« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.24

"Town always of your waiting for a long time"

Subtitle.
"Place where you were sitting" ...........1/6

Milano shot.


Subtitle.
"Back street at which it looked down"........2/6

Ginza in Tokyo shot.

Subtitle.
Large-scale display. Kimono. Speed. =Chaotic .....3/6
Ginza in Tokyo shot.

Subtitle.
Walking person. Motorcycle that runs away. ......4/6
milan shot.

Subtitle.
"Elderly person who walks in town of fashion" .....5/6

Ginza in Tokyo shot.

Subtitle.
"I who is sitting on the stairs" .....6/6
Ginza in Tokyo shot.


Title of six photographs.
"Town always of your waiting for a long time"

I go to New York when I pass the examination of the gallery.
If, I thought that I went to New York though it did not pass.

You should not approach very dangerously now of New York.
You should refrain from the travel.

If, when big troubles of what loans occur.
When big danger that dies by it and touches is attended.

I do not fear going to New York still.
I must fear it most.

It is that regret toward New York remains.
I far scare actually feeling it living more.

Therefore, I go to New York without fail.
And, I vividly steal the town from Italy.

I promise.

Postscript.
I publish it.
One year has passed since it wrote so.
I am not a translation at all given up.
I am politely piling up sentences of one line for a long time.
I publish it without fail.
I am writing many times.
It is my dream.
However, my dream is achieved a little more.
I hold out.

Postscript. 2。
I have up-loaded the photograph in Italy for a long time since last
year.
1500 photographs or more still remain in me.
If, you have time and it looks.
:)


サブタイトル。「君が座っていた場所。」
milano shot.

サブタイトル。「見下ろした裏通り。」

Ginza in Tokyo shot.

サブタイトル。「大型のディスプレイ。着物。スピード。=混沌。」
Ginza in Tokyo shot.

サブタイトル。「歩いている人。走り去るオートバイ。」
milan shot.

サブタイトル。「流行の街を歩く老人。」
Ginza in Tokyo shot.

サブタイトル。「階段に座っている僕。」
Ginza in Tokyo shot.

六枚の写真のタイトル。
「君がずっと待っているいつもどおりの街。」


僕は、ギャラリーの審査を通過したらニューヨークへ行きます。
もしも、通過しなくても、僕はニューヨークへ行こうと考えていました。
ニューヨークの今は、とても危険で、近づかない方がいい。
旅行は控えた方がいい。
もしも、何かしらの大きなトラブルが発生した場合。
それが、死に触れるような大きな危険が伴っている場合。

僕は、それでもニューヨークへ行くことを恐れていません。
僕が一番恐れていること。

それは、ニューヨークへ向わなかった後悔が残ることです。
僕は、生きながらそれを実感する方が遥かに怖いです。
だから、僕はニューヨークへ必ず行きます。
そして、僕は、イタリアよりもその街を鮮やかに盗みます。
僕は約束します。

追伸。
僕は出版します。
そう書いてから、一年が経過します。
僕は決して諦めている訳ではありません。
僕はずっと、一行の文章を丁寧に積み上げています。
僕は必ず出版します。
僕は何度も書いています。
それは僕の夢です。
でも、僕の夢は、もう少しで実現します。
僕はがんばります。

追伸。2。
僕は去年からイタリアの写真をずっとアップロードしてきました。
僕には、まだ1500枚以上の写真が残っています。
もしも、あなたにお時間があれば、また見てください。
:)

|

2006.08.18

The one that you want is always in a far place.


title.
The one that you want is always in a far place. .....1/1....GUAM 06 shot.

Aaaaaaaaa1

There were reports how many it was in my MSN.
I want to speak with MSN with me.

It was being written so.
I replied at once.

However, it came back to me because of the error.
And, it is a responsibility of Microsoft.

The complaint : as follows.

bill.g@nomoremoney.com

:)

Postscript.
I write in return as much as possible today.
Thank you for always seeing my photograph.

I was feelings that would complete the novel by today.
However, it has not completed it yet.
I am not aiming at perfect sentences.
However, I want to leave sentences not regretted.

Thank you for always seeing my photograph.

It previously improved to Brog today.

タイトル。
君が欲しいものは、いつも遠い場所にある。

僕のMSNに何通か連絡がありました。
MSNで、僕と話したい。
そう書かれていました。
僕はすぐに返信しました。
しかし、それはエラーで僕へ帰ってきました。
そして、それはマイクロソフトの責任です。

苦情は、以下まで。

bill.g@nomoremoney.com

:)

追伸。
今日は、僕は出来る限りお返事を書きます。
いつも僕の写真を見てくれてありがとう。

僕は今日までに小説を完成させる気持ちでいました。
しかし、まだ完成していません。
僕は完璧な文章は目指していません。
しかし、僕は、後悔のない文章を残したいのです。

いつも僕の写真を見てくれてありがとう。

追伸。ファミレスのスタッフへ。
僕は小説を書いていますが、こんな文章は書いていません。
:)
この文章は翻訳サイトのために書いています。
:)
これで、小説書いているなんて言ってたら、笑っちゃいます。
:)

今日は、先にブログへアップしました。

|

2006.08.13

My work's title. '''' time '''

My work's title.

'''' time '''

Peppers1floglogocut


"Thank you for seeing my work. "....
...1/1..The wall is a garage in my house.
:)

Dscn0659flogblog11


Postscript.
The absolute size of my work is about 2m.

I was good at time to finally take a picture of my work today.
I am still writing a novel.
The answer is very difficult.
I'm sorry.

Friday.
Let's meet.
:)

Peppers1floglogo


Postscript.
English of my book is the main.
My novel is translated into English.

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

タイトル。
時間。

「僕の作品を見てくれてありがとう。」

追伸。
僕の作品の実寸は、約2mです。

僕は今日、やっと自分の作品を撮影する時間が出来ました。
僕はまだ小説を書いています。
お返事はとても難しいです。
ごめんなさい。
金曜日。
お会いしましょう。


|

2006.08.12

"Meaning of bubbles in coffee"

Title.
"Meaning of bubbles in coffee"........1/1....milan'hotel shot.

You recall the movie that talks about bubbles in coffee.
The movie of Jean-Luc Godard whom you saw in old times.

::::

In Japan, there is a place of family restaurant.
Coffee. Juice. They are all-you-can-drink.
The price is about four dollars.
It can spend a lot of time comfortably very cheaply.

I am writing a novel in some the places.
Therefore, always a lot of time is spent in the place.
I also think it to be a trouble very much.
I'm sorry.
Therefore, I passed my handbill to the staff in the place today.
I appealed for myself present.

I wish always to express my gratitude.
Thank you.
:)

Therefore, I up-loaded the photograph today.
This coming Friday.
If you have time, let's meet.

At that time, I want to write in return as much as possible.
:)

Postscript.
English of my book is the main.
My novel is translated into English.

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

タイトル。
「コーヒーの泡の意味について。」
君は、コーヒーの泡について語る映画を思い出している。昔、君が見たジャンリュックゴダールの映画を。

日本には、ファミリーレストランという場所があります。
コーヒー。ジュース。それらが飲み放題です。
その値段は、4ドルほどです。
それはとても安く、たくさんの時間を快適に過ごせます。

僕はいくつかのその場所で、小説を書いています。
だから、いつもたくさんの時間をその場所で過ごしています。
それはとても迷惑だと僕も思っています。
ごめんなさい。
だから、僕は今日、その場所のスタッフに僕のチラシを渡しました。
僕は、現在の自分をアピールしました。

僕はいつも感謝しています。
ありがとうございます。
:)

僕は、今日、その為に写真をアップロードしました。
今度の金曜日。
もしもあなたに時間があればお会いしましょう。

僕はそのとき、出来る限りお返事を書きたいと思っています。

日本は、午前二時です。
おやすみなさい。
貴方の週末が素敵になることを僕は望みます。

|

2006.08.11

Cup that no one touched.

Title.
Cup that no one touched. ....1/1
(Taking a picture at two o'clock of the afternoon of March 11th, 2006. )


My novel. unforgettable. This photograph is an image of my novel.

Album has piled on Kaori Uemura's night table.
It is music taught to Kei Kitami.

Her friend.
Rena sakuragi went to meet Toru Yamashita without listening to it.

She met him in the office.
However, he was married, too.
She was presented the necklace of D&G by him.
Kaori Uemura heard such a story on Friday night.

Weekend.
Kaori is listening to the album gotten from Kei.
On Saturday night and Sunday morning.
In an empty room.

Let The Feeling Flow..Workshy..Allure
Black Cow,Aja...Steely Dan...Aja
I.G.Y...Donald Fagen....The Nightfly
Meet Me in the Morning...Everything But the Girl...The Language of Life
Overnite...Scritti Politti...Provision


Postscript.
The person hopes for stability.
To gain stability, the person is brave even of danger.

However, the person becomes an attempt to save one's own neck as soon
as having gained stability.

Stability finally obtained.
Everybody want to lose it no one.
However, it is not limited that everyone is so.
I think so.


Postscript.
English of my book is the main.
My novel is translated into English.

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::


タイトル。
誰も触れなかったカップ。


僕の小説。unforgettable.
写真は、僕の小説のイメージです。

植村香織のサイドテーブルに積み重なっていたアルバム。
それは北見ケイに教えてもらった音楽。

彼女の友達。
桜木礼奈は、それを聴かずに山下透へ会いに行きました。
彼女は、職場で彼に出会いました。
しかし、彼もまた結婚していました。
彼女は、D&Gのネックレスを彼にプレゼントされていました。


植村香織は、そんな話を金曜日の夜に聞いていました。
週末。
香織は、ケイにもらったアルバムを聴いています。
土曜日の夜と日曜日の朝に。
空っぽの部屋の中で。

Let The Feeling Flow..Workshy..Allure
Black Cow,Aja...Steely Dan...Aja
I.G.Y...Donald Fagen....The Nightfly
Meet Me in the Morning...Everything But the Girl...The Language of Life
Overnite...Scritti Politti...Provision

追伸。人は、安定を望みます。人は、安定を得る為に、危険さえ冒します。しかし、人は、安定を得た途端、保身になります。
やっと得た安定。
誰もが失いたくないのです。
しかし、誰もがそうとは限りません。
僕はそう思います。

日本は、金曜日の午前1時になりました。
おやすみなさい。
あなたの週末が素敵になることを僕は望みます。
僕はまだ小説を書いています。
お返事が出来なくて、ごめんなさい。
8月18日。
もしもあなたに時間があればお会いしましょう。

|

2006.08.07

"In light at night"

Title.
"In light at night".......GUAM 06 shot. ..1/1


This image from my novel. 'unforgettable'

Hero.
Kei Kitami.

He is 18 years old who finishes high school.
He went out at night for pleasure very much at high school days.
It absorbed in the fashion, and a lot of girls were embraced.
However, he was not able to find anything.

His father is businessman not bright.
His mother was lost due to the traffic accident when he was young.

He meets six-years old woman senior to one in years by the Internet.
Her name is Kaori Uemura.

She is from Hokkaido that exists in northernmost of Japan.
Therefore, her skin is white transparently near.
In it and the same, her voice is transparent, too.

The skin and voice. After that, the hero is enchanted to her clear
pupil.


However, she meets another man.
He had the wife and the child.

A part of tune collected to Kei's Kitami ipod.

Almost Gold..The Jesus & Mary Chain..Honey's Dead.
Far Gone And Out..The Jesus & Mary Chain..Honey's Dead.

Colours..Jonathan Butler..Deliverance
Remember How We Started..Paul Weller..Live Wood

To Face The Truth..Pet Shop Boys..Behaviour
Sometimes It Snows In April..Prince..Parade

The Clock..Thom Yorke..The Eraser
New York..U2..All That You Can't Leave Behind

Blue In Green..Miles Davis..Kind Of Blue

Postscript.
English of my book is the main.
My novel is translated into English.

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

タイトル。「夜の灯りの中に」


このイメージは、僕の小説、'unforgettable'のイメージです。

主人公。
北見 ケイ。
彼は高校を卒業した18才です。
彼は、高校時代にとても夜遊びをしました。
ファッションに凝り、たくさんの女の子を抱きました。
しかし、彼は何も見つけることができませんでした。

彼の父は、冴えないサラリーマンです。
彼の母は、彼が幼い頃、交通事故で亡くしました。

彼はインターネットで六才年上の女性に出会います。
彼女の名前は、植村 香織。
彼女は、日本の最北端にある北海道の出身です。
そのため、彼女の肌は、透明に近い白さです。
それと同じくらいに、彼女の声も透き通っています。
その肌と声。
それから、彼女の澄んだ瞳に、主人公は魅了されます。

しかし、彼女は、別の男性にも出会います。
彼には、妻と子供がいました。


北見 ケイのipodに収録されている曲の一部。

Almost Gold..The Jesus & Mary Chain..Honey's Dead.
Far Gone And Out..The Jesus & Mary Chain..Honey's Dead.

Colours..Jonathan Butler..Deliverance
Remember How We Started..Paul Weller..Live Wood
To Face The Truth..Pet Shop Boys..Behaviour

Sometimes It Snows In April..Prince..Parade
The Clock..Thom Yorke..The Eraser

New York..U2..All That You Can't Leave Behind

Killer Cars..Radiohead..The Bends [Japan]
Blue In Green..Miles Davis..Kind Of Blue

追伸。僕の本は、英語がメインです。
僕の小説は、英語へ翻訳されます。

日本は、午前2時20分です。
おやすみなさい。

|

2006.08.01

Dear mr.vua&yuming-san

mr.vua&yuming-san

もうちょっとお時間をください。(pekori)
小説を完璧に仕上げます。
:)

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »