« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.31

Title. '''' Today,I drove away stealaway . '''''

Title. '''' Today,I drove away stealaway . '''''

And, I appeared. It will run getting on my back next year of you. I think so.

You must be very pleasant. I recalled it.

I had the message of stealaway.
However, I was lost.

However, I do not worry about such a small thing.

Let's throw away such.

I hope next year of you becomes wonderful.

a Happy new Year .
:)

:::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::
PS:: 
I was not able to write the answer on several sites.
I'm sorry. It is not malicious to me. 
:::::::::::::::::::

Postscript.

Japan faced 2006 year.
:)

I up-load the photograph at time of this of tomorrow.

I will go out tomorrow.
:)

I wish you sweet dreams!
:)

タイトル。''' 今日、僕は、stealawayを追い払いました。’’

そして、僕が登場しました。あなたの来年は、僕の背中に乗って走ります。
僕はそう思います。あなたはとても気持ちがいいはずです。

僕は思い出しました。僕は、stealawayのメッセージを持っていました。
でも、僕は無くしました。しかし、僕はそんな小さな事は気にしません。
そんなのは捨てましょう。
あなたの来年が素敵になることを僕は望みます。

追伸。日本は、2006年を迎えました。
僕は、明日のこの時間に、写真をアップロードします。
僕は明日、出掛けます。
おやすみなさい。

|

Subtitle. "Station in Venice"6/6

Subtitle. "Station in Venice"6/6

Title of six photographs.
'' Monochrome and vivid color. Town where they melt into each other. Venice.''

Five another photographs are up-loaded today.
Please look if you have time.
When you enjoy it, I am very glad.
Thank you.
サブタイトル。「ベニスの駅」

六枚の写真のタイトル。「モノクロームと鮮やかな色。それらが溶け合った街。ベニス。」

今日は、あと5枚の写真をアップロードします。
もしも、あなたに時間があれば見てください。
あなたが楽しんでくれると僕はとても嬉しいです。
ありがとう。

|

2005.12.30

Subtitle. "Shipboard" 4/6

Subtitle. "Shipboard" 4/6

Venice shot.

I held the exhibition this year.
The first time is October. The second times are November.
At that time, more than 400 kinds of photographs were prepared.
Milan in Italy. And, it is Venice.
Photograph not opened to the public at that time.
It is being up-loaded now.
Z has adhered to the photograph.

サブタイトル。「船上」4/6
ベニスの写真です。

僕は、今年、展覧会を開催しました。
一度目は、10月。二度目は、11月です。
その時に、400種類以上の写真を用意しました。
イタリアのミラノ。そして、ベニスです。
その時に公開しなかった写真。
それを現在、アップロードしています。
その写真には、Zが付いています。

|

2005.12.29

Subtitle. It is a photograph in "Euro star" Venice.

Subtitle. It is a photograph in "Euro star" Venice.
3/6 Venice.
Japan is the morning now 8:30. These ten months. I was doing such a living. Please look at the photograph ahead of this in detail.
Moreover, it writes tonight.
サブタイトル。「混み合った船上。」3/6
ベニスの写真です。
日本は今、朝の八時半です。この10ヶ月間。僕はこんな暮らしをしていました。詳しくは、この前の写真を見てください。
また、今夜、書きます。

|

Subtitle. "Two men who place table"

Subtitle. "Two men who place table" Red. 2/6
サブタイトル。「テーブルを挟んだ二人の男」赤。2/6

|

Subtitle. "Blue boy"

Subtitle. "Blue boy"
Around the station in Venice. 1/6

サブタイトル。「青い少年」
ベニスの駅前。1/6

|

2005.12.25

Merry Xmas,....again......

Title. 「Today's me」
:)

Word of photograph.
Quiet night. Cold night sky. Dream of spill and falling. Broken fantasy. Palm
of her very small.
You who lost sight of yourself. You hope to be inhaled in the stillness of
night of all deep.

How are you spending Christmas?
I ate the cake today.

My forelock is very long now.
Therefore, it has eaten with the cake.
:)

Is it bright besides your window?
Or, is it dark? quiet?

When I listen to the silence, various one is mistaken.
This year.
I was very happy. There was goodness a lot.
However, someone somewhere is surely damaged before I notice.

I think in every case.

Others' pleasure must be changed by my pleasure.
Others' pains are surely changed into the person who can do so by my
pain.
Change others' pleasure into my pleasure.
Your pleasure is sure to be told by someone surely if it does so.

Sadness overflows in the world.
However, the world is sure to smile at you if the foot is stopped
only just a little.

I think always so.

Merry Xmas,....again......
mitsusiro.

PS:: 
I was not able to write the answer on several sites. I'm sorry. It is not 
malicious to me. 

::::::::::::::::::: 
Japanese is the following. 
http://steal-a.way-nifty.com/ 
:::::::::::::::::::::::::::::::

タイトル。「Today's me」
:)

写真の言葉。
静かな夜。冷たい夜空。零れ落ちた夢。壊れた幻想。とても小さな彼女の手のひら。
自分を見失った君。すべてが深い夜の静寂に吸い込まれることを君は望んでいる。

あなたはクリスマスをどう過ごしていますか?
僕は、今日、ケーキを食べました。

今、僕の前髪はとても長いです。
だから、ケーキと一緒に食べてしまいました。

あなたの窓の外は明るいですか?
それとも暗いですか?
静かですか?

僕は、静けさに耳を傾けると、いろんなものが過って行きます。
この一年。
僕はとても楽しかった。良いことがたくさんあった。
でも、僕が気づかないうちに、何処かの誰かをきっと傷つけている。

僕はその度に思います。

他人の喜びを自分の喜びに変えられること。
そう出来る人は、きっと他人の痛みを自分の痛みに変えられる。
他人の喜びを自分の喜びに変えること。
そうすれば、あなたの喜びもきっと誰かに伝えられるはずです。

世の中には、悲しいことが溢れている。
でも、ほんの少しだけ、足を止めれば、世界はあなたに微笑むはずです。

僕はいつもそう思っています。

Merry Xmas,....again......

mitsusiro.

|

Subtitle. "Place where you and I are" 1/6

Subtitle. "Place where you and I are" 1/6

Subtitle. "Man who was calling it" 2/6

Subtitle. "Tearing Alice" 3/6

Subtitle. "Woman who dragged big luggage" 4/6

Subtitle. "Man who began to run to train" 5/6

Subtitle. "Light" 6/6

Title of six photographs.
"For a little hope"

With whom do you spend Christmas?
Family. Friend. Important person.

There are no good memories for my memory at Christmas.

I when it was young was always damaging her.
It vomits and the word thrown away is not reparable.

Time is very necessary so that the wound of the word may heal.
I have not forgotten the time spent with them still.

It never forgets no matter how it is massaged restless every day.
Time has not forgotten ..a lot of flow.. still.

Even if I grow old, it is sure not to forget.

Maybe, I think that it is a memory that it doesn't disappear through all
eternity.

Your time of Christmas.
I hope it becomes time not disappearing through all eternity.


Merry Xmas.
mitsushiro.


Postscript. You must not damage an important person like me.


サブタイトル。「僕と君がいた場所」1/6

サブタイトル。「電話をかけていた男」2/6

サブタイトル。「破れたアリス」3/6

サブタイトル。「大きな荷物を引きずった女性」4/6

サブタイトル。「電車へ走り出した男」5/6

サブタイトル。「淡い光」6/6

六枚の写真のタイトル。
「微かな希望の為に。」

あなたは、誰とクリスマスを過ごしますか?
家族。友人。大切な人。

僕のクリスマスの記憶に、良い思い出はありません。
若い頃の僕は、いつも彼女を傷つけていました。
吐き捨てた言葉は、取り返しがつきません。
言葉の傷が癒えるには、時間がとても必要です。
僕は彼女たちと過ごした時間を今でも忘れていません。
忙しない毎日にどんなに揉まれていても、忘れることはありません。
時間がたくさん流れた今でも忘れていません。
僕が年老いても忘れることはないはずです。

たぶん、それが永遠に消えない記憶なんだと僕は思います。

あなたのクリスマスの時間。
それが、永遠に消えない時間になることを僕は望みます。
mitsushiro.

追伸。僕のように、あなたは、大切な人を傷つけてはいけません。

|

2005.12.24

Subtitle. "Man who drives boat" 7/12


Subtitle. "Man who drives boat" 7/12

subtitles. "Station" 8/12

subtitles. ''Main Street. 1''
9/12

subtitles. ''Main Street. 2''
10/12

subtitles. "Bird that dances with elderly couple and has
gotten off" 11/12

subtitles. 「Elderly person who tastes coffee in corner of lively shop. Young
waiter. Old woman who was counting the money」12/12

Title of 12 photographs.
"Pair.''

It got on from Milan to the Euro star, and it went to Venice.

There was very an emotion though the outmoded building queued up.
And, it was a town that merged colorfully in the color of the blue sky and the sea.

Heading for this town taking a streetcar for us was an adventure.

Because we had been buying the ticket of the round trip, time in Venice was about two hours.

However, when I may go, we thought it was deep.

It up-loads it to the photograph in Milan mixing it because there is a photograph
in Venice still.

::::::::::::::::::::::::::::::::
Text of expressing gratitude for Tokyo Big sight.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2005/12/_change_your_si.html
:::::::::::::::::::
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::

サブタイトル。「ボートを運転する男」7/12
サブタイトル。「停車場」8/12
サブタイトル。「表通り。1」9/12
サブタイトル。「表通り。2」10/12
サブタイトル。「老夫婦と舞い降りてきた鳥」11/12
サブタイトル。「賑やかな店の隅でコーヒーを味わう老人。若いボーイ。お金を数えていた老婆」12/12

12枚の写真のタイトル。
「対」Pair.

ミラノからユーロスターへ乗り、ベニスへ行きました。

古い建物が並んでいたけれども、とても情感がありました。そしてカラフルで、青空と海の色に溶け込んだ街でした。

僕らにとって、電車に乗ってこの街へ向かうことは、冒険でした。

僕らは往復のチケットを購入していたので、ベニスにいた時間は2時間ほどでした。しかし、僕らは行って良かったと深く思いました。

まだ、ベニスの写真はあるので、ミラノの写真に混ぜて、アップロードします。

|

2005.12.23

Subtitle. "Shadow at midday" 1/9

Subtitle. "Shadow at midday" 1/9

Subtitle. "Venice seen from space of sticker" 2/9

Subtitle. "Woman who has been sent" 3/9

Subtitle. "Tour boat" 4/9

Subtitle. "Woman who was looking down" 5/9

Subtitle. "Driver in cabstand" 6/9

All are photographs in Venezia.
It comes in succession with the photograph put on the one-man show and Tokyo Big sight held in Harajuku. However, it differs from the photograph of that time, and it is arranged one's verbs and objects.
In addition, I processed it.
I am presenting it according to the material.

サブタイトル。「真昼の影」1/9

サブタイトル。「張り紙の隙間から見えたベニス」2/9

サブタイトル。「送られてきた女性」3/9

サブタイトル。「観光船」4/9

サブタイトル。「俯いていた女性」5/9

サブタイトル。「タクシー乗り場の運転手」6/9

全てベネチアの写真です。
原宿で開催した個展と東京ビッグサイトに置いた写真と重なります。しかし、その時の写真とは異なり、手を加えてあります。
僕は、さらに加工しました。
僕は、素材に合わせて、提示しています。

|

2005.12.22

Title of seven photographs.

Title of seven photographs.
"Penetration"

It was not a wall like piercing through the blue sky.
It was height of touch the finger ahead if jumping up.
I was not able to grip it though jumped up and down many times.
Wall not got over.

I gave up and was crouching for a long time in the place.
It thought for a long time leaning against the wall.

Cloud drooping low.
Air to finish getting cold.
Watery ground.

I leave and have spent its body at the fumigated time.
A deep deep respiration was repeated many times.

I merged some day on the wall that had tried to be jumped over in the
course of time.

I thought that I was going to get over the wall.
However, it was different.

Do not get over the wall but understand the wall.
It was necessary.

Scenery from wall.
Feeling with cold wall.
Meaning of keeping breaking out for a long time in the place.

I print it and can come off as long as understanding does him.

Do not get over but understand.
Start understanding even if it is not possible to understand each
other each other.

One year of this year.
I printed various one and was able to come off.

Staff of design festival.
Person in charge of publisher.
After that, it is a grandma who admitted and a lot of people of my work in Tokyo
Big sight.

And, everybody of flog.
I am full of the gratitude.

I wrote in this year's photograph of the first piece so.
"I of this year move. "
I think that it was able to put out the result.
Please let me say only one more time though it is persistent.

Thank you.

Postscript. Your mail six days ago was obtained.
Please check your mailbox.

Dear aco-san.
::::::::::::::::::::::::::::::::
Text of expressing gratitude for Tokyo Big sight.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2005/12/_change_your_si.html
:::::::::::::::::::
Japanese is the following.

http://steal-a.way-nifty.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::


七枚の写真のタイトル。
タイトル。「透過」

青空を突き抜けるほどの壁じゃなかった。
跳ね上がれば、指の先が触れるほどの高さだった。
僕は何度も飛び跳ねたけれども、どうしても掴めなかった。
乗り越えられない壁。
僕は諦めてずっとその場所にうずくまっていた。
壁にもたれて、ずっと考え込んでいた。
低く項垂れた雲。冷えきった空気。湿った地面。
くすぶった時間に僕は身を任せて過ごしてきた。
深い深呼吸を何度も繰り返した。
そのうちに、飛び越えようとしていた壁に、僕はいつしか溶け込んでいた。

僕は壁を乗り越えようとばかり考えていた。
でも、それは違っていた。
壁を乗り越えるのではなく、壁を理解すること。
それが必要だった。
壁からの景色。壁の冷たい感触。その場所にずっと在り続けることの意味。

僕が彼を理解さえすれば、それをすり抜けることができる。

乗り越えるのではなく、理解すること。
たとえ、分かり合えなくても、分かり合おうとすること。

今年の一年間。
僕は、いろんなものをすり抜けることができました。

デザインフェスタのスタッフ。
出版社の担当者。
それから東京ビッグサイトで、僕の作品を、認めてくれたおばあちゃんと多くの人たち。

そして、flogのみなさん。
僕は感謝の気持ちでいっぱいです。

僕は今年の1枚目の写真にこう書きました。
「今年の僕は動きます」
その結果を出せたと思います。
しつこいけれども、もう一度だけ僕に言わせてください。

ありがとう。


追伸。六日前のあなたのメールをキャッチしました。
あなたのメールボックスをチェックしてください。

Dear aco-san.

|

2005.12.20

Title. XXXXXXXXXX 1/7

Title. XXXXXXXXXX 1/7

Postscript. He seems to have seen Morrissey.
Details are up-loaded to his site.
Please check it.
Morrissey.
He is a great artist.

http://www.fotolog.com/fabbriciuse/

Postscript. Your mail six days ago was obtained.
Please check your mailbox.

Dear aco-san.


タイトル。XXXXXXXXXX 1/7

追伸。彼がMorrisseyを見かけたそうです。
彼のサイトに詳細がアップロードされます。
チェックしてみてください。
Morrissey.
彼は偉大なアーティストです。

http://www.fotolog.com/fabbriciuse/

追伸。六日前のあなたのメールをキャッチしました。
あなたのメールボックスをチェックしてください。

Dear aco-san.

|

2005.12.19

Title. "Evening sun of the glass"

Title. "Evening sun of the glass"

Tokyo big sight shot.

I was listening to this tune repeatedly in this place.

born slippy.NUXX
underworld.

Text of expressing gratitude for Tokyo Big sight.
http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2005/12/_change_your_si.html

:::::::::::::::::::
Japanese is the following.

http://steal-a.way-nifty.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::

タイトル。「ガラス越しの夕陽」

Tokyo big sight shot.

僕はこの場所で、繰り返しこの曲を聴いていました。

born slippy.NUXX
underworld.

東京ビッグサイトの感謝のテキスト。

http://steal-a.way-nifty.com/stealaway/2005/12/_change_your_si.html

|

2005.12.18

Title. 「and, then..」7/6

Title. 「and, then..」7/6

I saw the train spotting today.
Fairly, I saw in old times.

One scene in the end part.

The hero passes it to the friend who raged in the bar, and the fire
is lit and passed to the cigarette.
Improvement of profile of two people. The background is light it is
things except white.
The friend who receives the inside and the cigarette of retrogression
sprays smoke aiming at the hero.
The cigarette smoke flows and this tune flows momentarily came in
succession in the profile.
Born Slippy (Nuxx)

I repeatedly heard this tune in Tokyo Big sight.
It flowed to the headphone for a long time.
Scenery of restless hall that overflows with person.
I felt that it was scenery not bad.

Postscript. I hate Japanese movies.
The reason is in the rhythm feeling.
The movie in foreign countries is nature good rhythm very feelings.
Slowness. Medium. Up-tempo.
Those balances are very beautiful in exquisiteness.
In the background of a Japanese constitution, I think that they are
very lacked.
Therefore, I do not like Japanese movies so much.
タイトル。「and, then..」

今日、僕はトレインスポッティングを見ました。
随分、昔にも僕は見ました。

再後半のワンシーン。

主人公が、酒場で暴れた友人に、タバコに火を点けて渡します。
二人の横顔のアップ。背景は真っ白い外の光。
逆行の中、タバコを受け取った友人は、主人公に向けて煙を吹きかけます。
タバコの煙が、横顔に重なった瞬間、この曲が流れます。
Born Slippy (Nuxx)

東京ビッグサイトで、僕はこの曲を繰り返し聞いていました。
ヘッドフォンの中に、ずっと流れていました。
人で溢れている忙しない会場の風景。
悪くない風景だと僕は感じていました。

追伸。日本映画を僕は嫌いです。
その理由は、リズム感にあります。
海外の映画は、とても歯切れ良いリズム感です。
スロー。ミディアム。アップテンポ。
それらのバランスがとても絶妙で美しいです。
日本人の体質の背景には、それらがとても欠けている気がします。
だから、僕は日本映画をあまり好きではありません。

|

2005.12.15

'' Change, your sight.''

Subtitle. "Dripping of evening sun" 6/6

Title of six photographs. '' Change, your sight.'' Tokyo big sight shot.

I met a lot of people in Tokyo Big sight.
It was a grandma that it was pleased most in those.
Her eyes were clear like the little child, and sparkled.

She was working for the most famous advertising company in Japan.
Nobody knows in Japan.

My work was printed her sense of values and came off.
I feel that it is the maximum eulogy.

She is looking at my site now.
And, my past work was seen.
Thank you.

I want to spend a lot of time with her.

To overseas people who are looking at this site.
To the people who said that it will like my photograph.
I think that I was able to leave proof that your eyes are real things.

Thank you.

After that, to girls who were waiting for a long time in my booth.
I was smoking the cigarette for a long time in staff's doorway.
I'm sorry.
Maybe, I think that it waited for me at considerably long time.
I wish sincerely to express my gratitude to you.
Thank you.
After that, do not hold back.
You are young though modesty is also important.
Therefore, it is not necessary to keep one's distance from me.

Postscript. To girls in the next booth.
Return the light quickly.
:)

Postscript. I had forgotten an important thing in the distributed
leaflet.
It is a mail address. It is the following.
stealaway@hotmail.com

Postscript.
Owner of design festival. And, to the staff.
Staff's person said so.
"We are not doing anything to you. "

It is different.
We are not speaking certainly a lot.
However, I was firmly looking at your behavior.
I was looking at how to a lot of people to meet.
And, I learnt the relation.
Only talking is not important.
I think only the person's behavior of me including a lot of meanings.


I was able to run through until the end of November at the end on March, 2005.

And, it is actually felt that the result was able to be left.
Thank you.

Postscript. Only the person who is opening flog can write my site.
However, quite a lot of people actually see my site and it exists.
I wish to express my gratitude.
Thank you.

I was able to carry it out.


サブタイトル。「夕陽の雫」6/6

六枚の写真のタイトル。'' Change, your sight.''

東京ビッグサイトで、ぼくは多くの人に会いました。
その中で、もっとも喜んでくれたのは、おばあちゃんでした。
彼女の目は、幼い子供のように澄んでいて、輝いていました。

彼女は、日本で最も有名な広告会社に勤めていました。
日本で知らない人はいません。

ぼくの作品は、彼女の価値観をすり抜けました。
最大の賛辞だと、ぼくは感じています。

彼女は今、ぼくのサイトを見ています。
そしてぼくの過去の作品も見てくれました。
ありがとうございます。

ぼくは彼女とたくさんの時間を過ごしたいと思っています。

このサイトを見ている海外の人たちへ。
ぼくの写真を好きだと言ってくれた人たちへ。
ぼくは、あなたの目が本物だという証を残せたと思います。
ありがとう。

それからずっとぼくのブースで待っていてくれた女の子達へ。
ぼくは、スタッフの出入り口でずっとタバコを吸っていました。
ごめんなさい。
たぶん、かなり長い時間、ぼくを待っていてくれたと思います。
ぼくはあなたに心から感謝しています。
ありがとう。
それから、遠慮をしてはいけません。
謙虚さも大切ではあるけれども、あなたたちは若いです。
だから、ぼくに遠慮は必要ありません。

追伸。隣のブースの女の子達へ。
さっさとライトを返しなさい。
:)

追伸。ぼくは、配布したリーフレットに大切なことを忘れていました。
メールアドレスです。それは以下です。
stealaway@hotmail.com

追伸。
デザインフェスタのオーナー。そしてスタッフへ。
スタッフの人がこう言いました。
「私たちは、あなたに何もしていません」

それは違います。
僕らは、確かに多くは話していません。
しかし、ぼくはあなたの行動をしっかり眺めていました。
多くの人たちへの接し方を、ぼくは見ていました。
そして、その関係をぼくは学びました。
会話を交わすことだけが、大切ではありません。
人の行動にこそ、多くの意味が含まれていると僕は思います。

2005年3月の末から、11月の末まで、ぼくは走り抜けることができました。

そして結果を残せたと実感しています。
ありがとう。

追伸。ぼくのサイトは、flogを開いている人だけしか書けません。
しかし、実際は、とても多くの人たちが僕のサイトを見てくれています。
僕は感謝しています。
ありがとう。

僕は、やり遂げることができたよ。

|

2005.12.14

Subtitle. "Their scenery"5/6

Subtitle. "Their scenery"5/6
サブタイトル。「彼女たちの風景」

|

2005.12.13

Subtitle. "Carrying" 4/6

Subtitle. "Carrying" 4/6
サブタイトル。「搬入」4/6

|

2005.12.11

'' The west. Floor of the fourth floor ''

Subtitle. '' The west. Floor of the fourth floor '' 3/6

サブタイトル。「西。4階のフロア」


Subtitle. "View from the fourth floor"2/6

Tokyo big sight shot.

サブタイトル。「4階からの眺め」

|

2005.12.07

Title. "What do you see in your hand?"

Title. "What do you see in your hand?"

I am editing six photographs now.
Let's meet at time of this of tomorrow.

There was a wonderful meeting in Tokyo Big sight.
I feel that there is an obligation to report to you who is looking at my
site.
It was a very important meeting.
Then, a lot of people who got acquainted are looking at this site.

I should feel the excess of my imagination by this site and growth.

Let's meet at time of this of tomorrow.

Postscript. I am not writing in return for a long time. I'm sorry. However, I want to see all over the world while slowly drinking coffee as of old.
Your message has reached me.
I write in return without fail. Therefore, please give while it is a few to me.
Thank you.


タイトル。「君の手のひらには何が見えますか?」

今、ぼくは六枚の写真を編集しています。
明日のこの時間にお会いしましょう。

東京ビッグサイトでは、素敵な出会いがたくさんありました。
ぼくは、ぼくのサイトを見ているあなたに報告する義務があると感じています。
とても大事な出会いでした。
そこで知り合った多くの人たちが、このサイトを見ています。

ぼくは、このサイトがぼくの想像を越えて育っていることを感じなければなりません。

明日のこの時間にお会いしましょう。

追伸。ぼくは、ずっと返事を書いていません。ごめんなさい。しかし、ぼくは昔のように、ゆっくりコーヒーを飲みながら世界中を見たいです。
あなたのメッセージは、ぼくに届いています。
ぼくは必ず返事を書きます。だから、ぼくに少し時間をください。
ありがとう。

|

2005.12.04

Let's meet on

Let's meet on the night of Tuesday or Wednesday.
火曜日か水曜日の夜にお会いしましょう。

|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »