« Family. | トップページ | He and she, distance. »

2009.02.11

None of places that are. Thing there.

Title.
None of places that are. Thing there.

Manhattan New york city 2007 shot......... 1/1


Original full size. Monochrome. Color.

It is URL recorded in my book.
You are obtained in the place.


The photograph of today is a photograph not up-loaded.


Photograph of color on site of book.
I am making the photograph of the monochrome at the same time.
The photograph of the monochrome is not a photograph where the color
was converted.
I try to make it again for the monochrome.

I am hardly writing in return now.
I'm sorry.
I do not have malice.
When I am good at time, I am writing in return.


_________________________________
_________________________________
Schedule of exhibition.

Tokyo Big sight.

2009.
May 16. Saturday.
May 17. Sunday.

Theme.
The time takes you away.

Published book.
Novel included in it.
It is a schedule of the exhibition of the continuation.

Let's meet if there is time.
:)

www.designfesta.com
http://www.designfesta.com/index_en.html

Tokyo Big sight.
http://www.bigsight.jp/english/index.html
_________________________________
Information on my book


I published a book.
Title is 'unforgettable'.
Author name is Mitsushiro Nakagawa.

The book displays photographs and design around my novel.

My book has an ISBN code, and you can buy it at any bookstore nearby.
Also it is available at the following site.
_________________________________
Title of my book unforgettable'

Author Mitsushiro Nakagawa

Out Now. ISBN978-4-86264-866-2

You can buy it in Amazon.

English site.
http://www.amazon.co.jp/In-English/b/ref=topnav_switchLang_gw?ie=UTF8&node=1094656

Please input, and retrieve my name.

mitsushiro

You can buy my book.

Japanese'Guide site.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2009/01/about-my-book.html
_________________________________
about my book .
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2009/01/about-my-book.html
_________________________________
I went to New York 2007.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________
Attention:Dear Fotologgers.
http://www.fotolog.com/stealaway/45602992
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________


タイトル。
誰もいない場所にあったもの。

Manhattan New york city 2007 shot......... 1/1


オリジナルのフルサイズ。モノクローム。カラー。

それは僕の本に記したURL。
あなたは、その場所で手に入ります。


今日の写真は、アップロードしていなかった写真です。


本のサイトにあるカラーの写真。
僕はモノクロームの写真も同時に作成しています。
そのモノクロームの写真は、カラーを変換した写真ではありません。
僕はモノクロームのために再度作り直しています。

僕は現在、ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は、悪意を持っていません。
僕は時間が出来たら、お返事を書いています。
----------------------
展示の日程。

東京ビッグサイト。

2009年。
5月16日。土曜日。
5月17日。日曜日。

テーマ。
The time takes you away.

出版した本。
それに含まれる小説。
その続きの展示の予定です。

もしも、お時間があればお会いしましょう。
:)

デザインフェスタ
http://www.designfesta.com/index_en.html

東京ビッグサイト
http://www.bigsight.jp/english/index.html
----------------------
僕は現在、ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は、悪意を持っていません。
僕は時間が出来たら、お返事を書いています。
----------------------

本のサイトにあるカラーの写真。
僕はモノクロームの写真も同時に作成しています。
そのモノクロームの写真は、カラーを変換した写真ではありません。
僕はモノクロームのために再度作り直しています。

きょうは、テレビでひさびさに笑いました。
:)

お笑いの女性芸人さんが、イケメンに手編みのマフラーなんかをプレゼントするっていう企画だったんですけど、すっごいおかしかったです。
久々におなかから笑いました。
:)
このメンバー、可笑しいですね。
:)

個人的には、エドはるみさんのマフラーが良かったです。言った事にも、おとなだなーって思いました。「こういうものは、自己主張しちゃいけない」だって。
酸いも甘いも知ってるコメントでした。
:)

伊藤さおりさんて言う方、かわいいなって感じました。
:)

みんなそれぞれが手編みを作っているプライベートな映像が流されていたんですけど、女の子がこういうのに夢中になってる姿とかって普段、やっぱり見られないなって感じました。
でも、一貫していたのは、みんな真剣で、すっごいそれぞれが素敵でした。
普段はお笑いなだけに、ちょっと感動しました。


男って、こういうのに弱いような気がします。
編み物だけでなく、《その》ために、時間を割いてくれたんだっていうところに、やっぱり男女問わず、感動するんでしょうね。

と、いう話の時期に、チョコレートですね。
:)

え? 作らないんですか?
そう。ぶっちゃけ面倒。やっぱり。市販もんでクリア。
:)
結構、チョコって時間もかかるし、やった割には、報われないし。
とか思っちゃわないで、好きな人のためには、いちどくらいチャレンジする価値はあるかもしれません。
やっぱり男って手作りだと、くらっとすると思うけどな…
僕だけの考えですけど。
:)


本の写真について書きます。
三ページ目にある、8時45分52秒っていう写真は、時差ぼけにも関わらず、とりあえず遊びに行こう、となってホテルについてすぐ、出かけました。
で、どこに向かったかというとすぐに行けそうで楽しそうなのは、やっぱり駅、となって行きました。
これはグランドセントラルステーション、実際の英語は、ターミナルになってました。
一番地下に、路線がずらーっと並んでいて分かりやすいです。
で、感動したのは、写真のとおり、日本とは違って、いろんなものが剥き出しなんです。
天井の配線とか… こういうところに、いつも海外ってかっこいいって感じます。
ブレードランナーの世界みたいですよね。

日本だと、こういうのはすぐ目隠しってことになるかと思いますが、この場所、とくにアメリカなんかは、たぶん、「そんなのいんないんじゃん? あとで配線になんかあったら面倒だし」たぶん、そんなノリ。手間も費用も極力カット。だから2百年程度でこんなになったかもしれませんね。

アメリカに限らず、ヨーロッパもそうなんですけど、こういう《ざっくり感》好きです。
洋服なんかにもそういうのが色濃く反映しているって思っています。
:)

|

« Family. | トップページ | He and she, distance. »

僕の本」カテゴリの記事