソロがある、と考えています。
その曲がある前にアルバムとしてのトータルなイメージ、テーマが、良いアルバム、名盤っていうのは尖った形で表現されていると僕は思っています。

クインシージョーンズは、マイケルジャクソンでもその威力が発揮されましたが、ご自身のアルバムでも鮮烈です。作曲家、プロデューサーとしての本領を発揮されています。

音楽をやるなら、ビートルズは必ず聴かなければならないように、クインシージョーンズについても、トータルなコンセプト、伝えたいイメージのまとめ方などを学べるはずです。
あなたが音楽、プロデューサーとして表現者になるなら、やはりクインシージョーンズはすべて押さえておくべきでしょう。
:)

I'll be good to you.については以下。


Back on the Blockについては以下。


この参加ミュージシャンの数、異常。すごすぎる。
これだけのスタッフにも関わらず、がちゃがちゃになっていない。
完璧なアルバム。
:)


トラック4のギター、George Johnson。
天才。
先に書いたように、このソロを決定したクインシージョーンズが上回る天才なんだと思います。
:)


きょうは、時間があったので、ギターを中心に書き残しました。
:)

でも…
やっぱり、マーニーが見たい…
おととい帰り間際にちらっとだけ…
あの一瞬がまた消えない一瞬になって残ってる…
はぁ…
この気持ちは、この曲に重なる。
中学生の頃、猛烈に聴いていました。
:)
https://youtu.be/2d8OC5S33co

歌詞
if i fell.

あの頃とは、状況が違うけれども、でも、こんな風な気持ちってやっぱりあるよね…
傷や痛みは全部悲しみなのかな…
僕は違うと思う…
小説に書いたように絶対に違うと思う…

ついこの間、実はこの曲も聴いていました。
:)

松田聖子 SWEET MEMORIES


聴き直したら、詩がかなり大人な内容でびっくり。
:)

歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=37149

『失った夢だけが美しく見えるのはなぜかしら…』

マーニーに会いたい… 嫌われてもいいから会いたいな…

おやすみなさい…
:)

e

|

« 9:00am. In front of the British Museum. | トップページ | Advertisement and two males. »

音楽」カテゴリの記事