« Flowing time. | トップページ | Woman of cellular phone. Man who buys ticket. »

2009.03.04

Time of airport.

Subtitle.
Time of airport.

Manhattan New york city 2007 shot......... 2/5 (airport near Manhattan)

image.
NYC RECONSTRUCTED SOUL - WHAT'S ON YOUR MIND
http://www.youtube.com/watch?v=mPD2NrLCGGc&feature=related


Original full size. Color. Monochrome.
It is URL recorded in my book.
You are obtained in the place.


I am hardly writing in return now.
I'm sorry.
I do not have malice.
When I am good at time, I am writing in return.
_________________________________
My Novel Unforgettable' 4/456
Mitsushiro Nakagawa

All Translated by Yumi Ikeda .

1 http://www.fotolog.com/stealaway/63010795
2 http://www.fotolog.com/stealaway/63010850

_________________________________
Schedule of exhibition.

Tokyo Big sight.

2009.
May 16. Saturday.
May 17. Sunday.

Theme.
The time takes you away.

Published book.
Novel included in it.
It is a schedule of the exhibition of the continuation.

Let's meet if there is time.
:)

www.designfesta.com
http://www.designfesta.com/index_en.html

Tokyo Big sight.
http://www.bigsight.jp/english/index.html
_________________________________
Information on my book

I published a book.
Title is 'unforgettable'.
Author name is Mitsushiro Nakagawa.

The book displays photographs and design around my novel.

My book has an ISBN code, and you can buy it at any bookstore nearby.
Also it is available at the following site.
_________________________________
Title of my book unforgettable'

Author Mitsushiro Nakagawa

Out Now. ISBN978-4-86264-866-2

You can buy it in Amazon.

English site.
http://www.amazon.co.jp/In-English/b/ref=topnav_switchLang_gw?ie=UTF8&node=1094656

Please input, and retrieve my name.

mitsushiro

You can buy my book.

Japanese'Guide site.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2009/01/about-my-book.html
_________________________________
about my book .
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2009/01/about-my-book.html
_________________________________
I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________
Attention:Dear Fotologgers.
http://www.fotolog.com/stealaway/45602992
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
空港の時間。

Manhattan New york city 2007 shot......... 2/5
(マンハッタンの近くの空港)

image.
NYC RECONSTRUCTED SOUL - WHAT'S ON YOUR MIND
http://www.youtube.com/watch?v=mPD2NrLCGGc&feature=related


オリジナルのフルサイズ。カラー。モノクローム。
それは僕の本に記したURL。
あなたは、その場所で手に入ります。


僕は現在、ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は、悪意を持っていません。
僕は時間が出来たら、お返事を書いています。
_________________________________
僕の小説。英語版  Unforgettable' 4/456
Mitsushiro Nakagawa

All Translated by Yumi Ikeda .

1 http://www.fotolog.com/stealaway/63010795
2 http://www.fotolog.com/stealaway/63010850

----------------------
展示の日程。

東京ビッグサイト。

2009年。
5月16日。土曜日。
5月17日。日曜日。

テーマ。
The time takes you away.

出版した本。
それに含まれる小説。
その続きの展示の予定です。

もしも、お時間があればお会いしましょう。
:)

デザインフェスタ
http://www.designfesta.com/index_en.html

東京ビッグサイト
http://www.bigsight.jp/english/index.html
----------------------
僕は現在、ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は、悪意を持っていません。
僕は時間が出来たら、お返事を書いています。
----------------------


俺の本。
見開き、中央。
マンハッタンの夜景。
これ、コング、上ったとこ。
コングに耐えられるほどの、耐震性があるようには感じず、どちらかというと、強風が強く、なんかとっても揺れていた。気がする。
ので、すぐにも下りたい気持ちだった。

で、下りてからが問題だった。
このビル、行ったことがある人にはわかるかと思いますが、かなりの渋滞。
上って下りるだけで、一苦労。
で、ビルを出たら、通りにほとんど人気なし。
薄暗い、裏通りを、妻と黙り決め込んで、俯き加減に闊歩。
この間、事前にお話を聞いていた翻訳者の池田さんの言葉が過った。
(池田さんは、グランンドセントラルからいくつか進んだ場所に住んでいました。おまけにいくつかの州を渡り歩かれています)
《気をつけて行ってきてね》という言葉が脳裏で反響。跳ね返って来た反響音には、また池田さんの言葉。
《友人がホールドアップに。。。。》

ほんとに暗くて、怖かった。たぶん、似たようなビル群でも都内ではありえない感じ。
向かってるときには、人が多かったのに、帰りには人気ゼロ。猫も犬も虫もいない。そんな感じ。
で、暗い道を抜けて、やっと駅に着いたと思ったら、今度は地下鉄。
やばい。確かに、いまはとても安全になったという話も聞いた。
でも、オモッた。

この場所には、《絶対》は無さそう。《絶対、安全》とかまったく思えず。
でも、乗るしかない。
でも、結局になんにもなかったんですけど、とにかく暗がりが怖かった。

まるで人気が無い、っていう状態がこんなにも怖いとは思わなかった。
そんな感じ。
で、コング、上ったビル。
かなり工事中だった。
その工事中具合が、なんか、クールで、ニューヨークっていうよりも、NY、っていう感じだった。

で、本の写真。
すでに本のサイトに同じ物をアップしてますが、
これ、一枚の写真を、五枚以上ずらして重ねています。
よーく見るとわかるはず。右側のビルとか、おなじでしょう?
この絡ませ具合、すごく悩んだ。

今回、撮ってきて感じた事。
俺のニコンCOOLPIX 8700.
やっぱり名機。
この程度のコンデジで、道路にある車のライトを正確に捕まえている。
名機?

違う。俺自身が名機だった。

ちなみに、本の表紙、写真の一番右上端にある窓に注目。
これだけの距離にも関わらず、正確に窓の桟を捕らえている。
みなさん、ご存知のマトリックス。
一作目、冒頭、追われるトリニティが、窓に飛び込むシーン。
そんな窓が映ってます。

三脚は、持って行ってないよ。
イタリアの初日、持って歩いたら死んだので、固定するのなら、自分が石になったほうが早いと感じた。
だから、ニューヨークのは、すべて脚立なし。
脚立?
違う、三脚だった。

このブログの右側に、おれ、こんなリンクを張っていた。
《謹賀新年 アラーキーへ》
季節も変わったし、失礼だなと思って、リンクのタイトル変えといた。
これで、グー。
ばっち、ぐー。

昨日の写真のコメント。

ouiiiさん。

彼女、こう書いてる。
stealaway....
あなたを忘れられないの…
いつもあなたに会いたいって思ってしまうの…
と、までは書いてないが、かなり近い。きょう、返信書く。

おれ、しばしばでなく、よくそう言われる。
flogで、世界中の女の子に言われた。
日本では、一晩いっしょに過ごして、別れてからも言われる。
やさしいわけじゃない。どちらかっていうと冷たい。想像以上に冷たい。
冷たすぎて、嫌われるなんてよくあるケースその3。
でも、他の男。どうやらさ、なまぬるいみたい。
優しさと厳しさは相反するようで同居。
俺、俺のために時間を費やしてくれた人には、ベストを常に尽くす。
結果、悪でも、やるだけはやる。
おれ、いちおう、誰彼構わず、何に対してもそういうつもり。

|

« Flowing time. | トップページ | Woman of cellular phone. Man who buys ticket. »

僕の本」カテゴリの記事