« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.03

What do you see?

Dsc09804orizinaruniftyca

Title.
What do you see?

I had written before.
However, you might not believe my word.
I am attacked by the mistake that I am not there momentarily at the time
of take the photograph.

My breath feels it like the others' breaths.
Another consideration that arises from senses melts to the place.
Such a mistake.

I am always taking it in such a sense.
It feels solitude like not becoming the word at the same time though it
is a blissout.

Does anyone understand me?
Does anyone understand me?
Am I requesting understanding?
Does understanding request me?

The more it searches, the more the answer has gone away.

Therefore, I stopped thinking.
At that time, I was 18 years old.


My novel.
unforgettable'.
The hero is a boy of 18 years.
He draws the picture.
However, women whom he draws are all woman with the profile.
Mother will be lost in the near future at his three years old it.
I cruelly drew the scene.

Woman who supports her hero.
She is 24 years old.
The woman who has secretary's qualification is digesting her companion
of a big event.
She gets acquainted with SNS (social network service) ..him...

Woman of the second person who supports her hero.
She is 18 years old.
I drew her as a girl with a strong sense of justice.
Maybe, she is the most correct in characters.
However, the correctness works in irrationality.
She exceeds conflict and a line.

Another man.
He is 32 years old.
Producer of FM radio.
He meets the woman of 24 years.
However, the report is interrupted for several months.
He conveys feelings to her through radio programs.
『I have the wife. And, she is loved. The child also just inadvertently received the birthday of three the other day years old. Of course, I love. I did not meet you, and did not report for several months. I noticed. I did not love you. However, you nearby noticed yourself who wanted you to be. 』


Today's text is being written for the translation site.
When the release date of the book approaches, I write the outline
accurately.


Woman in Japan.
Woman in the world.
After that, an unknown artist.
My book was dedicated to them.
I did credit to the book so.

My novel has not been completed yet.
I do not permit the nature to the last line of the time limit.


MILAN SHOT 2005. .......1/1
my wifeS shot.

It is a photograph that had not been up-loaded yet.


image song.
Swing Out Sister -- Who's Been Sleeping
http://jp.youtube.com/watch?v=ewpJ3zOJWV4


Do you know Amazon?
My book.
'unforgettable'
The release date was decided.
The middle of December, 2008.
You can buy it with Amazon.
It is possible to buy it earlier than it in Japan.
The first ten days of December.
Two bookstores.
My book is put.
Details are reported later.
Thank you.
:)

Schedule of exhibition in 2009.

Spring.
Tokyo Big sight.
Theme.
'The time takes you away.'
/Toshiki kadomatsu.

Autumn. Tokyo Big sight.
Theme.
'Left alone.'/ Mal Waldron.

Tokyo Big sight
http://www.bigsight.jp/english/index.html

Postscript.
To Mr./Ms. Ikeda, translator.
Please give time to me a little more.
I'm sorry.

Postscript.
I am hardly writing in return now.
I'm sorry.
I do not have malice.

_________________________________
Photograph in up-loaded New York recently.
They are photographs that had not been up-loaded yet.
_________________________________
I went to New York last year.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________
for publication.
http://web.mac.com/stealaway/

PDF file - inclueded -
1:about my book'unforgettable' 2:Next country & Exhibition 3:and more.
My publication was late. sorry.
_________________________________
Attention:Dear Fotologgers.
http://www.fotolog.com/stealaway/45602992
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

タイトル。
What do you see?

僕は以前にも書きました。
しかし、あなたは僕の言葉を信じないかもしれません。
僕は、写真を撮っている瞬間、自分がそこにいないような錯覚に襲われます。
自分の呼吸が他人の呼吸のように感じる。
五感から生まれているもうひとつの意識が、その場所に溶けていく。
そんな錯覚。
僕は、いつもそんな感覚の中で撮っています。
それは、恍惚ではあるけれども同時に言葉にならないくらいの孤独も感じます。

僕は誰かに理解されるだろうか?
誰かは、僕を理解してくれるだろうか?
僕は理解を求めているのだろうか?
理解は、僕を求めてくれるだろうか?
答えは、探れば探るほど、遠ざかっていきました。
だから、僕は考えることをやめました。
その時、僕は18才でした。

僕の小説。
unforgettable'.
主人公は18才の少年。
彼は絵を描きます。
しかし、彼の描く女性は、すべて横顔の女性です。
彼は、3才の頃に、目前で母を亡くしています。
僕はその場面を残酷に描きました。

主人公を支える女性。
彼女は、24才。
秘書の資格を持つ彼女は、大きなイベントのコンパニオンをこなしています。
彼女は、彼にSNS(ソーシャルネットワークサービス)で知り合います。

主人公を支える二人目の女性。
彼女は、18才。
僕は、彼女を正義感の強い女の子として描きました。
たぶん、登場人物の中で、彼女はもっとも正しい。
しかし、その正しさが不条理に働いていきます。
彼女は葛藤しますが、一線を越えてしまいます。

もう一人の男性。
彼は、32才。
FMラジオのプロデューサー。
彼は、24才の女性に出会います。
しかし、数ヶ月間、連絡が途絶えます。
彼は、彼女にラジオ番組を通して、気持ちを伝えます。
『僕には妻がいる。そして、彼女を愛している。子供もついこの間三歳の誕生日を迎えたばかりだ。もちろん、僕は愛している。数ヶ月間、僕は君に会わず、連絡もしなかった。僕は気づいた。僕は君を愛してはいない… でも、君がそばにいて欲しいと思っている自分にもきづいたんだ…』


今日のテキストは、翻訳サイト用に書いています。
本の発売日が近づいたら、僕はあらすじを正確に書きます。


日本の女性。
世界の女性。
それから、無名のアーティスト。
僕の本は、彼らに捧げました。
僕は本にそうクレジットしました。

僕の小説は、まだ完成していません。
僕は期限の最後の日まで気を許しません。


Milan shot 2005.......1/1

まだアップロードしていなかった写真です。


あなたはAmazonを知っていますか?
僕の本。
'unforgettable'
発売日が決定しました。
2008年12月中旬。
あなたはAmazonで買えます。
日本ではそれよりも早く買えます。
12月初旬。
二つの書店。
僕の本は置かれます。
詳細は、後日に報告します。
ありがとう。
:)

2009年の展示の日程。

春。
東京ビッグサイト。
テーマ。
'The time takes you away.'
/Toshiki kadomatsu.

秋。東京ビッグサイト。
テーマ。
'Left alone.'/ Mal Waldron.

東京ビッグサイト
http://www.bigsight.jp/english/index.html

追伸。
翻訳者の池田さんに。
僕にもう少し時間をください。
ごめんなさい。

追伸。
僕は、現在ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は悪意を持っていません。


image song.
Swing Out Sister -- Who's Been Sleeping
http://jp.youtube.com/watch?v=ewpJ3zOJWV4


_________________________________

僕は去年、ニューヨークへ行きました。
日本を出発した日。3月9日。午後。
日本へ戻った日。3月14日。午後。
僕は現在、日本にいます。

ニューヨークの写真は、以下からスタートしています。
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________

前にも書いたかもしれないけど、撮っているときって、ほんとにそんな感じ…
気取って書いてるわけじゃないですよ…
小説に夢中なときとおんなじ感覚…

好きな女の子とどんなに深い時間を過ごしても、充足感なんてまったくないし…
僕はいつも救いようのない焦燥感に襲われていました。
もっと他にやることってあるんじゃないのかなって…

小説の冒頭は、前に書いたとおり早朝から始まります。
それから、シャワーを浴びている彼女の胸に抱かれたまま、震えながら泣いている主人公のシーンから始まります。

登場人物の名前は、変わりません。
主人公が、北見ケイ。
24才の女性が上村香織。


僕は、昨日のコメントにお返事を書きます。
僕は悪意を持っていません。
あなたの週末が素敵になることを僕は望みます。


|

2008.10.02

Inner City Blues.

Dscn3908nifty

Entrance of station. Sinking town.
Newspaper headphone, cigarette, and this morning.
You have all necessary things.


Title.
Inner City Blues.

New york city 2007 shot.......1/1
(un,up-loaded.)

It is a photograph that had not been up-loaded yet.

XL size is here.


image song.
Marvin Gaye - Inner City Blues (1971)
http://jp.youtube.com/watch?v=vPH3xNkHFhE&NR=1

Do you know Amazon?
My book.
'unforgettable'
The release date was decided.
The middle of December, 2008.
You can buy it with Amazon.
It is possible to buy it earlier than it in Japan.
The first ten days of December.
Two bookstores.
My book is put.
Details are reported later.
Thank you.
:)

Schedule of exhibition in 2009.

Spring.
Tokyo Big sight.
Theme.
'The time takes you away.'
/Toshiki kadomatsu.

Autumn. Tokyo Big sight.
Theme.
'Left alone.'/ Mal Waldron.

Tokyo Big sight
http://www.bigsight.jp/english/index.html

Postscript.
To Mr./Ms. Ikeda, translator.
Please give time to me a little more.
I'm sorry.

Postscript.
I am hardly writing in return now.
I'm sorry.
I do not have malice.
_________________________________
Photograph in up-loaded New York recently.
They are photographs that had not been up-loaded yet.
_________________________________
I went to New York last year.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________
for publication.
http://web.mac.com/stealaway/

PDF file - inclueded -
1:about my book'unforgettable' 2:Next country & Exhibition 3:and more.
My publication was late. sorry.
_________________________________
Attention:Dear Fotologgers.
http://www.fotolog.com/stealaway/45602992
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

駅の入り口。沈んだ街。
ヘッドフォンとタバコと今朝の新聞。
君は、必要なものを全て持っている。


タイトル。
Inner City Blues.


New york city 2007 shot.......1/1
(un,up-loaded.)

まだアップロードしていなかった写真です。

あなたはAmazonを知っていますか?
僕の本。
'unforgettable'
発売日が決定しました。
2008年12月中旬。
あなたはAmazonで買えます。
日本ではそれよりも早く買えます。
12月初旬。
二つの書店。
僕の本は置かれます。
詳細は、後日に報告します。
ありがとう。
:)

2009年の展示の日程。

春。
東京ビッグサイト。
テーマ。
'The time takes you away.'
/Toshiki kadomatsu.

秋。東京ビッグサイト。
テーマ。
'Left alone.'/ Mal Waldron.

東京ビッグサイト
http://www.bigsight.jp/english/index.html

追伸。
翻訳者の池田さんに。
僕にもう少し時間をください。
ごめんなさい。

追伸。
僕は、現在ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は悪意を持っていません。


image song.
Marvin Gaye - Inner City Blues (1971)
http://jp.youtube.com/watch?v=vPH3xNkHFhE&NR=1


_________________________________

僕は去年、ニューヨークへ行きました。
日本を出発した日。3月9日。午後。
日本へ戻った日。3月14日。午後。
僕は現在、日本にいます。

ニューヨークの写真は、以下からスタートしています。
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________

マービンゲイの'Whats going on'は、名盤だし有名ですが、この曲って確かベトナム戦争について歌っているんですよね..
このアルバムは、執拗に聞いてきたし、レコードと昔のCDと数年前だったかにデジタルリマスターされたCDも持っているんですけど、flogでリンクしようとは思いませんでした。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、政治宗教については、これまでにほとんど触れてきていません。書きたいように書いているように思われがちなんですけど、最低限のマナーは守っています。
過去にもいくらか触れたこともあるんですけれども、それは、『作品』として転換させてきました。
怒りなんかみたいなのを書きなぐるのではなく、それなりに変換させるのがアートだと思っています。
感情のありのままを書いたり、伝えたりしたいのなら、ニュースキャスターやコメンテーターがいいんじゃないかなって気がしています。


きょうのアルバムと同じくらいに聞き込んだのがダニーハザウェイのライブです。
これ、心を振るわせます。
こういうのをソウルっていうんですけど....

楽器はやれない、詩は書けねー、シンコペーションってなんだっけ? っていうのがアーティストって呼ばれている時代ではございますが、これを読まれている方はぜひ、Youtubeなんかで機会があれば、’音楽’に触れてみてください。
ほんとに望んでます。


|

2008.10.01

began to run panicking in the back street.

Dscn3904nifty

You got off the train.
After that, it began to run panicking in the back street.
You opened celler phone again.
It was not in mail from the wife.
It was very short E-mail from her.

Title.
Sweetest Taboo.


New york city 2007 shot.......1/1
(un,up-loaded.)

It is a photograph that had not been up-loaded yet.


image song.
Sade - The Sweetest Taboo
http://jp.youtube.com/watch?v=A7OlA_Vjwz4&feature=related


Do you know Amazon?
My book.
'unforgettable'
The release date was decided.
The middle of December, 2008.
You can buy it with Amazon.
It is possible to buy it earlier than it in Japan.
The first ten days of December.
Two bookstores.
My book is put.
Details are reported later.
Thank you.
:)

Schedule of exhibition in 2009.

Spring.
Tokyo Big sight.
Theme.
'The time takes you away.'
/Toshiki kadomatsu.

Autumn. Tokyo Big sight.
Theme.
'Left alone.'/ Mal Waldron.

Tokyo Big sight
http://www.bigsight.jp/english/index.html

Postscript.
To Mr./Ms. Ikeda, translator.
Please give time to me a little more.
I'm sorry.

Postscript.
I am hardly writing in return now.
I'm sorry.
I do not have malice.
_________________________________
Photograph in up-loaded New York recently.
They are photographs that had not been up-loaded yet.
_________________________________
I went to New York last year.
Day when Japan was left. March 9. Afternoon.
Day where it returned to Japan. March 14. Afternoon.
I am in Japan now.

The photograph in New York starts as follows.
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________
for publication.
http://web.mac.com/stealaway/

PDF file - inclueded -
1:about my book'unforgettable' 2:Next country & Exhibition 3:and more.
My publication was late. sorry.
_________________________________
Attention:Dear Fotologgers.
http://www.fotolog.com/stealaway/45602992
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

君は電車を降りると、慌てて裏通りを走り出した。
君は再び携帯を開いた。
妻からのメールではなかった。
彼女からの、ごく短いメールだった。

タイトル。
Sweetest Taboo.

New york city 2007 shot.......1/1
(un,up-loaded.)

まだアップロードしていなかった写真です。

あなたはAmazonを知っていますか?
僕の本。
'unforgettable'
発売日が決定しました。
2008年12月中旬。
あなたはAmazonで買えます。
日本ではそれよりも早く買えます。
12月初旬。
二つの書店。
僕の本は置かれます。
詳細は、後日に報告します。
ありがとう。
:)

2009年の展示の日程。

春。
東京ビッグサイト。
テーマ。
'The time takes you away.'
/Toshiki kadomatsu.

秋。東京ビッグサイト。
テーマ。
'Left alone.'/ Mal Waldron.

東京ビッグサイト
http://www.bigsight.jp/english/index.html

追伸。
翻訳者の池田さんに。
僕にもう少し時間をください。
ごめんなさい。

追伸。
僕は、現在ほとんどお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は悪意を持っていません。


image song.
Sade - The Sweetest Taboo
http://jp.youtube.com/watch?v=A7OlA_Vjwz4&feature=related

_________________________________

僕は去年、ニューヨークへ行きました。
日本を出発した日。3月9日。午後。
日本へ戻った日。3月14日。午後。
僕は現在、日本にいます。

ニューヨークの写真は、以下からスタートしています。
http://www.fotolog.com/stealaway/22748231
_________________________________


きょうのSadeは、全く好きではありません、が、いちおう食わず嫌いはいけないと思い、CD一枚とレコード一枚を持っています。

こうして今、聞き直してもやっぱり退屈。
洒落っ気たっぷりな音なんですけど、なんかただの歌い手さんって感じで、当時から好きじゃなかったです。
いまの日本のチャートもそんな印象を持っています。ちょっと黒けりゃ、ふぁんきーさ、なんて乗りが好きじゃなくて....

宇多田ヒカルさんみたいに、日本のメロディーを大切にしながらそんなサウンドを練り合わせる。
それが日本の音楽だと思っています。
山下達郎さんなんて、その頂点なんじゃないかな....
過去の達郎さんのアルバムはすべて持っています。

いろんなライブをさんざん見てきましたが、おそらく、日本でナンバーワンのパフォーマンスを見せて、聞かせてくれるのは、山下達郎さんです。
高校生の頃、中野サンプラザで見たとき、震えました。
それ以降、角松さんを除いた日本のミュージシャンの、どのパフォーマンスを見ても、『あぁー退屈....』

そんなわけで、とにかくシャーデーは嫌いなのでした。


|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »