« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.30

"Airport"

Dscn4443flog

Subtitle.
"Airport"
You leave this place carrying little luggage.

..........6/7

New york city 07 shot.


Title of six photographs.
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

XL size is here.

_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
「空港。」
君は、少ない荷物を抱えて、この場所を去って行く。


もしも世界が100人の村だったら。
いま、テレビでそんな番組が放映されています。
エチオピアの乾いた大地に、ひたすら穴を深く掘って金を探し続ける毎日の9才の少年。
お父さんが家族を捨て、残された母と幼い三男、それから病弱な兄を彼は支えています。

インタビューアーが彼にこう聞きます。
「宝物はなに?」
「宝物?……、なにもないよ…ぼくには、なにもないんだ…」
でも、彼の夢は、家族と一緒に過ごすこと…

なんてことのない日常に、恵まれすぎていて、いろんなものを見失っている…
ぼくも、含めて、です。

ぼくは、彼を見ていて、自分の父を思い出しました。
ぼくの父も彼と同い年ぐらいから働きどうしでした。
(本につく、PDFファイルのインタビューに僕は父の話を書きます。池田さんとVuAさんには以前に渡しましたが、現在全てを書直しています)

誰も信じてくれないのですが、東京の大空襲から焼きだされた7人家族のうちのひとりが父でした。
流れて来た人間っていうのは、なにも持っていません。

エチオピアの少年と同い年だった父も、よく昔から僕に話してきました。
当然、昔の話なので、まだ道はアスファルトなんかじゃなく、泥道でした。
雨の降った翌日なんかに、父は荷車をひとりで引いていて、道ばたの草なんかを掴んでも、どうしても坂道が上れなくて、すごい悔しかったって話をぼくにずっとしてきました。

そんな年から働いていたから、小学校にも一度も通ったことがないんです。

ぼくはその話を本の一部として少しだけど、ぜったいに書き残そうと思っています。


エチオピアの番組で、紹介されていた募金の電話番号です。
これに電話すると、315円の寄付になります。
xxxxxxxxx
(24時間以内に電話番号は削除します)


|

2007.06.29

"Edge of pavement"

Dscn4005flog

Subtitle.
"Edge of pavement"
You spend time in such a place every day.

..........5/7

New york city 07 shot.


Title of six photographs.
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

XL size is here.

_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
「歩道の端。」
君は、毎日、そんな場所で時間を過ごしている。

|

2007.06.28

"Underpass"

Dscn2969flog

Subtitle.
"Underpass"
Dazzling light. It throws a shadow out to your chest.

..........4/7

New york city 07 shot.


Title of six photographs.
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

XL size is here.


_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
「地下道。」
眩い光が、君の胸に影を落とす。

|

2007.06.26

"Light of back street"

Dscn4045flog

Subtitle.
"Light of back street"
Quiet light that had fallen. Babel in the town is inhaled into it.


..........3/7

New york city 07 shot.


Title of six photographs.
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

XL size is here.


_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
「裏通りの灯り。」
落ちている静かな光に、街の喧噪は吸い込まれて行く。

|

2007.06.25

" into the light "

Dscn4059monoflog

Subtitle.
" into the light "
..........2/7

New york city 07 shot.

In front of this photograph.
http://www0.fotolog.com/stealaway/25792389
........1/7

Title of six photographs.
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

XL size is here.

_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
「into the light」
.........2/7

New york city 07 shot.

この写真の前。
http://www0.fotolog.com/stealaway/25792389
.......1/7


六枚の写真のタイトル。
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

|

2007.06.24

'Sunday afternoon'

Dscn2227monoflog

title.
'Sunday afternoon'
.........New york city 07 shot.....1/1


image song.
Kirk Whalum & Friends - Always There
http://www.youtube.com/watch?v=ACR8SPIB1WI

XL size is here.

_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________


いつもロックばかりだったので、ぼくが疲れちゃいました。
:)
昨日の松田優作さんのお話、途中までだとその後がどうなるか、気になっちゃいますよね?
書いておきます。
:)

撃てなくなってしまった部下らを尻目に、ゆっくり松田優作は立ち上がって、ボスの背後に回ると、ナイフ(だったかな?)をボスの首に添えて、逃走。
っていう感じだったと思います。
:)

|

2007.06.23

John ? John McClane?

Dscn3411orizinaruflog

title.

John ? John McClane?
Where are you?


Did you seeeee ??
:)
Live free,
or diehard .

What a cool !!
:)


New york city 07 shot.....1/1
XL size is here.


image song.
Born To Be Wild - Steppenwolf (HQ Audio)
http://www.youtube.com/watch?v=i8kZog12obo
_________________________________
I opened a new site for publication.
http://web.mac.com/stealaway/
User's name. fotolog
Password. stealaway

info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

If you replace the figure, you can collect photographs of my mastering.
It is a photograph after it arranges it. This limits the period.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss
001-023

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

先週のゾディアックも楽しめたけど、
ダイハード4.0、
想像以上におもしろかったです。

デヴィッドフィンチャー。
ゾディアックは、パニックルームがしらけたので、期待していなかったのですが、やられました。
約2時間30分。あっというまでした。
それにならって今日の先行だった、ダイハード。
二時間あっというまです。

やっぱり話がしっかりしていました。
じょーくもかなりクールです。
:)

アンダーワールドの映像はクールで好きだったんですけど、それ以前に、脚本がぼろぼろでした。
パート2はいまだに見ていません。
今回のダイハードの映像、かなりクールです。
:)

ラストシーンにクエッションが浮かぶ方もいらっしゃるかと思います。
詳細は書きません。
が、あれは、正しいんです。

昔、松田優作主演の《蘇る金狼》で、似たのがありました。
(ぼくが小学生の頃に映画館でやっていて見に連れて行ってもらって、小説も読みました。ひねた小学生でした
:))
松田優作がたしかこんなことを言います。
テーブルを挟んで、ボスと向き合って松田優作が座っています。その背には、ライフルを構えた数人の子分が並んでいて、優作の背を狙っている、そんな状況です。
そして、彼がこういいます。
「あんたのとこの若いのは、ガタイはいいが、銃に関してはまるで無知だねぇ。
いいか? 銃弾は俺の体を貫通して、あんたで被弾する。俺には助かる見込みがあるがね。....弾っていうのは、抵抗の少ないところをとおって行く性質を持っている。撃ってみろ。俺の体をちょっと動かすだけで、あんたに当たるんだ」

ということだそうです。
記憶は曖昧です。
ごめんなさい。

ダイハードに関しては、ずっとこう思っていました。
’どんなに駄作でも、あの男に会いたい!’
やっぱり見たいんです。
:)

|

2007.06.22

smile & smile to go !

Dscn4463monoflog

Title.
smile & smile to go !
:)

Airport in place to which it slipped out Manhattan. Shot......1/1

image song.
The Cardigans - Carnival
http://www.youtube.com/watch?v=rxwOUQ3bbjo

XL size is here.

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

タイトル。
smile & smile to go !
:)

マンハッタンを抜け出た場所にある空港Shot......1/1

image song.
The Cardigans - Carnival
http://www.youtube.com/watch?v=rxwOUQ3bbjo

|

2007.06.21

Vision -'s'

Dsc00576orizinarudragme

Title.

Vision -'s'


Title of 6 thing.

Drag me down , again....

image song.
Radiohead - Planet Telex (Live at Coachella 2004)
http://www.youtube.com/watch?v=j0e-r_E8JG0

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

タイトル。

Vision -'s'

Title of 6 thing.

Drag me down , again....

|

2007.06.20

my novel.

Dsc00576orizinaru2

Dsc00576syousetu4

Title.
4.

Left pattern. It is four of Kanji.
:)

Character of length.
It is my novel.
I wrote in old times.

You must obtain this large photograph.
It is the following.


Your personal computer.
I thought that there was no Japanese in that.


Title.
Novel.

image song.
Radiohead - Let Down
http://www.youtube.com/watch?v=S984ZRdLLmE


I up-loaded the novel that had been written in today's old times.
Manuscript paper of Japan.
It is as many as opening to several pieces.

Is there a Japanese by you?
Please read by all means.
:)

A complete version is up-loaded with the novel on the book put on the market
this time.
:)

Postscript.
I am writing a novel while always listening to the album of radiohead.

kid A = COOL

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

タイトル。
4.

左側の図柄。それは、Kanjiの4です。
:)

縦の文字。
それが僕の小説です。
僕が昔、書きました。

あなたはこの大きい写真を手に入れてください。
それは、以下です。


あなたのパソコン。
僕は、その中に日本語はないと考えました。

タイトル。
小説。

僕は今日、昔に書いた小説をアップロードしました。
日本の原稿用紙。
冒頭から数枚分です。

あなたのそばに日本人はいますか?
是非、読んでもらってください。
:)

完全版は、今度発売する本の小説と一緒にアップロードします。
:)

追伸。
僕はいつもradioheadのアルバムを聴きながら小説を書いています。
kid A = COOL


アップルのサイト、見てる方も多いかと思います。
アクセスしたそのページがいきなりCMで、鬱陶しいです。
ひどく、鬱陶しいです。

それから、あのウィンドウズをこきおろすCM。
最初の数本はおもしろかったけど、いまとなっては悪趣味です。
ぜひ、中止してください。

アップルのこれまでの洗練された威厳が失われています。
ウィンドウズにいまさら目くじら立てなくてもいいんじゃないかな?
..... ここに書いても意味ないや.....
:)

小説、読んでやってください。途中まで、ですけど..
:)
以下です。
:)


 信治は酸欠になることによって、母の記憶の断片に触れることができた。それには、湿気の薄れた、夏の夕暮れに紛れて聞こえる祭囃子も一緒でなければならなかった。
 校庭のトラックを三周ほど全力で走り抜けたところで下校のベルが鳴り響いても信治は止まらず、もう一回りしてからやっと息切れを感じ、そのまま芝生の上に倒れ込んだ。
 夕闇の迫った空が信治には霞んで見えた。朽ち果てた木造の校舎に遮られ、夕陽そのものは見えなかったが、冷たい、闇の迫った空の端へ息を吹き返すようにして鮮烈な赤を放ちながら、校庭を囲う白樺の白さと交錯し、辺りの空気を黄色く濁らせていた。
 息を整えながら校舎の合間へ反響している下校のざわめきに太鼓や笛の音が混じっていることに信治は気づくと、目を閉じて尖った芝生に顔を埋めた。夜露に濡れた芝生が火照った体をゆっくり冷ましてゆき、枯れ草のような夏の残り香を思い切り吸い込んで、記憶に降り積もった埃を払った。
 信治の母の記憶は、戸惑いの混じった笑みで途切れている。
「買い物に行って来るからね、ちゃんとお留守番しているのよ」
 母は信治の目線まで膝を折ってそう言うと、いつものように両の手で信治の頬を包み込んだ。信治には母に顔を寄せられる度にきゅっと息を潜める癖があった。自分の吐く息が、端正に施された母の化粧を汚すように思えてならなかった。同時に、そこから薄く漂ってくる艶めかしい女の匂いを信治はほとんど無意識に吸い込んでいたのだった。
 まだあどけない信治が、こっくり頷き返すのを確認し、母は唇を噛んで扉を閉めた。それきり、母は二度と戻らなかった。
 そのときの、扉の向こう側に見えていた、沈みかけた薄暮の色と遠くで鳴っていた祭囃子の音色が折り重なり、侘びしい残像となって、信治の記憶の隅にぽつんと残されていた。
 それに触れることは、中学生になった信治にはもう辛いことではなくなっていた。寧ろそうすることで自分を産んでくれた母を慕えるようになっていた。母親のいる他のどの生徒よりも強く母を感じることができたのだ。
 絶え間なく耳を掠めてゆく祭囃子の音色がしだいに大きくなって信治へ迫り、記憶の隙間を埋めていった。
 まだ激しく鼓動が波打っていたが、信治は虚ろな残像に浸っていた。
 が、ちらっと信治の顔を斜めに水しぶきが散って、それは途切れた。信治はゆっくり体をねじって薄く目を開いた。
 校庭のトラックとテニスコートの区切りに数本の白樺の木がそのまま残されており、それに並んだ水飲み場で、数人の女子が叫声をあげながら、互いに向かって無邪気に水をかけ合っていた。蛇口から流れ落ちる水の束を、テニスラケットを振り回して切っている者もいれば、そのまま手ですくいあげ浴びせている者もいた。逃げまどっている生徒に混じって信治の副担任である高宮圭子が生徒の背後へ身を隠しながらはしゃいでいた。
 圭子は、頼りなげな萎びたスーツを一年中纏っている佐藤の副担任として、信治がこちらへ転校してきたのと同時に、偶然にも同じクラスへ配属されたのだった。南から転々としてきた信治とは逆さに、圭子は北からこの東北にある学校へ配属されたのだった。佐藤に紹介されている間、信治は隣に立っている圭子をちらっとだけ見た記憶がある。佐藤の説明はたどたどしかったが、信治は納得していた。圭子は北海道で育ったらしく、信治と同じように事情の説明はなかったけれども、とにかくこの町へ住み続けることになったらしかった。信治が見つめたのは、圭子の透き通るような肌と同じくらいに引き込まれそうな澄んだ瞳であった。が、信治もそれ以上は何んの興味も抱こうとはしなかった。教室中の男子生徒が、洗練された圭子に惹かれ、見入っていたからであった。圭子は同じクラスに慣れようとしなかった信治に、気を使ってかときどき声を掛けてくれたが、信治はそれに答えることなく、よけい無愛想に目を逸らすばかりだった。
 圭子は夢中になって水しぶきを避けていた。けれども、ときどきTシャツを着た圭子の胸の辺りへ降り注ぎ、うっすらと湿らせていた。周囲の生徒よりも確かにふっくらとしているその胸に、信治も興味がないわけではなかった。跳ね回る圭子の胸はそれほど豊かではなかったが、滑らかに揺れ、その度に濡れそぼった下着をくっきり浮き立たせていた。執拗に圭子を狙って降り注ぐ飛沫は胸だけでなく太股にも吸いついていた。白い肌に張りついた飛沫は、それ自体が生き物のように、ときどき方向を変え、少しずつ肌に吸い込まれながら小さくなり足首の辺りで消えていった。
 部室へ戻り出した同じ陸上部の生徒たちに気づかれぬよう、信治がそっと上目使いに盗み見ていると、
「信治君もやっぱり同じなんだね、ほかの男子と」
 腕に二本の青い線が入った体操着の裾をきちっと短パンへ入れた絵美がテニスラケットのグリップで信治の腹をつついた。それから信治の隣へ頬杖をついて寝そべった。
「そんなにきれい? 高宮先生って」
 信治は答えなかった。喉が乾いていて、滑らかに言葉を発することができそうになかった。うっかりまごついて答えたりして、曖昧な解釈でもされたら明日にはクラス中に広まっているだろう。無用な噂に関わるのでさえ、信治には面倒であった。それでなくとも絵美の言葉にははっきりと嫉妬のニュアンスが含まれていた。
 汗ばんだ足に張りついた芝を叩きながら信治は絵美を無視して立ち上がった。顔を持ち上げると、足のもつれた圭子がいきなり信治の腹のあたりへ肘鉄を食らわせた。圭子が反射的に縋りつき、二人は絡み合ったまま芝生の上へ倒れ込んだ。信治は息が詰まっていた。浅く息を吸い込み、整えた。慌てて圭子が向き直り謝った。
「ごめんなさい」
 一瞬、圭子の揺れた髪が信治の鼻先を掠めた。圭子の顔は、ちょうど信治の目の前、数センチのところにあった。白い化粧がほとんど浮き立っていて、どこか疲れているように見える。細かく気を配るような、澄んだ黒い瞳がすっと信治の胸に溶け込み、いつのまにか、母と同じようにして息を潜め、その匂いを嗅いでいた。
 それは、吹き消そうとしても決して消えようとはしない蝋燭の炎のような艶めかしい匂いであった。闇の中でただ尾を引いてぼんやりと揺らめくような、年を経た女だけが放っている疲れが滲んだ匂い。記憶の奥に閉じこめて、信治には決して触れることのできなかった匂いが、濡れた圭子の体のそこかしこからほとばしり蒸気していたのだった。
 信治はその匂いを記憶の奥まで吸い込み、蒸せかえっていたのである。
 圭子は体をひねった瞬間、胸が触れたことに気づいて、半分顔を赤らめながら申し訳なさそうに聞いた。
「痛くなかった?」
 信治は放心していた。それは一瞬ではあったが、絵美には分かっていた。呆然としている女子らをよそに絵美があっさり、
「痛いわけないよね、嬉しいんだよね、信治君は」
 信治は表情を変えず目に力を入れ、絵美を睨んだ。それからテニス部の女子も。最後に圭子へ吐き捨てるように言って立ち上がった。
「気をつけろ、ガキ」
「佐々木、それが先生に対する口の聞き方か? おい」
 ふいに信治の足が軽くなった。だらりと浮かんでいた。顧問の片岡が自分の目線まで信治の襟首を掴みあげ、睨んでいた。
「あ、あの、片岡先生、いいんです。私の方が悪いんですから…」
 片岡を見上げ、懇願するように圭子が言っても、信治へぐっと目を向けたまま片岡は聞き入れなかった。
「先生、そういう問題じゃありませんよ」
 両手をだらりと下げたまま、信治も片岡から視線を逸らさずにつけ足した。
「私の方が悪いって、認めてるんだから離せよ、実際そのとおり…」
 片岡の目がぎっと光った瞬間、信治の体は吹き飛んでいた。鈍い痛みが信治の体の中で跳ねた。地面へ叩きつけられ顎の先が擦り切れるのを感じたが、それでも片岡が放ったのは平手だったので、信治はすぐに起きあがった。
 辺りを、冷めた風がすっと吹き抜けた。激しく流れ落ちる水の音を後にしながら、毅然としている片岡を静かに見やって信治は部室へ向かいだした。周囲の沈黙を気にせず、絵美が一歩前に出て、おどけて叫んだ。
「カッコつけても無駄なんだからね」
 歩きながら、信治は背後の視線とは別のものを感じて、すっかり影の濃くなった校舎へ目を凝らした。ちょうど校長室の前にあった植樹の隙間にそれはあった。けれども、信治は足をとめなかった。うっかり足をとめれば、片岡らは勘違いするに違いなかった。口の中も擦り切れていたので、唾を吐き出したかったが、それも安っぽい映画のように思えて信治は飲み込んだ。片岡にはそう悟られたくはなかった。校長の息子でもある片岡は、この町の大半の土地を占める権力者でもあった。事実、この学校の土地も校長の名義のまま残されており、その処理に携わろうとする町役場の人間を躊躇わせるほどであった。もともとはこの場所も白樺の木々で埋め尽くされた林であったが、これを切り開き中学校を設立したので未だ周囲には年輪を重ねた白樺によって覆われていた。いずれかは、町へ寄付されるのだろうが、その際にしても片岡自身の名前が刻まれるのである。
 それだけに片岡は、閑散としたこの田舎では顔も利き、人望も厚く、絵美のような快活な生徒たちにも慕われていた。それが一層彼の正義感を強め、このような憤然とした態度をとることができたのだ。少なくとも信治にはそう思えてならなかった。もちろん、このように考える信治とは違い絵美らは、いわゆる正義感が強く、愉快で勇ましい先生と解釈していたのである。
 絵美の正義感も信治にとってはこれに近いものであった。信治が転校してきた当初、ルーム長である絵美は、なんとかクラスに溶け込ませようと、休み時間の度に信治の隣へ椅子を引き、話しかけてきた。
 ねぇ、どんな街から引っ越してきたの? お父さんは何の仕事をしているの? 兄弟はいるの? いま、どこに住んでいるの?
 転校を繰り返してきた信治にはどの質問にも答える気になれず、圭子にしたように、決まって窓の外へ視線を投げたままだった。信治が頑なに拒絶すればするほど絵美はむきになって話しかけた。それはいつのまにか苛正しい焦りのようなものから恋愛にも似た感情へと、絵美の気づかないうちにすり替わっていた。もし誰かにそう指摘されても絵美は決して認めようとはしなかっただろう。
 しかし、それも束の間だった。絵美が信治に惹かれているのだと自ら気づいたのはそれからすぐのことである。
 放課後、煮え切らずにいた絵美は信治の後を意味もなく尾けていたのであった。部室へ向かおうとしていた信治は体育館の裏手まで来ると、ふと足を止めた。鈍い音が聞こえ、地面が微かに響いた。新宿から北へ向かって学校を渡ってきた信治にはそれがなんであるかをすぐに了解したが、部室へ向かうためには体育館の裏側を抜けてゆくのが最も近道だったので、信治は引き返そうとはせず、そのまま向かっていった。面倒なことに巻き込まれるのは信治も嫌ではあったが、歩こうとした道をわざわざ迂回してまで歩くことの方がもっと面倒であり、不快であった。
「……信治君…」
 蹲って呻いていたのは行成だった。目の縁が青黒く腫れ、唇の端が切れていた。行成が立ち上がろうとすると、行成の正面を遮っていた赤井が即座に顎を蹴り上げ、体育館の壁まで突き飛ばした。吹き飛んだ行成の腹を更に数人が殴りつけ、踵で踏みにじった。人間を殴る乾いた音がしばらく続いていた。行成は低く呻き、足はときどき痙攣していた。
「佐々木、お前もやれよ。いままでやられてきたんだろう?」
 信治が無視して去ろうとすると、行成を殴りつけていた何人かが慌てて取り囲んだ。赤井は苦笑いを浮かべながら続けた。
「こいつがさ、自分の糞、自分で始末しねえんだよ。食えって言ってんのによ」
 思わず信治の口が緩んだ。おかしかった。だいたい今時、体育館の裏へ呼び出して糞を食わせるとは滑稽以外の何ものでもなかった。可愛いものだ。信治がこれまで見てきた光景には到底及ぶものではなかった。新宿を離れて、二つか三つ目のどこかの地方都市だった。そこでは、用意されていた氷の詰まったビニール袋へ、第二関節まで千切れた小指をいれ、なくすなよ、と渡されたものがいた。しかもそれは自分の手で千切らされたものらしかった。
 信治がなお無視して歩き出そうすると、横にいた一人が信治の腕を掴んだ。
「調子に乗るなよ、佐々木。どこから来たか知らねえけどな、この前みてぇにナイフでびびると思ったら大間違いだぞ」
 信治は担いでいたバッグを降ろした。それから後ろポケットへ手を突っ込み、静かにナイフを開いた。柄に鹿の角をあしらえたカスタムナイフだ。
「よそうぜ、佐々木。俺らは別に争うことなんて……」
 そう話し続けようとした赤井の腹に向けて、どつっとナイフを閃かせた。一瞬にして信治の右腕が食い込んだ。舌をだらしなく垂らした赤井がゆっくり崩れるのを支えながら信治は周囲を見渡した。誰も信治に向かってくる者はいなかった。みな、顔が白くなっていた。その様子を、行成までが凝り固まって見ていた。
 周囲を伺いながら信治がそっと右腕を引き抜いたのを見て、行成は気色を取り戻した。誰もがほっとしていた。ナイフには想像したような血痕は見当たらなかった。信治は突く寸前で、ナイフの柄を先端にして、ただ赤井の腹を殴ったのだった。
 ナイフをたたみ、信治は黙ってバッグを拾い上げると部室へ向かって歩き出した。
「あ、ありがとう、信治君」
 行成が呂律の回らない舌でそう言った。手をつき、やっと体を起こしていた。
 老いた桜の木の陰にじっと身を潜めて、絵美はその様子を窺っていたのだった。
 絵美が信治に惹かれたのはこのときからである。ただし、それは同級生や先輩を好きになるという感情からはほど遠いものであった。
 どこの学校でもそうであったが、行成にしても赤井にしても、信治にとっては同じ類のものであった。信治のようにほとんど片親で育ったのであれば、まだなんとなく理由も立ち理解もできるが、二人とも両親が健在でこれといって不憫な様子も見えなかった。
 けれども——信治には分かっていた。その不憫のなさが彼らにとっての不憫そのものであり、何からもそれに取って代え、満たすことが出来ないのだ。胸の奥底に吹き溜まった鬱憤を、スポーツや自慰によって吐き出すことは可能だとしても、決してその差分を満たせるだけの充足感を味わうことはできないのだ。
 しかし、これも信治にとっては今更という感じであった。生活がある程度潤っても人はより潤滑な潤いを求める。それは、時に富であったり、美と言い換えたりして、別の何かを求めるのだ。いや、確かに潤っていると思っていたものこそ、実は空虚なものであり、無意味なものなのだ。
 信治はこれらを母の忘れていったギリシャ神話に見いだしていた。遙か紀元前からこの敗退的な豊かさと虚無は互いに反しながらも一体となり、連綿として今に繋がっているのだ。
 それでも——信治はその虚無に意味を持たせることができた。
 母の情景である。扉がゆっくり閉ざしてゆく、その母の幻影の中に、淡いながらもきめ細かな粒子と化して、残像となり、信治の脳裏に焼きついている。
 それだけでも、赤井のような人間たちに比べれば信治はまだ満たされていていたのかもしれない。
 そして、圭子によって母の残像は、拡散していた粒子を紡ぎ合わせ、息を吹き返していたのだった。あの、一瞬ではあったが、むせかえるほどの艶めいた匂いが信治の鼻にこびりつき、決して剥がれることはなかったのである。


つづきは、新しい本に、おまけでつきます。
:)


|

2007.06.19

Do you have it?

Dsc00576orizinaru3

Title.
iPod
Do you have it?
I deliver Podcast within several months.
:)

image song.
Radiohead - Nice dream live acoustic
http://www.youtube.com/watch?v=d_n3JHqLUGo

Postscript.
About having written yesterday.
The photograph of me of the maximum size can be seen.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss

Does your browser contain RSS?
Please use the following browsers.

OPERA,firefox,safari.

She taught to me.
Miss.backlogic
http://www.fotolog.com/backlogic/

Thank you.

Postscript 2.
I up-load opening of the novel written in old times tomorrow.
You must prepare the following.
Japanese.
:)

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

タイトル。
iPod
あなたはそれを持っていますか?

僕は、数ヶ月以内にPodcastを配信します。
:)

追伸。
昨日、書いたことについて。
最大サイズの僕の写真を見ることができます。
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss

あなたのブラウザーは、RSSを含んでいますか?
以下のブラウザーを使用してみてください。

OPERA,firefox,safari.

彼女が僕に教えてくれました。
Miss.backlogic
http://www.fotolog.com/backlogic/

ありがとう。

追伸2。
僕は明日、昔に書いた小説の冒頭をアップロードします。
あなたは以下を用意してください。
日本人。
:)

|

2007.06.18

photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss

Dsc00576rss

Title.
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss


Figure above.
I prepared it a lot.

from stealaway001
to stealaway023

001-023

If you replace the figure, you can collect photographs of my
mastering.
It is a photograph after it arranges it.

This limits the period.

I present it to you now.

Please access it by all means.
:)

Postscript.
I hope for the same browser as me.

'safari'


タイトル。
http://photocast.mac.com/stealaway/iPhoto/stealaway001/index.rss

上の数字。
僕はそれをたくさん用意しました。
from stealaway001
to stealaway024

001-024

あなたはその数字を置き換えれば、僕のマスターの写真を収集出来ます。
それはアレンジ後の写真です。

これは、期間を限定します。

僕は、現在、それをあなたにプレゼントします。

是非、アクセスしてみてください。
:)

追伸。
僕は、僕と同じブラウザを望みます。

'safari'

ブラウザが違うとかなりサイトの見栄えが異なりますね。
:)

ウィンドウズで見たら、かなり厳しいです。
ウィンドウズ用のsafariは、以下からダウンロード出来ます。
http://www.apple.com/jp/safari/

|

2007.06.17

web.mac.com

Dsc00576unfor

Title.
http://web.mac.com/stealaway/

User's name.
fotolog

Password
stealaway

I opened a new site for publication.
My novel.
Interview.
Photograph used for book.
(This is a photograph of the unedit. )
Others
Everything is up-loaded to this site.

Page of download.
It demands the password.
The password is recorded in my book.

The password to this site is the following.
Please input it.

User's name.
fotolog
Password
stealaway

The following information in my book is up-loaded in the middle of July.

image song
Radiohead - Fake Plastic Trees
http://www.youtube.com/watch?v=HeowFbvpu0U

XL size is here.

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________


ぼくは、出版の為に、新しいサイトを開きました。
ぼくの小説。
インタビュー。
本に使用した写真。
(これは、未編集の写真です。)
その他。
全ては、このサイトにアップロードします。

ダウンロードのページ。
それは、パスワードを要求します。
パスワードは、ぼくの本に記します。


http://web.mac.com/stealaway/
このサイトへのパスワードは、以下です。
入力してください。

ユーザーの名前。
fotolog
パスワード
stealaway

ぼくの本の次の情報は、7月の中旬にアップロードします。

|

2007.06.16

This is my desktop.

Desktopshot

Title.
This is my desktop.
:)
Maybe, it is necessary to have up-loaded it for the first time.
:)

How are you?

I am energetic.

It is while I am still finishing up the novel.

And, I am doing a final adjustment of the book.

I am advancing the preparation aiming at publication.

Details are reported later.
:)

I never leave this place.
:)

Postscript.
CEO of Apple Computer Inc..
His habit of saying is a long ages.
' One more thing.'

Postscript 2.
The number of sheets of photograph in which sleep on my hard disk.
All numbers.
It about 10,000 is.
I do not tell a lie.
:)

Please look at my photograph if you have time.
:)

Postscript 3.
I am not writing in return for a long time.
I'm sorry.
I apologize sincerely.

XL size is here.

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

タイトル。
これが、ぼくのデスクトップです。
:)
たぶん、初めてアップロードしたはずです。
:)

あなたはお元気ですか?

僕は元気です。

僕はまだ小説を仕上げている最中です。

そして、僕は本の最終的な調整を行っています。

ぼくは、出版に向けて準備を進めています。

詳細は後日に報告します。
:)

僕はこの場所を決して離れません。
:)

追伸。
アップル社のCEO。
彼の口癖は、こうです。
' One more thing.'

追伸2。
僕のハードディスクに眠っている写真の枚数。
その全ての数。
それは約一万枚あります。
僕は嘘をつきません。
:)

もしも、あなたに時間があれば、僕の写真を見てください。
:)

追伸3。
長い間、僕はお返事を書いていません。
ごめんなさい。
僕は心から謝罪します。


|

2007.06.10

My book was completed.

Unforgettable

My book was completed.
Photograph. Design. Text. Novel. Edit.
I took charge of the all.
It asked Yumi Ikeda for the translation.
Thank you.
Details are reported later.

Staff of Fotolog. People all over the world who left message for my guest
book.
I wish sincerely to express my gratitude. The feelings were recorded in the
book.
Thank you.

Unforgettable'
Mitsushiro Nakagawa.

Postscript. This is not a cover of a book.

PS2''
Talk to you soon !!
:)


僕の本は、完成しました。
写真。デザイン。テキスト。小説。編集。
僕がその全てを担当しました。
翻訳は、池田由美さんにお願いしました。
ありがとうございます。
詳細は、後日報告します。

Fotologのスタッフ。僕のゲストブックへメッセージを残してくれた世界中の人達。
僕は心から感謝しています。その気持ちは、本に記しました。
ありがとう。

追伸。
これは、本の表紙ではありません。

追伸2。
Talk to you soon !!
:)

|

2007.06.04

I am writing now.

Dsc00786camono

I am writing now.

I'm sorry that it is not possible to answer.
I do not have malice.
I return within two weeks.

I completely complete the book.

I up-load the word of the reward to this place.
It is a text published in the book.

I do not part from flog for a long time.
I promise it.
:)


Postscript 1.
I up-load the novel written before here.
Period at that time.
It is a release date of the book.
As soon as it is decided.
It becomes only Japanese.
Is there a person who understands Japanese by your friend?
Please read my novel when there is a Japanese friend.
However, there are notes.
The following expressions are included in my novel.
Violence description. Sexual description.
They are drawn.
Therefore, it is assumed to be a condition. 16 years old or more
When publishing it, this novel is announced.
However, it is sure to become the content after it proofreads.


Postscript 2.
A lot of photographs are still asleep on my hard disk.
Photograph in Italy. I still have about 2,000 pieces.
There are still about 2500 photographs or more in New York, too.
Guam. Shinjuku. Other photographs.
Those photographs still remain, too.
They are still unpublished photographs.
Please look if you have time.
:)

Thank you.
:)

Postscript 3.
The photograph of continuation is up-loaded within two weeks.
:)

XL size is here.

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

僕は今、執筆中です。

お返事が出来なくてごめんなさい。
僕は悪意を持っていません。
僕は2週間以内に戻ります。

僕は本を完全に完成させます。

僕はそのお礼の言葉をこの場所にアップロードします。
それは、本にも掲載するテキストです。

僕はずっとflogを離れません。
僕はそれを約束します。
:)


追伸1。
僕は、以前に書いた小説をここにアップロードします。
その時期。
それは、本の発売日。
それが決定し次第です。
それは、日本語だけになります。
あなたの友人に、日本語を分かる人はいますか?
もしも、日本人の友人がいたら、僕の小説を読んでもらってください。
ただし、注意事項があります。
僕の小説には、以下の表現が含まれています。
暴力的な描写。性的な描写。
それらが描かれています。
だから、16才以上であることを条件とします。
この小説は、出版の際にも発表します。
しかし、それは校正後の内容になるはずです。


追伸2。
僕のハードディスクには、たくさんの写真がまだ眠っています。
イタリアの写真。僕はまだ約二千枚を持っています。
ニューヨークの写真も、まだ約2500枚以上あります。
グアム。新宿。その他の写真。
まだそれらの写真も残っています。
それらはまだ未発表の写真です。
もしも、あなたにお時間があれば見てください。
:)

ありがとう。
:)

追伸3。
続きの写真は、2週間以内にアップロードします。
:)

|

2007.06.01

Waiting man.

Dscn3912flogmono

Subtitle.
Waiting man.


Title of six photographs.
Walk on...U2
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0


New york city 07 shot.......1/7

XL size is here.

I am writing the text of the book now.

The answer is very difficult.

I'm sorry.
I do not have malice.

I hope your weekend becomes wonderful.
:)

_________________________________
info. 3.5 about my book.
http://www.fotolog.com/stealaway/19332236
http://www.fotolog.com/stealaway/19360188

info.4
22-27.April.2008. Theme of our exhibitions.
'Before the daylight is the most darkness moment in a day.'

Nikolaki & Stealaway.
http://www.fotolog.com/nikolaki/
Produced by Mitsushiro Nakagawa.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

サブタイトル。
Waiting man.

六枚の写真のタイトル。
Walk on.
http://www.youtube.com/watch?v=Z72Uv-qMci0

親愛なるHさんへ。
ぼくのメインのサイトは、以下です。
:)

http://www.fotolog.com/stealaway/

僕は今、本のテキスト書いています。

お返事は、とても難しいです。

ごめんなさい。
僕は悪意を持っていません。

あなたの週末が素敵になることを僕は望みます。
:)

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »