« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.31

'' Dont Disturb This Groove...''

Title.

She said,
'' Dont Disturb This Groove...'' ......1/1
.. ..The System. 1987.

title is an image of unforgettable.

unforgettable.
It is a title of my novel.


I am still writing a novel.
Therefore, it is not possible to answer.
I'm sorry.

I have ordered myself only one in finishing up the current novel.
It must exceeded the work that I wrote in the past.

However, there is no novel of me when aiming at Standhal.
His book is a little too heavy.
:)

It is thought that my novel was able to exceed my former work.

I am continuing the contract of flog. It is while half a year.
I return on August 18.
:)

::::::::::::::::::::::::::
Dont Disturb This Groove. ......The System. 1987.

Pop promo.
http://youtube.com/watch?v=c7bRjqoq-sg

Lyrics.
http://www.lyricsdownload.com/the-system-dont-disturb-this-groove-lyrics.html

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::


タイトル。
She said,
Dont Disturb This Groove. ......1/1
.. ..The System. 1987.

このタイトルは、僕が書いている小説、unforgettableのイメージです。


僕はまだ小説を書いています。
だから、お返事が出来ません。
ごめんなさい。

僕は、今の小説を仕上げる上で、ひとつだけ自分に命じた事があります。
それは、僕が過去に書いた作品を必ず越えていること。

しかし、僕の小説は、スタンダールを目指してはいません。
彼の本は、少し重すぎます。
:)

僕の小説は、僕の前作を越えることが出来たと考えています。

僕はflogの契約を継続しています。それは半年間です。
僕は8月18日に戻ります。
:)

追伸。
日本の方がもしも読んでいたら…

以前にアップした小説の一部なのですが、採用したのと削除したのとがあります。
自分で、没にしました。

あと、ぼくの小説は英語へ翻訳されます。
それを念頭に小説を描きました。
だから、細かい部分で、少し、統一しました。
予備校は高田馬場にありましたが、新宿に移し、主人公のアパートも同じにしました。
他にアパートの部屋の作りなのですが、それも海外のをイメージしながら書きました。
そんな具合に結構置き換えています。
テーマにはなんら差し支えないと判断しました。

以前にも書きましたが、過去の話ではなく、現在に置き換えました。
登場人物も多くなっています。
が、おもしろくなくなってしまうので、書かずにして、以前に書いた登場人物らの名前だけ決定してあるので、書きます。

あと、さりげなく、自分の街の地名を登場させようかと考えています。というか、この街を少しですが、描写してあります。
登場人物は、本当は、その性格やら背景やらを事細かに決めてありますが、自分の頭の中にイメージしているだけで、じっさいに小説上ではでてこなかったりしています。やっぱり、素材はたくさんあった方がよりよくなる気がして…

今回の小説は、以前のを読まれた方にはちょっと不満かもしれません。やや文学っぽいとこから遠くなっているはずです。
いちおう、こんな僕でもその小説の内容に合わせて、文体に気を使っていたりします。
(前作も本の発表に合わせてアップします。)


今回のテーマは、またflogにアップしますが、とても重いです。前作も軽いつもりはなかったんですけど。
前作にあった露骨な性描写や暴力なんかはいっさいありません。
書いていて思ったのですが、そういった極端な表現の方が、やっぱり描きやすいんですね…

ぼくのは、たいてい男女関係なのですが、
今回のは、セックスのあとに続く男女関係を描きました。
いま、付き合っている人、結婚している人…
ほんとうに大切な恋愛って、セックスの前ではなく、セックスのあとにあるような気がしてなりません。
セックスにこだわるのは男だからなのかな…
いや、女の子も切り札にしてるはずっ!!
:)

いま、ここに書いてよいかどうか迷うんですが、

ぼくは不倫を肯定こそしませんが、否定的にも考えていません。
小説の中で、触れているのですけれども、すとんと恋に落ちるときって、たぶん理由なんてないんです。
幼稚園生が、だれだれちゃんを好きになった、ぐらいの気持ちが、ほんとうに恋に落ちるっていうものなんじゃないかなって…

年を取ると、いろんなことを考えちゃいます。もちろん、ぼくもそんな一人です。
年を取った人間、欲っぽいものを絶えず忍ばせている人間、好きな人の中身をすり抜けてその背景を考える人間…
こういった人たちっていうのは、とても現実的で、比較的なにひとつ気づかずに生きてゆく事のできる方なのだと思います。
これは馬鹿にしたような悪い意味ではなくて、やっぱり知らなくていい事の方が多いような気もするのです。


でも、なかには、そうではない、と否定する少数意見っていうのもあったりします。
気づいたら、恋に落ちていた…
ジェットコースーターの怖さはやはり、眺めているだけでは理解できない、そんなことも思っています。
そんな感じです。


あと、やっぱり登場人物らの曖昧な居場所…
恋愛と居場所…その先に何を求めるのかっていう…
そんな中で、何が大切なんだろう、っていうのを自分なりに描いてみました。
予備校生はもちろんですが、フリーターの方や(僕もフリーターでした)、
OLの方、さらに読んでほしいのが意外にも主婦の方…
高校生以下の方にはあまりおすすめしません。
ぼくの話なんかに縛られずに自由に恋愛してください。
その方がよっぽどためになるし、きっとそれはこれからの支えになるはずです。

8月18日までには完成するので、本はそれ以降の発売になります。
お金に余裕のある方は是非、買ってやってください。
CMでした。

そうでした。
最近、ティファーニーで朝食を、見ました。なんども見ているのですが、これってあんまり極端に場面が多いわけじゃないんですよね。
なのに飽きずにひっぱってるってのは、やはり脚本が優れているとしか思えなくて…
あと、やっぱり、しょっぱなのシーンが、女の子のイメージを、がつんと表現していて、やっぱり素敵だと感じました。
朝帰り。ドレスアップした女性。宝飾品。食べる事。
女の子の気持ちを一瞬で表現しちゃっていて、ほんと素敵だと思うし、なんか書いている身から考えると、書く気が失せます(hiyaase)
ちなみに原作も読んでいるのですが、ぼくには退屈でした。(hiyaase)

日本は午前2時29分です。
おやすみなさい。

北見 ケイ 18才 予備校生
植村 香織 24才 人材派遣会社勤務


桜木礼奈 25才 人材派遣会社勤務
野崎 加奈子 24才 人材派遣会社勤務

三條里佳 18才 帰国子女 
三條登希夫 42才 IT関連社長

大沢 亮 32才 ラジオ局プロデューサー
大沢 江里 33才 主婦
大沢 太一 3才

::::::::::::::::::::::::::
Dont Disturb This Groove. ......The System. 1987.

プロモーションビデオ。
http://youtube.com/watch?v=c7bRjqoq-sg

詩。
http://www.lyricsdownload.com/the-system-dont-disturb-this-groove-lyrics.html

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

|

2006.07.22

"Decorated show window"

Title. "Decorated show window" .........1/1

title is an image of unforgettable.

unforgettable.
It is a title of my novel.


I am still writing a novel.
I have spent time on it very much.
There are some reasons.

The first person was stopped. Everything was changed to the third
person.
In a word, all written sentences are rewritten.
I come to complete close, and throw everything away occasionally.

However, the purpose of it is toward good direction.
I am writing a novel while enjoying it now.
However, it is not a bright novel.
It is a very heavy love romances.

It differs from the photograph, and the novel requires time very much.
Therefore, I of today cannot answer.
I'm sorry.

However, I return to flog on August 18.
I am continuing the contract during half a year.

Postscript.
I am not up-loading the photograph for a long time.
However, a lot of people see my site and it exists.

Present number of inspection.
96434.

I have never forgotten your word.
Thank you.
:)

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::


タイトル。「飾られたショウウィンドウ。」
タイトルは、unforgettableのイメージです。
unforgettable.
それは、僕の小説のタイトルです。


僕はまだ小説を書いています。
僕はそれにとても時間を費やしています。
いくつかの理由があります。

一人称は止めました。三人称へ全て変更しました。
つまり、書いた文章を全て書直しています。
僕は完成間近になって、全てを捨てるときがあります。
しかし、それは良い方向へ向かう為です。
僕は今、楽しみながら小説を書いています。
しかし、それは明るい小説ではありません。
とても重い恋愛小説です。

写真とは異なり、小説はとても時間を要します。
だから、今の僕はお返事が出来ません。
ごめんなさい。

しかし、僕は8月18日には、flogへ戻ります。
僕は半年間の契約を継続しています。

追伸。僕はずっと写真をアップロードしていません。
しかし、多くの人が僕のサイトを見てくれています。
現在の閲覧数。
96434.
僕はあなたの言葉を決して忘れていません。
ありがとう。

|

2006.07.14

Memory in summer faraway at 1000 miles.

Dscn05802
Subtitle. "Descending stairs"....1/6
Guam06shot.

Subtitle. "Sunbeam of back street"....2/6
Guam 06 shot.

Subtitle. "Cracking glass"....3/6
Guam 06 shot.

Subtitle. "You in interior of the door" . . . 4/6
Guam 06 shot.

Subtitle. 「NO EXIT ? NO..... (..5/6)
Guam 06 shot.


Subtitle. "One in the interstice"..6/6.....Wing of NW shot.((Guam 06 shot.))


Title of six photographs.
"" Memory in summer faraway at 1000 miles. ""

I met Italian's man in flog several years ago.
He came to Japan.
And, I sent him to the house.
He taught me an important thing in the expressway on the way.
「Use the photo shop. It is the same work as development. 」
The word gave a big change to my photograph.
Afterwards, it was estranged in my big mistake and misunderstanding
with him.
He has come to Japan now.

I am wishing meeting him if the convenience of the schedule is suitable.
He refused when stretching out one's hand by being going the goodbye it when I sent it to his
house several years ago.
And, it said so.
"Moreover, let's meet. "

His and my time remains stopping in the summer of that day.
I think that I should be able to return again on that day.

Moreover, let's meet.
:)

Mr.akinoproduziouni.
http://www.fotolog.com/akinoproduzioni/
:)

I invite you in fluent Italian.
This is a joke.
:)

Postscript.
Thank you for Mr. def.
:)
http://www.fotolog.com/def/

:::::::::::::::::::::
Postscript 2.

I return to flog again.
It is the middle of August.

The completion of my novel has finally come into view.
I begin to move.

:::::::::::::::::::::

Dear.
Mr.VuA. & yuming-san.

http://www.fotolog.com/vua/
http://www.fotolog.com/yuming/

I'm sorry to have kept you waiting.
:)
It would be better to be able to pass it as a manuscript in the middle of
August.
:)

It troubled you for a long time.
:)

::::::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::


サブタイトル。「下り階段。」...1/6

サブタイトル。「裏通りの日射し。」...2/6

サブタイトル。「ひび割れた硝子。」...3/6

サブタイトル。「そのドアの奥の君。」...4/6

サブタイトル。「NO EXIT ? NO ! 」..5/6

サブタイトル。「その狭間にあるもの。」.....6/6

六枚の写真のタイトル。
「1000マイル彼方の夏の記憶へ。」


数年前、僕はflogでイタリア人の男性に会いました。
彼は、日本に来ました。
そして僕は、彼を家まで送りました。
その途中の高速道路で、彼は僕に大切な事を教えてくれました。
「フォトショップを使うこと。それは、現像と同じ作業なんだよ」
その一言は、僕の写真に大きな変化を与えてくれました。
その後の、僕の大きな過ちと誤解で、彼とは疎遠になっていました。
今、彼は日本に来ています。

僕は、スケジュールの都合が合えば、彼に会いたいと願っています。
数年前、彼の家に僕が送り届けたとき、さよならのつもりで手を差し出すと彼は首を横に振りました。
そして、こう言いました。
「また会おう」

あの日の夏から、僕と彼の時間は止まったままです。
僕はもう一度、あの日に帰れるはずだと思っています。

また、お会いましょう。

Mr.akinoproduziouni.
http://www.fotolog.com/akinoproduzioni/
:)

僕は流暢なイタリア語であなたを迎えます。
これは冗談です。
:)

追伸。defさん、ありがとう。
:)
http://www.fotolog.com/def/

追伸2。

僕はflogにまた戻ります。
それは8月の中旬です。

僕の小説の完成がやっと見えてきました。
僕は動き出します。

Dear.
Mr.VuA. & yumig-san.
http://www.fotolog.com/vua/
http://www.fotolog.com/yuming/
お待たせしました。
:)
八月の中旬には、原稿としてお渡しできるはずです。
:)

長い間、ご迷惑をおかけしました。
:)

|

2006.07.10

Still Im in love with you.

2orizinarudsc09763

One flower. Only one woman. .....

Title.
Still Im in love with you.

in the Euro star shot.......Z...1/1


I have a question in you.

Which do you feel lonely?


a, You cannot meet an important person for a long time.

b, You have passed each other with an important person.
However, you cannot call it.

a or b....
Which do you feel painful ?...........


Postscript.
I am still writing a novel.
I am hardly writing in return.
However, I do not have malice in you.
I'm sorry that it is not possible to answer.

Postscript 2.
I renewed flog again.
I am continuing the contract during half a year.


:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

一つの花。一人きりの女性。
タイトル。
Still Im in love with you.

in the Euro star shot .


僕はあなたに質問があります。
あなたはどちらを寂しいと感じますか?

a, あなたは、大切な人にずっと会えない。

b, あなたは、大切な人とすれ違っている。
  しかし、あなたは声をかけることはできない。

あなたは、どちらを辛いと感じますか?


追伸。
僕はまだ小説を書いています。
僕はほとんどお返事を書いていません。
しかし、僕はあなたに悪意を持っていません。
お返事が出来なくてごめんなさい。

追伸2。
僕は、またflogを更新しました。
僕は、半年間の契約を継続しています。

|

2006.07.03

'' The door into summer ''

Subtitle. '' Dive to bed ''
....Guam ''06'' shot.6/6

Title of six photographs.

Do you know this novel?

'' The door into summer ''
:)


Back ground music.

KEANE Lyrics -
Everybodys Changing Lyrics

You say you wander your own land
But when I think about it
I don't see how you can
You're aching, you're breaking
And I can see the pain in your eyes
Says everybody's changing
And I don't know why

So little time
Try to understand that I'm
Trying to make a move to stay in the game
I try to stay awake and remember my name
But everybody's changing
And I don't feel the same

You're gone from here
And soon you will disappear
Cause everybody's changing
And I don't feel right

So little time
Try to understand that I'm
Trying to make a move to stay in the game
I try to stay awake and remember my name
But everybody's changing
And I don't feel the same

So little time
Try to understand that I'm
Trying to make a move to stay in the game
I try to stay awake and remember my name
But everybody's changing
And I don't feel the same

http://www.lyricsdownload.com/keane-everybodys-changing-lyrics.html

:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

Postscript.
I am still writing a novel.
It is a novel based on my experience.
It is not an exaggerated story.
However, I wanted to be writing it down for a long time.
It was my dream at the same time.
I still have the wandering among those.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
The lake house.
http://www.apple.com/trailers/wb/thelakehouse/
:::::::::::::::::::::

Subtitle. "Silence after the rain"
....Guam''06''shot.5/6

Subtitle. "The outside Light"
....Guam''06''shot.4/6

Subtitle. "Woman of black shadow"
....Guam''06''shot.3/6

Subtitle. "Water tank of the glass"
....Guam''06''shot.2/6

Subtitle. "Light of raindrop and cloud"
....Guam''06''shot.1/6

六枚の写真のタイトル。

あなたのこの小説を知っていますか?

'' The door into summer ''


サブタイトル。「Dive to bed」

サブタイトル。「雨上がりの静けさ」

サブタイトル。「外光」

サブタイトル。「黒い影の女性」

サブタイトル。「硝子の水槽」

サブタイトル。「雨粒と雲の光」

追伸。
僕はまだ小説を書いています。
それは僕の経験に基づいた小説です。
それは大げさな物語ではありません。
しかし、僕はずっと書き留めておきたいと思っていました。
同時に、それは僕の夢でした。
僕はまだその中を彷徨っています。

追伸2。
いまさらなんですけど、Keaneの「hopes and fears」
って、ポップでいいですね。
ときどき、ぼんやりこんなのを聞きたくなります。
詩が素敵なので、買って聞いてみてください。

日本で、9月公開のイルマーレのリメイク、
The lake house(邦題 イルマーレ。キアヌとサンドラブロック)
の予告の曲もこれに収録されています。
予告編は、以下で見られます。
flogにも貼付けました。

http://www.apple.com/trailers/wb/thelakehouse/

ストーリーの詳細を書くつもりはないのですが、
このリメイク、話すっごいよく出来てました。
相当悩んだような気がします。
オリジナルにはオリジナルの良さがあるのですが
このハリウッド的解釈も僕は好きになりました。

オリジナルのプレッシャーに押されながらも、これだけよく練ったストーリーを作ってしまうって言うのはさすがだと思うし、リメイクではなかなか見られないような気がします。

夜に7.5ドル、午前中に4ドルほど払って、二日間に渡って二回見て来たのですが、
ラストにはぐっと胸を締め付けられます。
日本の9月公開も見に行きます。
:)

帰りの飛行機で、ディズニーのグローリーロードも見たのですが、
こちらも泣きそうになりました。
60年代。まだ白人ばかりだったバスケの中に黒人を投入したところから始まるっていう実話らしいです。
黒人の選手曰く、
「白人のあんたに何がわかる! トイレでボコボコにされ、ホテルの部屋には血の落書きをされ..いったい、こんな思いをしてまで何があるっていうんだ!」(ほんと命がけ)
こう言う彼らのこの瞬間、バスケをいつでも辞められるっていう選択肢が生まれてきます。
しかし、彼らはバスケを辞めません。続けます。
この台詞に対する監督のクールなひとこと...
それは、映画を見てください。
すっごい素敵でした!
:)

辞める、っていうよりも、諦めるのって、だれでもいつでもできる..
でも、諦めないで、信じて続けるのって、賞賛の声よりも、
やっぱりそれなりの非難の声の方が大きいです。
いや、非難の声の方が耳に入りやすいのかな..

そんなシーンです。
続けるのか、諦めるのか..
結果、続けるのですが、
その葛藤の台詞に胸を打たれます。
これもぜったい行きますよ、劇場に。

ジェリーブラッカイマー、炸裂しています。
この夏、むろん、ジャックスパロウにも会いに行きます。
:)
ジャックスパロウのイメージって、ストーンズのキースリチャーズがモデルだった、という話が有名だったらしいのですが、まったく知りませんでした。
が、知って納得。
:)

雑談でした。
:)

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »