« You opened the magazine. | トップページ | Two shadows. »

2009.03.27

The train has not begun to move yet.

Subtitle.
The train has not begun to move yet.
You recalled her word in the evening.
While politely chasing each one in the window.

'You do not need me.'
'Why do you understand?'

After it had become silent for a while, she said.
'The answer talks about everything.'

You were not able to find her to the train.

Milan Italy 2005 shot......... 5/5

image.
Sweetback feat Amel Larrieux - Gaze
http://www.youtube.com/watch?v=q0xABiDVAtQ&feature=related

Original full size. Color. Monochrome.
It is URL recorded in my book.
You are obtained in the place.


Photograph of today.
It is a photograph not up-loaded.

I am hardly writing in return now.
I'm sorry.
I do not have malice.
When I am good at time, I am writing in return.
_________________________________
My Novel Unforgettable' 4/456
Mitsushiro Nakagawa

All Translated by Yumi Ikeda .

1 http://www.fotolog.com/stealaway/63010795
2 http://www.fotolog.com/stealaway/63010850

_________________________________
Schedule of exhibition.

Tokyo Big sight.

2009.
May 16. Saturday.
May 17. Sunday.

Theme.
The time takes you away.

Published book.
Novel included in it.
It is a schedule of the exhibition of the continuation.

Let's meet if there is time.
:)

www.designfesta.com
http://www.designfesta.com/index_en.html

Tokyo Big sight.
http://www.bigsight.jp/english/index.html
_________________________________
Information on my book

I published a book.
Title is 'unforgettable'.
Author name is Mitsushiro Nakagawa.

The book displays photographs and design around my novel.

My book has an ISBN code, and you can buy it at any bookstore nearby.
Also it is available at the following site.
_________________________________
Title of my book unforgettable'

Author Mitsushiro Nakagawa

Out Now. ISBN978-4-86264-866-2

You can buy it in Amazon.

English site.
http://www.amazon.co.jp/In-English/b/ref=topnav_switchLang_gw?ie=UTF8&node=1094656

Please input, and retrieve my name.

mitsushiro

You can buy my book.

Japanese'Guide site.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2009/01/about-my-book.html
_________________________________
about my book .
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2009/01/about-my-book.html
_________________________________
I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________
Attention:Dear Fotologgers.
http://www.fotolog.com/stealaway/45602992
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
その電車は、まだ動き出していなかった。
君は、窓のひとつひとつを丁寧に追いながら、夕べの彼女の言葉を思い出していた。
「あなたは私を必要としていないわ」
「どうしてわかるんだ?」
 彼女は、しばらく沈黙してから、言った。
「その返事が、すべてを語っている」
その電車の中に、君は、彼女を見つける事ができなかった。


Milan Italy 2005 shot......... 5/5


image.
Sweetback feat Amel Larrieux - Gaze
http://www.youtube.com/watch?v=q0xABiDVAtQ&feature=related

オリジナルのフルサイズ。カラー。モノクローム。
それは僕の本に記したURL。
あなたは、その場所で手に入ります。


今日の写真。
それは、アップロードしていなかった写真です。


僕は現在、ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は、悪意を持っていません。
僕は時間が出来たら、お返事を書いています。
_________________________________
僕の小説。英語版  Unforgettable' 4/456
Mitsushiro Nakagawa

All Translated by Yumi Ikeda .

1 http://www.fotolog.com/stealaway/63010795
2 http://www.fotolog.com/stealaway/63010850

----------------------
展示の日程。

東京ビッグサイト。

2009年。
5月16日。土曜日。
5月17日。日曜日。

テーマ。
The time takes you away.

出版した本。
それに含まれる小説。
その続きの展示の予定です。

もしも、お時間があればお会いしましょう。
:)

デザインフェスタ
http://www.designfesta.com/index_en.html

東京ビッグサイト
http://www.bigsight.jp/english/index.html
----------------------
僕は現在、ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は、悪意を持っていません。
僕は時間が出来たら、お返事を書いています。
----------------------


僕の本のインタビューで、僕は、写真家は嫌いだと書きました。
どうして嫌いなのかというと、その人らしさが写真の質感に強烈に反映されているからなんです。
それが、「らしさ」であり、「個性」であり、「特徴」であり、「主張」らしいんですけど、
どうも僕にはそれがもどろっこしく鬱陶しい。
こういった「特徴」はほんとうは、歓迎すべきだろうし、肯定的に間がけなきゃいけないんです。
が、
僕には、強烈な個性がわずらわしい。
昔、お会いした建築家の方がこう話されていました。
「君の写真は、恣意性がない」
これは、他の方にもかなり言われました。
ずいぶん前に、エドはるみさんのマフラーの話を書きました。
彼女いわく、「こういったものは、自己主張してはいけない」
マフラーを彼女が作ったんですけど、それを彼にあげた場合、っていう設定。
作り手自身の主張。そのバランス感覚。
僕のインタビューでは距離感って書きました。

簡潔に言うと、わざとらしくない、っていう感じ。
さりげない一瞬。

僕はそれを素敵だと考えてきました。

それを達成するには、写真の質感に僕らしさは見えてはならず、その向こうに僕らしさがあって欲しい、そう思ってやってきました。
つまり、時間帯、場所、被写体の意味、構図、こういったものの条件は、一定なものは、いっさいないのだから、それぞれに合わせた表現が要求される。
すべての写真に、一貫した自分らしさがあってはならない、僕はそう思ってやってきました。
たぶん、これって《写真家》の考えに逆行する。
でも、僕のスタンスっていうのは、そういうところに《らしさ》があります。

しかも、《一貫した自分らしさ》っていうのは、けっこう面倒なもので、見る側からすると《安定=退屈》になりかねないんです。

ですので、様々な表現手段を、僕はいままで使ってきたつもりです。
理由は、《一貫していると僕が飽きるのだから、あなたもきっと退屈になるだろう》そう思ってやってきました。

じゃ、いままでに自分が撮った物で、これはいいなーって感じたのは、どれかっていうと、
最近アップした《切符売り場の女の子》っていうのです。
http://www.fotolog.com/stealaway/63737038
かしこまってなくて、なんとなくルーズ。そのルーズさは、ブレているところ…
でも、きれいな構図で、帽子をかぶった女の子の後ろ姿のイメージ。

こういうのが、僕は好きです。
手ぶれなしで、露出Iso、びんびんにキメマシタ、っていうのは、ちょっと嫌い。

そんな感じです。
:)

|

« You opened the magazine. | トップページ | Two shadows. »

構図」カテゴリの記事