« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.27

I went to Ginza today.

BlogPepinfnov
__________________________
Information.

I participate in the exhibition.

Place. Ginza.peppers gallery.
http://www.peppers-project.com/galleryis/en/gi01e.htm

Date. November 6 Monday to Saturday, November 11

Title of my handmade book.
'' alone / but never alone.''

Translated by Yumi Ikeda.
http://www.fotolog.com/yuming/
_________________________________
Postscript.
Today's English. It is a translation of the woman who wrote up.
The photograph of today is a photograph used for my handmade book.
It is not my random usual English.
The day where I am has not been decided yet.
Maybe, it becomes the final day.


タイトル。

 きみは大きな荷物を抱えている。それなのに、傘まで持っている。
 こんなに晴れているのに…

......1/7.....Venice shot.

翻訳。池田 由美。
http://www.fotolog.com/yuming/

追伸。

僕は展覧会へ参加します。

場所。銀座。ペッパーズギャラリー。
http://www.peppers-project.com/galleryis/en/gi01e.htm

日時。11月6日の月曜日から、11月11日の土曜日。

僕の手作り本のタイトル。
alone / but never alone.
.........................................................

追伸。
今日の英語。それは、上に書いた女性の訳です。
今日の写真は、僕の手作り本に使った写真です。
僕のいつものいい加減な英文ではありません。
僕がいる日は、まだ決めていません。
たぶん、最終日になります。


Title.
"I went to Ginza today. "....1/1


Postscript.
The work was carried into the gallery in Ginza.
I am glad because of a very beautiful space.

I have spent time on the novel very much.
I'm sorry that it is not possible to answer.

I hope your weekend becomes wonderful.
:)

Pepper's Project Exhibition.

>> printing iii


Place.

Pepper's Loft Gallery 4F


Date.
2006.
May 29th ~ June 10.

Address in exhibition place.
http://www.peppers-project.com/loft/en/index_en.htm


My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

stealaway@hotmail.com


The final day is Saturday.
I am on the final day.
Please come to play if you have time.
:)


タイトル。「今日、ぼくは銀座へ行きました。」

追伸。銀座のギャラリーへ作品を搬入しました。
とてもきれいな空間で、ぼくは嬉しいです。

ぼくは小説にとても時間を費やしています。
お返事が出来なくてごめんなさい。

あなたの週末が素敵になることを僕は望みます。

今日、ぼくは銀座へ行ってきました。
銀座は、たぶんいつもよりも人が少なくったように感じます。
歩行者天国はすかすかで、雨に濡れた鉛色の路面が目立っていました。
けれども、雨が降ったり止んだりするたびに、行き交う人の傘が開いて、街を彩っていました。
そんな風景を、この曲を聴きながらぼんやり眺めていました。


believing.// Toshiki kadomatsu //
from the album ''Fankacoustics''2004/08/04

追伸。展覧会の日程を僕は勘違いしていました。
5月29日から6月10日でした。
僕は6月3日と6月10日の土曜日に、います。
お時間があれば遊びに来てください。
:)


|

2006.05.25

None of spaces.

Title. None of spaces.
milan shot....Z
1/1


faraway shot.
http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=13718828


Pepper's Project Exhibition.

>> printing iii


Place.

Pepper's Loft Gallery 4F


Date.
2006.
May 29th ~ June 3rd.

Address in exhibition place.
http://www.peppers-project.com/loft/en/index_en.htm


My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

stealaway@hotmail.com


The final day is Saturday.
I am on the final day.
Please come to play if you have time.
:)

Postscript. My pen stopped for a long time and began to run.
It settled down a little my feelings now.
I also face the novel.

I'm sorry that it is not possible to answer.
I write for a while.
Your word has reached the cellular phone. Thank you.

Postscript.
I up-load next week and the photograph.

タイトル。「誰もいない空間。」

追伸。僕のペンは、ずっと止まっていたけれども、また走り出しました。
僕の気持ちは、今、少し落ち着きました。
僕はまた小説へ向かいます。

お返事が出来なくてごめんなさい。
僕はしばらく執筆します。
あなたの言葉は、携帯電話に届いています。ありがとう。

追伸。
僕は来週、また写真をアップロードします。

|

2006.05.22

stray

Subtitle. "Yesterday's newspaper thrown away"....Z
1/5
milan shot.


Subtitle.Light of dirty subway. You were walking in the place...Z
2/5

milan shot.

Subtitle. "Stairs that run and go up"...Z
3/5

milan shot.

Subtitle. "Man away from counter"...Z
4/5

milan shot.

Subtitle. "You are always hesitating when it boards the train. "...Z
5/5

milan shot.


Title of five photographs.

It put it from the name of a song of AztecCamera.

''stray''


Aztec Camera Stray lyrics
Words and music by Roddy Frame

You don't have to tell me what you're still looking for,
Two arms to hold you and a voice to say,
That's alright, you can spend the night,
Well, come around.

'Cos I've been there and these are the notes
From the overground,
The World Saxaphone Quartet, the smell of violets,
And a passing friend won't let you down.

Listen to the rhythm of the rain falling,
Say you're gonna change your foolish ways.
Make a promise, break a promise in the same day,
It goes the same way, anyway.
So you pray for silence and its sadness and its violence
To be washed away, One day.

I understand the state you've reach of being unreachable,
Somewhere out there where only the music plays.
Loneliness and being alone don't always mean the same,
Who needs the movie? You can see the music anyway.
A Sketch For Winter, a Burgundy and sanctuary
Can make me stay when I feel that way.

And if my words don't say the things that they were meant to say,
And if confusion comes and carries all my words away,
And if you still don't understand,
I wanna hold your hand, and look at it this way...
Someone singing's better than the war they're winning
Winging its way, your way or my way,
Any day, any way, stray.

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/offer-listing/-/B00005HG68/all/ref=sdp_srli_u/250-8351427-8648251

Postscript.
I am still writing a novel.
However, my pen stopped recently.
Everyone can write one book.
Such a story is heard well.
It is easy to write the autobiography very much.
However, it is still painful to face it.
I feel it so.
When giving a name to characters of the novel, my feelings became
easy a little.
His story who no me is drawn.
I have written while thinking so.
However, it was my story after all no matter how wrote.
It holds out though it is painful.

I hardly up-loaded the photograph.
However, I was surprised at the number of inspection.
It is because of the visit on my site about as many as 1200 times.
I wish sincerely to express my gratitude.
Thank you.

I also return to the novel.

I'm sorry that it is not possible to answer.
I apologize sincerely.
Your word has reached my cellular phone.
Thank you.

Postscript. In the novel, I am a story when I am 18 years old.
I was associating with six-years old woman senior to one in years.
I of today was not if it did not meet her.
Whether the most is a painful event when something is learnt cannot
be heard of.
However, I prepared wonderful ending.
However, it is not so exaggerated.

The lost one. The obtained one.
I think that they are always equal.
I keep also writing.

::::::::::::::::::::::::::::

Pepper's Project Exhibition.

>> printing iii


Place.

Pepper's Loft Gallery 4F


Date.
2006.
May 29th ~ June 3rd.

Address in exhibition place.
http://www.peppers-project.com/loft/en/index_en.htm


My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

stealaway@hotmail.com


The final day is Saturday.
I am on the final day.
Please come to play if you have time.
:)

:::::::::::::::::::::::::::::::
Postscript.
I held the exhibition October and last November.
Z....It is a photograph not announced in my exhibition.
:::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

PS::I was not able to write the answer on several sites.
I'm sorry. It is not malicious to me.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2006/01/broken_shutter_.html
:::::::::::::::::::

サブタイトル。「捨てられた昨日の新聞。」

サブタイトル。「汚れた地下鉄の光。君はその場所を歩いていた。」

サブタイトル。「駆け上がった階段。」

サブタイトル。「カウンターを離れた男。」

サブタイトル。「電車へ乗り込むとき、君はいつも迷っている。」

五枚の写真のタイトル。

AztecCameraの曲名から付けました。

''stray''

Aztec Camera Stray lyrics
Words and music by Roddy Frame

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/offer-listing/-/B00005HG68/all/ref=sdp_srli_u/250-8351427-8648251


追伸。
ぼくはまだ小説を書いています。
しかし、最近、僕のペンが止まりました。
誰もが一冊の本を書く事ができる。
そういう話を良く聞きます。
自伝というのは、とても書きやすい。
けれども、それに向かうのは、やはり辛いです。
ぼくはそう感じています。
小説の登場人物に名前を付けたとき、ぼくの気持ちは少し楽になりました。
ぼくではない、彼の話を描く。
ぼくはそう思いながら、書いてきました。
しかし、どう書いてもやはりぼくの話でした。
辛いけれども、がんばります。

ぼくはほとんど写真をアップロードしませんでした。
しかし、ぼくはその閲覧数に驚きました。
約1200回もぼくのサイトに訪れていたからです。
ぼくは心から感謝します。
ありがとう。

ぼくはまた小説へ戻ります。

お返事が出来なくてごめんなさい。
ぼくは心から謝罪します。
あなたの言葉はぼくの携帯電話に届いています。
ありがとう。

追伸。小説は、ぼくが18歳の頃の話です。
ぼくは六歳年上の女性とつきあっていました。
彼女に出会わなければ、今のぼくはありませんでした。
何かを学ぶとき、そのほとんどは辛い出来事なのかも知れません。
しかし、ぼくは素敵なエンディングを用意しました。
しかし、それはあまり大げさではありません。

失うもの。得られるもの。
それらはいつも同等なのだとぼくは考えています。
ぼくはまた書き続けます。

|

2006.05.21

Let's meet at time of this of tomorrow.

Let's meet at time of this of tomorrow.
I still have the photograph in 1500 Italy or more.

However, I am still writing a novel. I cannot answer. I apologize sincerely. I'm sorry.

Let's meet at time of this of tomorrow if you have time.
:)
I up-load five photographs.

明日のこの時間に会いましょう。ぼくはまだ1500枚以上のイタリアの写真を持っています。しかし、ぼくはまだ小説を書いています。ぼくはお返事が出来ません。ぼくは心から謝罪します。ごめんなさい。

もしも、あなたにお時間があれば、明日のこの時間にお会いしましょう。
:)
ぼくは五枚の写真をアップロードします。

|

2006.05.17

ずっと

ひとりでやってこられたんだから、これからだって変わらない..

ぼくがさ、支えてくれた人たちをほんとうに忘れてしまっていると思う?
もしも、そう思われるのなら、きっとぼくの努力が足りないんだね..

小説、写真、コラージュ..そんなのに向かってるときってさ、ほんと逃げ出したくなってくる..

いまだから言えるけど、東京ビッグサイトのは、話があったときは、飛び跳ねて喜んだけど、あのとき、もうほんと一ヶ月後っていう限られた時間しかなくって一週間前になったときもまだイメージが湧いていなくて、ほんとすっぽかそうかと思ってたよ..
これは、ほんと ..

それでも、音楽聞きながら、ホームセンターの中をぶらぶらしていて、ばったり素材を見つけた瞬間、一気にイメージが浮かんできた。
やるからにはさ、やっぱりギャラリーの期待に応えなきゃって、普通思う。
もちろん、それ以前に、自分の欲しいもの、っていうのが大前提だけど..

それで、三日間ぐらい部屋に閉じこもって、作ったのが、今回展示する作品..

いちどさ、白紙に向かって、自分の描きたい物を描いてみるといい..
文字でも、絵でも、なんでもいいよ..
なんでもいい、っていうのが結構、きつい..

こういうぼくの気持ちが、たぶん、作品に込められていて、それで、ビッグサイトも良い結果を生んだのだとぼくは思ってる。
ビッグサイトだけでなく、デザインフェスタのときだって、来てくれた人にはほんと感謝している..

でもさ、いろんなしがらみなんかが生まれてさ、それに振り回されるぐらいなら、来なくていいのね..
こう書く事が、ぼくの傲慢だと思うのならば、なおさら、分かり合えていないので、いっそう来なくていい..

たとえば、最近の子供の運動会に順位がないような時代。
それを、ほんとうの優しさだと思うのならば、ぼくは作品を見て欲しいとは思わない。

こんなことぼくに書かせて、自分が子供だとは思えないのかな..
くだらなすぎるよ..

ぼくはこれまでどおり自分を信じるし、もしもぼくを信じてくれるのなら、ぼくはきっと期待に応えられるはず..
すくなくともベストは尽くす..
ぼくの気持ちは、作品で返す。
そんなのあたりまえだよ..

おやすみなさい..


Ov

|

2006.05.14

Pepper's Project Exhibition.

Printi2

Pepper's Project Exhibition.

>> printing iii


Place.

Pepper's Loft Gallery 4F


Date.
2006.
May 29th ~ June 3rd.

Address in exhibition place.
http://www.peppers-project.com/loft/en/index_en.htm


My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

stealaway@hotmail.com


The final day is Saturday.
I am on the final day.
Please come to play if you have time.
:)


Postscript.
I am still writing a novel. I cannot answer yet.
I'm sorry.

Your word has reached my cellular phone. Thank you.
:)

::::::::::::::::::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

ぼくは上記の展覧会へ参加します。

最終日の土曜日、ぼくはその場所へ一日中いる予定ですが、たぶん、小説を書いているので、近くの喫茶店かなんかにいます。
もしも、お会いするようでしたら、事前にメールをいただくか、スタッフの方になんとかお願いして会場へすぐに戻れるようには、努力したいと考えています。

作品は、去年の東京ビッグサイトで床に展示した二つの作品です。

写真を使ったコラージュです。

ひとつは、横長です。
横2m、縦、1m
もうひとつは、
縦2m、横1m。

もしも、お時間があるようでしたら、お気軽に遊びに来てください。

追伸。
ぼくは銀座っていう場所には、ほんとひさびさにお邪魔します。

銀座のイメージって、【銀座カレー】の影響のせいか、カレーしか頭に浮かばなくて、しかもそれがやけに高いような気がしてなりません。

カレー、一杯、2,500円とか。。。。
なんのためらいもなく、このくらいヤラれそう、、、

当日は、自分なりに贅を尽くして、食って遊んじゃいます。
:)

ぼくは、いつもどおりの格好です。
黒の短パンで、白の長袖Tシャツ。
(いつもの白黒のボーダーではありません。あのボーダーは、アニエスb.のです。現在は、生産中止のようです。今は太いのをメインに、さばいてるようですよ。)

アディダスの黒スニーカー。
これっていつもの写真の格好なのですが、
今回は、黒の飾り気なしのベースボールキャップでお邪魔します。
色褪せたキャップで、これ、けっこう、気に入っています。
それから、黒のキャンバス地のショルダーバック。無印で1500円ぐらいでした。

値段に関わらず、気に入ったシャツとか靴とかは、大事にしていて、死んでからも棺桶にいれて欲しいなと..願わくば、なんですけど..

あと、伸ばすつもりはなかったのですが、三ヶ月ぐらい髪を切りに行く暇がなくって、伸び放題です。
が、月曜に切ります、が、せっかくなので、長髪を維持する予定なので、当日は、ベースボールキャップから、はみ出ているかもしれません..
:)
何年ぶりかのゴージャスな銀座に、
こんな格好でごめんなさい、水平チョップくらわすようで..

パーワーブックは持って行きません。
重いから。
バイオか、NECのモバイルギアを持って行く予定です。
やっぱり書かなきゃ。文庫本もいつも五冊は持って歩いています。
カメラも持って行かなきゃ。

また、小説の世界へ引きこもります。
:)
お知らせでした。
:)

|

2006.05.07

' You drive me crazy.'

The novel that I am writing now tries to compose the novel that has already been written for
ten years or more ago again again.
I at that time did not have the technology that was able to beat the key either, and it wrote
with the fountain pen single-mindedly and it hit it.
It is just 250 pieces in the manuscript paper of 400 characters.
For previous in the deadline one week of the public advertisement. I kept writing without sleep.

If it is not completed, the novel is a free wastepaper.
It is necessary to review it many times without relaxing one's efforts up to the last one line.

However, I at that time had neither such a technology nor perseverance.
It doesn't change still writing this text.

The novel was able to be thrown out at any time.
It is likely to be able to have a load taken off one's mind very much if it is possible to
run away from painful written toward my weakness from the front.
I was having the pen run while shaking to such a sweet temptation many times.
Still, feelings alone without grounds that it was necessary to finish it up became support.
She loved by chance is forgotten because it finishes it up.
I believed so.
However, it is writing thus after all also now.
However, it cannot be thought that it is a negative idea.
Now of me has not been brandished in the past but the past still supports me and it exists.
It is possible to write by thus opposite.
I feel it so while tracing an old novel now.

Time of four years had already passed from the novel that I had
finished up at the end.
It is felt strongly that it was a very long blank.

I never part from flog.
Hereafter, my photograph will develop mainly flog.
However, I want me to give time only a little.
It doesn't exist if there is no flog now of me.
A lot of people's comments supported me really all over the world all over the
world.
I of today do not exist if there is no comment of you.
I know it well.
I am sure to change the gratitude into the work and to be delivered by you.
My photograph. My ....small.. pleasure.. .My design.
They are sure to answer your expectation.
I should hope to become it so, and I write for that.

I will complete the novel and continue flog.
I never part from flog.
One photograph is only one line of the novel.
I cause thinking for a long time so, and think so now.
Thank you for always seeing my photograph.
I wish sincerely to express my gratitude.

Postscript.
To the people who said that it will like my photograph.

Title of photograph. ''''' You drive me crazy.'''''...1/1

::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

ぼくが今書いている小説は、もう10年以上も前に書いた小説をもう一度再構成し直しているものです。
当時のぼくには、キーを叩けるような技術もなく、ひたすら万年筆で書き殴っていました。
400字詰めの原稿用紙でちょうど250枚。
公募の締め切り前の一週間。ぼくは眠らずに書き続けました。
小説は完成させなければ、ただの紙くずです。
最後の一行まで、気を緩めずに何度も見直さなければなりません。
しかし、当時のぼくにはそのような技術も根気もありませんでした。
それは、これを書いている今でもさして変わらないかもしれません。

小説なんて、いつでも放り出せました。
真正面から自分の弱さに向って書き連ねる辛さから逃げ出せたら、どれだけ気が楽になれるのだろう。
ぼくはそんな甘い誘惑に何度も揺れながら、ペンを走らせていました。
それでも、仕上げなければならないという根拠のない気持ちだけが支えになっていました。
仕上げることで、ひょっとしたら大好きだった彼女を忘れられる。
ぼくはそう信じていました。
でも、結局はこうして今もまた書いています。
しかし、それがネガティブな考えだとは思えません。
ぼくの今が、過去に振り回されているのではなく、過去が今もなおぼくを支えてくれている。
だからこそ、こうして向き合って書く事ができる。
ぼくは今、昔の小説を辿りながらそう感じています。

ぼくが最後に仕上げた小説からもう四年という時間が過ぎていました。
それはとても長いブランクだったと、痛感しています。

ぼくはflogを決して離れません。
ぼくの写真は、これからもflogを中心に展開して行きます。
ただ、少しだけぼくに時間を与えてほしいのです。
ぼくの今は、flogがなければ、存在していません。
世界中の、本当に世界中の、多くの人たちのコメントがぼくを支えてくれました。
あなたのコメントがなければ今のぼくは存在していません。
ぼくはそれをよく知っています。
この感謝の気持ちを、ぼくは作品としてあなたに届けられるはずです。
ぼくの写真。ぼくの小悦。ぼくのデザイン。
それは、きっとあなたの期待に応えるはずです。
ぼくはそうなることを望んでいますし、そのためにもぼくは書かなければなりません。

ぼくは小説が完成したら、またflogを続けて行くつもりです。
ぼくはflogを決して離れません。
一枚の写真は、小説の一行に過ぎない。
ぼくはずっとそう思って来たし、今もそう思っています。
いつもぼくの写真を見てくれてありがとう。
ぼくは心から感謝しています。

追伸。写真のタイトル。ぼくの写真を好きだと言ってくれた人たちへ。

Title of photograph. ''''' You drive me crazy.'''''...1/1

::::::::
ここから下は、日本の方に向けて書きます。
ぼくの小説は、当時に書いたものよりもかなり絞っています。紙面の量が限られているからです。
ぼくの本は、英語が中心になります。ただ、最後の2ページから4ページほどを日本語に費やそうかと考えています。
また、小説の内容は、出来る限り本に掲載しようと考えてはいますが、万が一、その量がオーバーした場合は、
ネット上にアップしようと考えています。
しかし、そのアドレスは、本にだけ掲載します。
だから、本を購入してくれた人は、その場所へアクセスしていただき、ダウンロードが可能になります。

小説が完全に完成するまでは、その内容をアップするのはやめようと考えていたのですが、
すこしだけ、アップします。
下の文章はまだ未完成です。
もしも、これから小説を書こうとする人がいて、以前のメモと比べたりして、参考になったりしたらぼくはそれはそれで嬉しいです。

それから、来年の三月に行う個展の期間が、会場を管理されている方の好意で延長になりました。
当初は三日間の予定でしたが、七日間に変更になりました。また詳細はここでご報告します。
関係者の方、ほんとうにありがとうございます。

:::::::::::::::::::::::::

unforgettable.
-you are looking for you,
in your time. // All pictures ,short story, & design by XXXXXXX(honmyou)


登場人物は四人に絞りました。

上村 香織 24才
省略(ぼくは香織っていう名前の響きにやけにこだわっています。別につきあったこともないんだけど..昔に書いた話にも香織さんは登場してました。当時に読んでくれた人、ありがとう。)

ケイ 18才 予備校生。
省略

里佳 18才 帰国子女 親にいわれ、日本の大学に入学し直すために予備校へ通っている。
ポジティブ。スポーティ
4月からずっとケイにつきまとっている

北野 
ラジオ局プロデューサー
妻子あり。年収1000万をゆうに越えている。アルマーニのシャツを違和感なく着こなしている。

省略。

2
 なまぬるい風が頬を舐めた。風は、いったん大きく下がってカーテンの裾を膨らませると、再びぼくの頬をかすめて通り過ぎ、クローゼットの脇の壁に浮き上がったしみにつたって滑り落ちた。シーツに浮かんだ香織の細い爪先が、それに突かれたように向きをかえた。
 まだ光らしい光に満たない、輪郭の曖昧な部屋の中で、剥げたペディキュアの端が薄く光った。静かな光だった。
「いま、何時かな…」
「たぶん、五時くらいだよ…」
 ほんの数分前、香織がまだ浅い寝息を立てているときだった。ゆったりカーブを抜けてゆく電車の軋んだ音が、申し訳なさそうに通り過ぎて行った。すぐにも次の電車がやってきそうな気配もなかったので、たぶん、始発辺りなのかもしれない。身の抜けた、やけに軽い音だったのでひょとしたらただの回送ということもある。
 どちらにしても、まだ街は青に覆われ、深く沈んでいた。カーテンの裏に張りついた影の先で雀の群れがざわめいている。
 香織はブランケットの端をもどかしそうに口元までたぐり上げると、疲れの滲んだかすれた声で言った。
「仕事…行かないと…土曜日って、授業はないの?」
「あるけど…休もうかな…」
「だめだよ、ちゃんと行かなきゃ…」
「仕事なんてさ、適当なこと言って休めばいいんだよ…」
ぼくは香織の背に向って投げやりに答えた。
 香織のうなじにはうっすらと汗が滲んでいた。(ぼくは吸い寄せられるように人差し指の腹ですくってみる。)朝もやに濡れた葉のようで、澄んだ汗の滴が心地よかった。夕べのくすぶった喧噪が嘘のように消えていた。女性の体にはそんな作用が働いているのかもしれない。
「いっしょにいようよ…」
 まだ昂っている気持ちを押さえつけながらぼくがそういうと、香織はそっとブランケットを払った。目蓋を両手でこすりあげ、小さなあくびをひとつ膨らませた。陰っている彼女の目の淵には夕べのアルコールが残っていた。淡いブルーのアイシャドウがほんの少し滲んで、目尻に沿って流れた。
  それから、おはよ、と微笑んだ。あどけない顔だった。まだ焦点の定まらない香織の潤んだ目に、ぼくはあらためて目の覚める思いがした。化粧の薄れた香織の素顔に、胸の奥で緩んでいたボタンが締めつけられたようだった。緊張で凝り固まっていた部屋の空気がふいに溶け出した。
「わたし、今度のイベント、大きいの…だから外せないよ…テレビ局が主催なんだ…」
 夕べ、渋谷のバーで飲んでいたときにも香織はときどき触れていたが、ぼくもすでにそれを知っていた。電車の中刷りには当然のように張り巡らされていたし、新聞の広告にも全面で打ち出されていた。何よりもブラウン管の中で執拗にまくしたてていたのが、ぼくの頭の裏にまでこびりついている。
 何段階かの選考を通過した香織はそこでマイクを握ることになっていた。総合司会のようなもので、彼女の受け持ちは大勢の子供たちを相手にゲームに夢中にさせるといった巧みな話術が要求されるものだった。それだけでなく、子供たちにもとっつきやすい容姿も欠かせないのだが、ぼくはそこに集まる男親の視線が気になった。彼らの些細な要求にも香織は間違いなく答えなければならない。野暮ったい親父どもに従属するような香織の立場にぼくは苛立ち、事が起こる前から嫉妬していた。
 そんな女性を初めての人として一晩過ごせたことが男のぼくにはわずかな優越感を与えてはくれていたけれども、それを引き換えに、これから香織が多くの男たちの目にさらされるのかと思うとぼくはやはり気が気ではなかったし、どこか遠い、グラビアの中のような存在にも感じてならなかった。

省略。

後部の扉が開き、香織はすんなり乗り込むと、奥からシートを軽く叩いてぼくを呼び寄せた。
「乗って」
「どこに?」
「新宿だったよね? ケイの部屋って」
うなずいたの確認すると、香織は慣れた口調で運転手に告げた。
「聞いてた場所まで」
ぼくには唐突で、足がすくんでいた。 熱気の抜けないアスファルトに溶け込んでしまったようにぼくの足は固まっていた。ぼくはたじろいだ。いざ、自分の秘めていた夢が叶いそうになったりすると、急に怖じ気づいた。渋谷の、夜空一面に跳ね返った七色の灯りが一息に集束し、低く沈んで迫って来た。
「早く」
業を煮やした香織は、いったんタクシーを降り、棒立ちのぼくに歩み寄ると、膝を軽く折って額を寄せた。彼女の瞳が、すぐにも触れそうなほどぼくの目の前にあった。
《誰かのために生きている人間は、いつか誰かのせいにする。まずは自分のコップに飲みたい水をしっかり満たせば、いつかは溢れる。それが誰かのために何かができるっていうことだと思うんです》
それはぼくの書いた言葉だった。ぼくは顔を上げた。香織の目には、喧噪の失せたイルミネーションが幾重にも重なりあって、走っていた。艶やかに錯綜してゆく光の筋は永遠に尾を引いていくかのように見えた。優しく、どこまでも追いたくなるような、そんな光だ。

省略

「シャワー、借りるね」
 アパートの扉から、ベッドのすぐそばまで点々と服が散らばっている。冷蔵庫の前には、玄関で脱ぎ捨てたはずのコンバースとハイヒールが重なり合って転がっていた。そのすぐ脇には襟のくたびれたヘインズのTシャツ、擦り切れた501、薄手の黒のブラウス、それから絡まったストッキングの上にぼくの褪せたトランクスが乗っている。なぜだか彼女の黒いスーツは、正確に二つに折り畳まれ、ぼくのギターのヘッドに掛けられていた。フェンダーの流線形のボディがいっそう滑らかに見える。香織の丸みを残したショーツはぼくのすぐ手元に転がっている。
 ぼくらは夕べ、部屋に着いたとき、シャワーも浴びずに抱きしめ合った。開いた扉が閉じる前だった。
 汗にはいろんものが混じっていた。ほとんどはアルコールの匂いだったが、彼女の甘い香りには微かに排気ガスのくすんだ匂いも混じっていた。たぶん、ぼくの汗にはもっといろんな匂いが含まれていたかもしれない。

省略

 八時前の教室には、まだ人影がまばらだった。窓辺に沿って、まばゆい光が落ちている。何年も退屈な時間を過ごして来た机の上には、ガラスを透かした光の粒が至るところで静かに散っていた。
 ぼくは昨日と同じように教壇から真正面の二列目の席に座り、再び眠りについた。ヘッドフォンの奥からは、アールクルーの柔らかいナイロン弦が、夕べの出来事を優しく包み込むようにしてつま弾いている。
「ちゃんと授業に出なきゃだめだよ、それからまた夜にね」
 電車の扉が閉じる瞬間、香織は周囲に気を払いながら、小さく手を振った。
それでもぼくには朝の車内の視線がいっせいに突き刺さっていた。夜にね、という言葉に誰もが反応したのだと思った。ぼくは照らうことなく、手を振り返し、香織を乗せた電車を見送った。
 今夜も香織に会えるのかと思うと、ぼくの口元は自然に緩んだ。
「だれ、あの人。にやけちゃっていやらしい、すっごい不潔」
 ふいに里佳の声が落ちて来た。甲高い声だった。ほとんど眠っていないぼくの神経を十二分に煽った。
「あっち行けよ」
ぼくはあごの先で、背後へ促す。里佳は抜き取ったヘッドホンをぼくの顔に向って放り投げると、ますます唇を尖らせた。陽を受けたエナメルの白いバックが目にまぶしかった。
「ねぇ、朝のホームでバイバイってさ、やっぱり違和感たっぷりだよね?」
「違和感って?」
「一晩、いっしょだったの? 」
ぼくは無視して俯した。答える必要なんてまるでないし、とにかく億劫だった。 
 里佳は四月の、授業の始まった当初からぼくにつきまとっている。予備校という場所は、ほぼ男子校に近いものがあり、そんな中で、同年代の女の子たちは、貴重な陶器のような存在だった。何人かが里佳の陽気な様子に声をかけていたらしいが、里佳はまったく興味を示さず、ひたすらぼくの隣に座り続けた。それには理由があるのだが、たいしてぼくには意味のなさないものだった。
 まだ新しい教室に馴染めずに、とりあえず窓際の席に座っていた頃だ。すでにほとんどの席が埋め尽くされていた教室へ遅れて入って来た里佳は、たまたまぼくの隣に座ったのだった。窓の外で、首をもたげた鳩の背中をスケッチしていたぼくの絵を、挨拶がてらに勝手に覗き込んだ里佳は、わたしの絵も描いて、となんの躊躇いもなく初対面のぼくに頼んだのだ。
 あまりにも自然で、不作為な態度だったので、ぼくもなんとはなしにシャーペンを走らせた。
一分もかからずに仕上げた絵を見ると、里佳はしばらく言葉をなくしていた。それから、ぽつんとこぼした。
「これって..あたしなの? すごいきれい..」
里佳は仕上がった絵の線を丹念に撫でていた。

省略。

::::::::::::::::::::::
書かなきゃ..
きりがないのでもうアップしません。

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »