« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.31

I have written a novel.

Title.

"I am fine. "

I am hardening the image of the book now.
I have written a novel.

However, it was not writing for a while.

Recently, my word began finally to start.

The image of the book is not only a photograph.
My text and design become subjects.

Ending always floats most first when I write a novel.

The ending has finally come into view.

I was waiting for it for a long time.

I am writing the text now.


I am always writing strange English.
It is Japanese for the translation.

Translation of my book.

She supports it.

yuming-san.

It is sure to be supported by her, and to transmit my word to you.

I am energetic.

I'm sorry that the answer cannot be written.

I never stop flog.

I am for a long time here.
I promise.

I wish to express my gratitude always sincerely.
Thank you.
:)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Theme of exhibition.

'' Lonesome For A Place I Know. ''


Place.
Kawamura Memorial Museum of Art.
http://www.dic.co.jp/eng/museum/


2007.
March 23. Friday.
12:00PM-4:00PM.
March 24. Saturday.
10:00AM-4:00PM.
March 25. Sunday.
10:00AM-4:00PM.

My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

::::::::::::::::::::::::::::

タイトル。「僕は元気です。」

僕は今、本のイメージを固めています。
僕は小説を書いてきました。

しかし、しばらく書いていませんでした。

最近、やっと僕の言葉が走り出しました。

本のイメージは、写真だけではありません。
僕のテキストとデザインが主体になります。

僕が小説を書くときは、いつもエンディングが一番最初に浮かんできます。

そのエンディングが、やっと見えてきました。

僕は、それをずっと待っていました。

僕は今、テキストを書いています。


いつも僕は妙な英文を書いています。
それは、翻訳用の日本語です。

僕の本の翻訳。

それは彼女が支えてくれます。

yuming-san.

僕の言葉は、彼女に支えられて、あなたに伝わるはずです。

僕は元気です。

お返事が書けなくてごめんなさい。

僕は、flogを決してやめません。

僕はずっとここにいます。
僕は約束します。

僕はいつも心から感謝しています。
ありがとう。

|

2006.03.30

Theme of exhibition.

Theme of exhibition.

'' Lonesome For A Place I Know. ''

Photo_2

Place.
Kawamura Memorial Museum of Art.
http://www.dic.co.jp/eng/museum/


2007.
March 23. Friday.
12:00PM-4:00PM.
March 24. Saturday.
10:00AM-4:00PM.
March 25. Sunday.
10:00AM-4:00PM.

My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

::::::::::::::::::::::::::::

Postscript.

I'm sorry that it is not possible to answer.
I write in return as much as possible.

Please give time to me.
I also have gathered the image of the book.

I apologize sincerely.
Thank you really for always seeing my photograph.

I wish sincerely to express my gratitude.
Please give time to me for a while.
I'm sorry.


展覧会のテーマ。
'' Lonesome For A Place I Know. ''

場所。
千葉県佐倉市川村美術館。
http://www.dic.co.jp/eng/museum/

2007年。
3月23日。金曜日。午後12時から午後4時。
3月24日。土曜日。午前10時から午後4時。
3月25日。日曜日。午前10時から午後4時。

追伸。お返事が出来なくてごめんなさい。
僕は出来る限り、お返事を書きます。
僕に時間をください。
僕は本のイメージも固まってきました。
僕は心から謝罪します。
いつも僕の写真を見てくれて本当にありがとう。
僕は心から感謝しています。
しばらく僕に時間をください。
ごめんなさい。

|

Theme of exhibition.

Theme of exhibition.

'' Lonesome For A Place I Know. ''


Place.
Kawamura Memorial Museum of Art.
http://www.dic.co.jp/eng/museum/


2007.
March 23. Friday.
12:00PM-4:00PM.
March 24. Saturday.
10:00AM-4:00PM.
March 25. Sunday.
10:00AM-4:00PM.

My address.
http://www.fotolog.com/stealaway/

::::::::::::::::::::::::::::

Postscript.

I'm sorry that it is not possible to answer.
I write in return as much as possible.

Please give time to me.
I also have gathered the image of the book.

I apologize sincerely.
Thank you really for always seeing my photograph.

I wish sincerely to express my gratitude.
Please give time to me for a while.
I'm sorry.


展覧会のテーマ。
'' Lonesome For A Place I Know. ''

場所。
千葉県佐倉市川村美術館。
http://www.dic.co.jp/eng/museum/

2007年。
3月23日。金曜日。午後12時から午後4時。
3月24日。土曜日。午前10時から午後4時。
3月25日。日曜日。午前10時から午後4時。

追伸。お返事が出来なくてごめんなさい。
僕は出来る限り、お返事を書きます。
僕に時間をください。
僕は本のイメージも固まってきました。
僕は心から謝罪します。
いつも僕の写真を見てくれて本当にありがとう。
僕は心から感謝しています。
しばらく僕に時間をください。
ごめんなさい。

|

2006.03.27

"I hold the exhibition again. It is 2007. "

Title.

"I hold the exhibition again. It is 2007. "
1/1 (milan shot)

Details are written later.

The place of the exhibition is the following.

http://www.dic.co.jp/eng/museum/index.html

Postscript.
The photograph of today edited the following photographs.
http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=10892330

:::::::::::::::::::::::::::::::

I went to Milan last summer.
The photograph is the following.

http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=10892330

:::::::::::::::::::::::::::::::
Postscript.
I held the exhibition October and last November.
Z....It is a photograph not announced in my exhibition.
:::::::::::::::::::::::::::::::

Text of expressing gratitude for Tokyo Big sight.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2005/12/_change_your_si.html
::::::::::::::::::
::::::::::::::::::

Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

PS::I was not able to write the answer on several sites.
I'm sorry. It is not malicious to me.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2006/01/broken_shutter_.html
:::::::::::::::::::

I write the answer of this photograph.
I write in return while enjoying the world.
:)
I might not be able to write a lot of answers.
I'm sorry.

http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=13935352

タイトル。「僕はもう一度展覧会を開催します。それは、2007年です」

詳細は、後日書きます。


展覧会の場所は、以下です。

千葉県佐倉市川村美術館

http://www.dic.co.jp/eng/museum/index.html

追伸。
今日の写真は、以下の写真を編集しました。


僕は、この写真の返事を書きます。
僕は世界を楽しみながらお返事を書きます。
僕はたくさんの返事は書けないかもしれません。
ごめんなさい。
http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=13935352

|

'' Break time.

Title.
'' Break time.
It is a photograph of the sightseeing spot.
It took a picture for parents.'',,,,,,Z

1/1


I will up-load the photograph tomorrow.

At that time, we will write in return in yesterday's photograph.
It is not possible to write in return today. I'm sorry.
Thank you for always seeing my photograph.


Postscript.

About yesterday's photograph.
I have applied the title concerning the body without taking it too seriously. I apologize sincerely.
I give priority and have written the title. I'm sorry.

Postscript.

I have finally gathered the image of the book on this weekend.


タイトル。「ブレクタイム。観光地の写真です。両親の為に撮影しました。」


僕は、明日写真をアップロードします。その時に昨日の写真にお返事を書きます。
今日は、お返事を書くことが出来ません。ごめんなさい。
いつも僕の写真を見てくれてありがとう。

追伸。昨日の写真について。僕は、軽い気持ちで体に関するタイトルをつけてしまいました。僕は心から謝罪します。僕はタイトルを優先して書いてしまいました。ごめんなさい。

追伸。僕は、この週末に、やっと本のイメージが固まってきました。

|

2006.03.24

'' TOO FAST,TOO FAT ''

Title. '' TOO FAST,TOO FAT ''

タイトル。'' TOO FAST,TOO FAT ''

|

2006.03.23

"Passage in subway"

Subtitle. "Passage in subway"......Z
12/12

milan shot.


Image of 12 photographs.

Do you know this tune?

I listened to his tune recently.


''' James Blunt - You're Beautiful '''

I saw an angel.
Of that I'm sure.
She smiled at me on the subway.
She was with another man.
But I won't lose no sleep on that,
'Cause I've got a plan.

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
I saw you face in a crowded place,
And I don't know what to do,
'Cause I'll never be with you.

Yeah, she caught my eye,
As we walked on by.
She could see from my face that I was,
F**king high,
And I don't think that I'll see her again,
But we shared a moment that will last till the end.

You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.
I saw you face in a crowded place,
And I don't know what to do,
'Cause I'll never be with you.
You're beautiful. You're beautiful.
You're beautiful, it's true.

There must be an angel with a smile on her face,
When she thought up that I should be with you.
But it's time to face the truth,
I will never be with you.

http://www.seeklyrics.com/lyrics/James-Blunt/You-re-Beautiful.html

サブタイトル。「地下鉄の通路の中で」

あなたはこの曲を知っていますか?

12枚の写真のイメージ。

僕は、最近、彼の曲を聴きました。

James Blunt - You're Beautiful

僕は天使を見た
間違いないよ..

地下鉄で僕に微笑みかけた
彼女は彼と一緒だった

でも、そんなこと僕は気になんてしない..

きみはきれいだ
きれいだよ..

きみはきれいだ..
ほんとうだよ..

人ごみの中で、きみを見つけた
ぼくはどうしたらいいのか、わからなかった..
きみとつきあうことはできないんだね..

きみはきれいだ
きれいだよ..

きみはきれいだ..
ほんとうだよ..

微笑んだ天使をきみに見たんだ
それが、きみとの出会いの合図
でも、ぼくは現実をみつめなきゃいけない..

きみとつきあえないっていうことを..

|

2006.03.22

"You have the umbrella though it clears up. "

Subtitle.
"You have the umbrella though it clears up. "......Z

11.5/12

venice shot.


You are carrying big luggage.

Still, you have an umbrella.

Though it clears up so much......


サブタイトル。「晴れていても、君は傘を持っている」


君は、大きな荷物を抱えている。
それでも、君は傘を持っている。
こんなに晴れているのに...

|

2006.03.21

'' No face.''

サブタイトル。'' No face.'' ....Z

11/12

milan shot.

but,I captured her face.


しかし、僕は、彼女の顔を捕まえました。

:)

|

2006.03.20

'' Sticky Fingers. SECOND.''

Monday that becomes cloudy. However, the news of which it clears up.


Title.

'' Sticky Fingers. SECOND.''

They are in Japan now.

They suddenly announced a new album.

I am the most favorite album.

If such an album is put on the market, I am very glad.

This is my joke.
:):):)

You must not keep serious.
:)


I like age of Mick Taylor.
:)


However, it has already ended.

'' You Can't Always Get What You Want.''

Postscript.
It took a rest from the photograph today.


曇った月曜日に、晴れたニュースです。

タイトル。'' Sticky Fingers. SECOND.''

彼らは今、日本にいます。

彼らは、突然、新しいアルバムを発表しました。

僕が一番好きなアルバムです。

こういうアルバムが発売されたら、僕はとても嬉しいです。

これは僕の冗談です。

あなたは本気にしてはいけません。

僕は、Mick Taylorの時代を一番好きです。

しかし、それはもう終わっています。

''You Can't Always Get What You Want''
君が欲しがるときに、いつも手に入るとは限らない。

追伸。今日は、写真を休みました。

|

2006.03.19

'' working now.

Subtitle.

'' working now.
what do you think?
Worry of work.

Yesterday's failure. Or, is it her met tonight? ''.......Z

10/12

milan shot.

サブタイトル。「勤務中。あなたは何を考えていますか? 仕事の心配。昨日の失敗。それとも、今夜会う彼女のこと?」

|

"Public telephone that no one uses in babel"

Subtitle. "Public telephone that no one uses in babel"....Z
5/12

venice shot.


Subtitle. "Person who walked in underpass"....Z
6/12

milan shot.

Subtitle. "Empty juice"....Z
venice shot.

7/12

Subtitle. "She who doesn't go over the road"....Z
8/12

milan shot.


Subtitle. "Man who goes over the road"....Z
9/12

milan shot.

サブタイトル。「喧噪の中の誰も使わない公衆電話。」

サブタイトル。「地下道を歩いて行った人。」

サブタイトル。「空っぽのジュース。」

サブタイトル。「その道を渡らなかった彼女。」

|

2006.03.18

"Children in intersection and shines in evening"

Subtitle.

"Children in intersection and shines in evening"....Z
4/12

milano shot.


サブタイトル。「交差点の子供たちと夕暮れの輝き。」

|

2006.03.17

"Street corner just like yesterday"

Subtitle. "Street corner just like yesterday"....Z
3/12

milan shot.
サブタイトル。「昨日と変わらない街角。」

|

2006.03.16

The stairs of scribbling.

Subtitle.
'' The stairs of scribbling. Elderly person who was stopping......Z

2/12

milan shot.

サブタイトル。「落書きの階段。佇んでいた老人。」

僕は、昔の写真に少しずつ返事を書いています。ごめんなさい。日本は今、午前12時46分です。おやすみなさい。

|

2006.03.14

"Dash"

Subtitle. "Dash"......Z
1/6


I had the question.

I write again.

I went to Milan in Italy last summer.
The period is the following.

Day when Japan was left. July 15.
Day when it arrived at Japan. July 22.

I passed in the airport in Britain.

Actual period when it stayed.
It will be done in five days.

I have inhaled the scenery of Milan into a full chest.
It was happy.
I write again.

Thank you.
Milan.


サブタイトル。「疾走」


僕に質問がありました。

僕はもう一度書きます。

僕は、去年の夏にイタリアのミラノへ行きました。
その期間は以下です。

日本を出発した日。7月15日。
日本へ到着した日。7月22日。

イギリスの空港を経由しました。

実際に僕がミラノへ滞在した期間は、5日間です。

僕はミラノの風景を胸いっぱいに吸い込んできました。
楽しかったです。
僕は、もう一度書きます。

ありがとう。
ミラノ。

|

2006.03.13

I had earthbound bird's eyes.

Subtitle. "You who is halting with crosswalk"......Z
2/6

milan shot.

Subtitle. "Person who was waiting for someone"....Z
3/6

milan shot.


Subtitle. ''The outside wall of Duomo. It is every day of you...Z
4/6

milan shot.


Subtitle.
'' Crowded station. You are not fastening the face of the person who passes each other in the nature.''.....Z
5/6

milan shot.


Subtitle.
"I am not when I lose sight of myself. "
6/6

Image of six photographs.
Musician in Japan.
It excerpted it from the poetry of toshikikadomatsu.


I had earthbound bird's eyes.
I am always frightened because of something.

Every day like cool tea that doesn't smell.
Such every day takes you and it turns round and round.

*********************************************************
I issue a book.
Time passed fairly after I had written so.
I write here because there are a lot of people who worry about it.

I surely publish it.
There is no problem anywhere.

I like to speak, and like to write.

However, it is not as foolish as my idea is written here.

I have cut the person in Japan that is related up to now into the
report.
The reason is that I want to concentrate on the work.

Such man might be in your surroundings, too.


I am acquainted with the person of the publisher.
I am a friend of the staff of the movie company.
I am celebrated actor's friend.
I am a friend of a famous photographer.
I am working for a famous magazine house.

I do not believe such man.

If they say so, I have changed Tom Cruise's diaper.
:)

There is no man that man who relies on his title has the talent.
It is like admitting that himself doesn't have the talent by man who is flashing his
title.

Man who has himself clear it seem shows deference to others.
Reason why they show deference to others.

The reason is one.

It is because of wanting oneself the inside absorption.
They want to receive stimulation.

Therefore, man who doesn't show deference doesn't grow up indefinitely.


I am being supported by wonderful people.
However, the report with them has been cut.
The reason is that I should concentrate on the work.
Person who understands it and is.
They are the people who support me by it and are.

Staff of publisher. Person who supports me and is.
mr.VuA.
yuming-san.

They are looking at this site.
There is no problem anywhere.
I am strong and it doesn't exist.
I am very energetic.

Are you acquainted of the celebrity?

So, what ?
:)
**********************************************

サブタイトル。「横断歩道で立ち止っている君」

サブタイトル。「誰かを待っていた人。」

サブタイトル。「Duomoの外壁。それは、君の毎日だ。」

サブタイトル。「混み合った駅。すれ違う人の顔を君は気にも留めていない。」

サブタイトル。「僕は自分を見失ってはいません。」


六枚の写真のイメージ。
日本のミュージシャン。toshikikadomatsuの詩から抜粋しました。

飛べない鳥の目をしていた。

何かにいつも怯えている。


冷めた紅茶みたいな香りのない毎日が

君を乗せてぐるぐる回る。

::::::::::::::::::::::::::::::::

僕は本を出版します。
僕がそう書いてから、随分時間が経ちました。
それを心配している人たちが多いので、僕はここに書きます。

僕は間違いなく出版します。
問題はどこにもありません。

僕は、話すことも好きだし、書くことも好きです。

しかし、自分のアイディアをここに書くほど愚かではありません。

僕は、これまで関わってきた日本の人と連絡を絶っています。
理由は、僕が作品に集中したいからです。

あなたの周囲にこういう人間もいるでしょう。


僕は、出版社の人と知り合いです。
私は映画会社のスタッフの友人です。
僕は有名な俳優の友達です。
私は有名な写真家の友達です。
私は、有名な雑誌社に勤めています。

僕はこういう人間を信じていません。

彼らがそう言うのならば、僕はトムクルーズのおしめを取り替えたことがあります。
:)

自分の肩書きに頼っている人間に、才能のある人間はいません。
自分の肩書きをちらつかせている人間は、自分に才能がないのだと認めているようなものです。

明確な自分らしさを持っている人間は、他人に敬意を払います。
彼らが他人に敬意を払う理由。

理由はひとつです。

自分自身の内面に吸収したいからです。
彼らは刺激を受けたいのです。

だから、敬意を払わない人間は、いつまでも成長しません。


僕は、素晴らしい人たちに支えられています。
しかし、彼らとの連絡を絶っています。
理由は、僕が作品に集中しなければならないからです。
それを理解してくれている人。
それが、僕を支えてくれている人たちです。

出版社のスタッフ。僕を支えてくれている人。
mr.VuA.
yuming-san.

彼らはこのサイトを見ています。
問題は、どこにもありません。
僕はとても元気です。

あなたは、有名人の知り合いですか?

だからなんだっての?
:)

::::::::::::::::::::::::::::::

|

"Morning glow in your window"

Subtitle. "Morning glow in your window"

Six photographs are up-loaded today.


サブタイトル。「君の窓の朝焼け」

今日は、六枚の写真をアップロードします。
僕は約90分後にそうします。

|

2006.03.12

"Flower on road that fell from the third floor"

Title.

"Flower on road that fell from the third floor"......Z
1/1


Blue window. Blue car.
Red flower. Red car.
Green leaf. Green garbage box.
Yellow shirt. Gray shutter.
Gray road.

Perhaps, I think it is beautiful because it is a gray town.


Postscript.

SEX。

It is being written so.
I like it.
:)


However, it doesn't write here.

Place in this building.

It is a front of '' the last supper'' .


To young people in Italy.

Leonardo da Vinci is sure to be laughing at your sense by the nose.

It is trivial when doing in a merry sport.

Of course, there is even not an art either.

You must be doing.

It is the same as the streetlight in this photograph.

It is a light at midday.


タイトル。「三階から落ちた路上の花」

青い窓。青い車。赤い花。赤い車。緑の葉。緑のゴミ箱。黄色のシャツ。灰色のシャッター。灰色の道路。多分、灰色の街だから、きれいなんだと僕は思います。

追伸。
SEX。
そう書かれている。
僕もそれを好きです。
:)

しかし、ここに書くほどではありません。
この建物の場所。それは、有名な最後の晩餐の前です。

イタリアの若者たちへ。
レオナルドダヴィンチは、君のセンスを鼻で笑っているはずです。冗談にしては、つまらないし、もちろんアートだなんて言えない。
君たちがしていること。

それはこの写真の街灯と同じです。
真昼の灯りだ。

僕は昔の写真に返事を書くと決めています。ごめんなさい。
それは以下の場所です。

http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=13547142

|

2006.03.10

Maybe It's Love Affair

Subtitle. "Woman by putting up her finger".......Z

5/6

::::::::::::::
another shot.
cafe.
http://www.fotolog.com/cafe/?pid=14839033
:::::::::::::::::::


Subtitle. '' stopping. The stairs. Scenery red in the glass. ''.....Z

6/6

Title of six photographs.

Maybe It's Love Affair


:::::::::::::::::::::::::::::::
Postscript.
I held the exhibition October and last November.
Z....It is a photograph not announced in my exhibition.

:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::

Text of expressing gratitude for Tokyo Big sight.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2005/12/_change_your_si.html
::::::::::::::::::
::::::::::::::::::

Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
::::::::::::::::::::::::::::::

PS::I was not able to write the answer on several sites.
I'm sorry. It is not malicious to me.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2006/01/broken_shutter_.html
:::::::::::::::::::

サブタイトル。「指を立てた彼女。」

サブタイトル。「停車中。階段。ガラスの中の赤い風景。」

六枚の写真のタイトル。

Maybe It's Love Affair

(多分、それは情事です。)
翻訳サイトを使ったら、豪快な直訳でした。
:)

|

You who wants expensive bag.

Subtitle.

'' You who wants expensive bag.
The feelings are complex as well as this glass. ''......Z

4/6

milano shot.

I want to enjoy talking slowly one by one. And, I want to enjoy your daily life. I do not hope for a sublime photograph. I love scenery the same as usual of you. Thank you for always seeing my photograph.


サブタイトル。「高価なバッグを欲しがる君。その気持ちは、このガラスと同じくらいに複雑だ」


僕は、一人一人とゆっくり会話を楽しみたいです。そして、あなたの日常を楽しみたいです。僕は崇高な写真を望んでいません。僕は、あなたの普段通りの風景を愛しています。いつも僕の写真を見てくれてありがとう。

|

2006.03.09

Subtitle. "Man of cellular phone"

Subtitle. "Man of cellular phone"

I cannot write in return now.
I'm sorry.

However, I write in return from this place.


サブタイトル。「携帯電話の男。」

僕は今、お返事を書けません。
ごめんなさい。

しかし、僕は、この場所から返事を書きます。

|

2006.03.07

'' Usual spot.

Subtitle.

'' Usual spot.
Woman by passing at the usual speed.

She doesn't notice it.'' .......Z

2/6

milan shot.

I am writing in return little by little.

I decided that I defended the answer order.
I think that it is a good selection.

I enjoy flog.
:)

http://www.fotolog.com/stealaway/?photo_id=13527863

サブタイトル。

「いつもどおりの場所をいつもどおりの速さで過ぎてゆく彼女。彼女は、それに気づかない。」


僕は少しずつお返事を書いています。

僕は返事の順番を守ると決めました。
それが良い選択だと僕は思います。

僕はflogを楽しみます。

|

2006.03.06

Window on 5 PM

Subtitle. "Window on 5 PM".........Z
1/6

milan shot.

サブタイトル。「午後五時の窓。」

|

2006.03.05

"My head is not such big. "

Title.

"My head is not such big. "


....Milan shot.

However, my head is big.

I have been called a potato head by the girl met with flog before.

However, she is wrong.

My head is not a potato head.

My head is a pumpkin head.

タイトル。「僕の頭はこんなに大きくはありません。」

しかし、僕の頭は、大きいです。

以前、僕はflogで出会った女の子にポテトヘッドと呼ばれたことがあります。

しかし、彼女は、間違っている。

僕の頭はポテトヘッドじゃない。

僕の頭は、パンプキンヘッドです。

|

2006.03.04

"Man who boards train"

Subtitle. "Man who boards train"......Z
5/6

milan shot.


サブタイトル。「電話をかけている男の後ろ姿。」

|

"Back figure of a man who is calling it"

Subtitle. "Back figure of a man who is calling it"

サブタイトル。「電話をかけている男の後ろ姿。」

|

"Blue sky that had fallen in puddle"

Subtitle.

"Blue sky that had fallen in puddle"
2/6

milan shot.


サブタイトル。
「水たまりに落ちていた青空と彼女のスカート」

|

"Small light of back street"

Subtitle.

"Small light of back street".......Z

1/6

milan shot.


I up-load six photographs tonight.

I write in return little by little.

It is the following.

http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=13514531

サブタイトル。

「裏通りの小さな光。」

僕は、今夜、六枚の写真をアップロードします。

僕は、少しずつ、返事を書きます。

それは以下です。

http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=13514531

|

2006.03.03

I was angry.

I was angry.


No do matter of the reason.


However, I hope for only one understanding to you.

The photograph of today is an old photograph.

My feelings have not changed.


http://www.fotolog.com/stealaway/?pid=8469210

僕は、怒っていました。


理由は、もうどうでもいい。


しかし、僕は、ひとつだけあなたに理解を望みます。

今日の写真は、昔の写真です。

僕の気持ちは、この頃と変わっていません。

|

2006.03.02

I deleted all extra comments.

I deleted all extra comments.

You should get to know me.

I wish you sweet dreams.

僕は余分なコメントはすべて削除しました。あなたは、僕を知るべきです。おやすみなさい。

|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »