« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.23

Place. Tokyo Big sight.

Title. Sands of midday. 6/6


Title of six photographs.
And, the title of my booth.
'' stolen moments ''
Place. Tokyo Big sight.
Date. November 26. Saturday.27. Sunday.
My booth. The fourth floor. E-428
http://www.fotolog.net/stealaway/

Postscript. The photograph of today is in the pamphlet distributed on
that day.
Therefore, the character there is very small.

The following sentences are the one having described to the pamphlet.
:::::::::::::::::::::::::::

Predicted memories of the future

He simply slices out moments in the time flow which goes unrecognized. He keeps on transcribing real world, which will be oxidized and numbered among the dead, into the thin picture of sliced moment. His action superficially looks like an extractive record of the past, but it actually predicts memories of our future. If we use arrogant language, he indulges in fabrication of the future in the name of prediction.

A convinced culprit is a photographer, Mitsuhiro Nakagawa. He continues to inlay the reality elaborately and exquisitely like a medieval jeweler with the future which seems to imitate the reality as it is. We are fascinated with his pictures and unconsciously run down the road to an intoxicated accomplice. Real world is not like a picture even though we, believers actually visit the places framed out in the reality.

A camouflage like plagiarism of scenes which we surely come across in the future. He often uses this skilled device. This insolent, ruminating action is also a method of paradoxical archaeology printed in everyday life unconsciously, which digs out memories of the future.

He began to make a formidable confession to the world.


VuA Tsuyoshi Michigami (Architect)
http://www.h7.dion.ne.jp/~vua/


Translation. yumi ikeda.
http://www.fotolog.net/yuming/
http://www.fotothing.com/yumi/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

'' To the scenery that wanted to be gripped for a long time. ''


Grammy and Academy Award. Hearing is a serif of the place being accustomed. I hate them.
You of a lot of fans. And, it staffs it by the support of me until this day. It is thanks to everybody that be able to capture this prize. I wish sincerely to express my gratitude. Thank you.

Whenever such a scene was seen, I was disgusted.
Thinking the serif that kept up the appearance to have filled cheating
awfully did not become possible.
A colorful stage is only vanity production. It thought so.

Actually, it is likely to cover with a dirty lie.
A lot of money not to be able to know the true character flows from the right
to the left, and fame comes. It might be these kind of things.
The gross darkness blows and it becomes silent back of the floor in the stage
where light is filled.
A moderate shadow always lurks in glossy light.

Still, to stand in the stage, they think that they have thrown it away of all the
one.

My dress wanting it and delicious food. Go to see the movie with the friend, and enjoy the
party.
By chance, it is likely to throw it away before even important love is noticed.

There are two whats my father has persistently taught from an early
age.
Think about one kindly standing in other party's standpoint.
Only one one wanting it should be able to be chosen to be another one.


To obtain the one, I have thrown away various one.
My music wanting it. Concert where it wanted to go. Movie that wants to
see. Meet the best friend.
Gesture of pretty child. After that, the loved girl.

It was only the one necessary so that all might live through now. Even light hope to tomorrow
contained it only now.
Still, I have thrown it away.
It has rounded it down though it is puzzled.

There was a moment when time sometimes stopped so.
I will be doing so to the point where the important one is thrown away now why.
The space of scenery swells momentarily returned to me and it becomes pure-white
by chance.
However, it did not seem to have lost everything rounded down really.
Because only noticing all the passing one is sure to become support.

Still, I think deeply.
Why am I here?

Money?Fame?Position?Woman?
It is never bad that they live in provisions, and I am included and has already been already included in the thing that has been thrown away ..so.. ..drinking...

However, the answer was always the same.
I have the scenery that wants to see.
It is possible to make by yearning only to me very, and there is scenery that wants to see.
I wanted to do the scenery that was not able to be gripped for a long time to myself.
There was a means like the novel and the photograph, etc. for that.
Either is painful it though it is happy to face them. It says it is painful, and is painful as it is not possible to express it in the cheap word that was accustomed to be heard.
However, oneself who is sleeping while trembling in the interior of the chest to complete the work should be shaken, be woken up, and it get it over.
After all, it doesn't advance if everything is not solved at any time oneself.

Therefore, the serif in the ceremony was awful and was gloomy.
It was felt only in cheap and keeping up the appearance.

However, I was wrong.
They were correct.
I open the exhibition thus because there are words of people all over the world who gave
it to me.

I am certainly supported by them, and exist here now.
The word returned from people all over the world when scenery and the word to blow to the interior of my chest and to become silent were untied for a long time.
I of today from whom they are filled can walk surely ahead of this.

The book that will be published next year pours all of me the current.
I of not the world where it makes momentarily of the display and it disappears but the
truth am left as shape.

Until that time, Run.
Uneasiness crosses it sometimes.

However, everything should keep being shaken off, and it running.
Various one is rolled momentarily of stopping and everything vanishes.
I think that there must be a place that can be relieved maybe in the
scenery that I wanted to grip for a long time.
Therefore, I want you to make me run only a little more.

Thank you for always seeing my photograph.
I wish sincerely to express my gratitude to a lot of people all over
the world.

Thank you.


November 23, 2005

In my favorite crowded restaurant.

                                     mitsushiro nakagawa.

Adding.
Sentences that I had written used the translation site.
Moreover, the people described to the distributed pamphlet are not the one that
agrees to author's intention.

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Title. Woman. Driver. A man who passes. Those spaces. 1/6

Title. Bustle. 2/6

Title. Light and person in underpass. 3/6

Title. Light and shadow of back street. 4/6

Title. Separation. 5/6

Title. Sands of midday. 6/6


Title of six photographs.
And, the title of my booth.
'' stolen moments ''
Place. Tokyo Big sight.
Date. November 26. Saturday.27. Sunday.
My booth. The fourth floor. E-428
http://www.fotolog.net/stealaway/

Postscript. The photograph of today is in the pamphlet distributed on
that day.
Therefore, the character there is very small.


タイトル。女性。運転手。通り過ぎてゆく男。それらの隙間。1/6

タイトル。雑踏。2/6

タイトル。地下道の灯りと人。3/6

タイトル。裏通りの光と影。4/6

タイトル。別れ。5/6

タイトル。真昼の砂浜。6/6


六枚の写真のタイトル。
そして、僕のブースのタイトル。
'' stolen moments ''


Place. Tokyo Big sight.
Date. November 26. Saturday.27. Sunday.
My booth. The fourth floor. E-428
http://www.fotolog.net/stealaway/

追伸。今日の写真は、当日に配布するパンフレットにあるものです。
だから、そこにある文字がとても小さいです。

以下の文章は、パンフレットに記載したものです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
見透かされた未来の記憶

うっかりと見過ごされる日常の時間に、彼は淡々とストップモーションをかける。過去の鬼籍へと酸化してしまうはずの光景を「画像という厚みのない時間」へと転写し続ける。

それは、一見過去の採取的記録のようでありながら、その実、僕たちの未来の記憶を予言したものでもある。乱暴な言い方をすれば「予言に名を借りた未来の捏造」に耽っている確信犯_それが写真家''stealaway''だ。彼は現実を忠実に模倣したかの如き未来を、まるで中世の宝石職人のように、丹念に精巧に現在へと象眼し続けている。そして、その映像的魅惑に陥った僕たちは、無意識のうちに陶酔的共犯者への道を駆け下りることになる。信者と化した僕たちが「切り取られた」実際の場所を訪れても、そこには画像のような世界は存在していない。

僕たちが必ず見るであろう未来の光景を剽窃したような偽装こそが、彼の常套手段だからだ。その不遜な反芻行為こそ、気がつかない日常に刷り込まれた未来の記憶を発掘する逆説的考古学の手法でもあるのだ。

彼は世界に向けて恐るべき懺悔を吐露し始めた。

VuA 道上 壯(建築家)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ずっと掴みたかった風景の中に。


グラミー賞やアカデミー賞での聞き慣れたセリフをぼくは嫌いだ。
「多くのファンの皆さん、そして私をこの日まで支えてくれたスタッフ。この賞が獲れたのは、みなさんのおかげです。私は心から感謝しています。ほんとうにありがとう」

そんなシーンを見かけるたびに、ぼくはうんざりしていた。
体裁を繕ったセリフが、ひどく欺瞞に満ちているように思えてならなかった。
華やかなステージは、虚飾された演出に過ぎない。そう思っていた。

実際、汚れた嘘にまみれているのかもしれない。
得体の知れない大金が右から左へ流れ、名声がやってくる。そんなものかもしれない。
光に満ちたステージの床裏には、深い闇が吹きだまっている。
艶やかな光には、それなりの影がいつも潜んでいる。

それでも、そのステージへ立つために、彼らはあらゆるものを捨ててきたのだとも思う。

自分の欲しい洋服や美味しい食べ物。友達と映画を見に行ったり、パーティーを楽しんだりすること。
ひょっとしたら、大切な愛さえも気づかぬうちに捨てているかもしれない。

ぼくの父が、幼い頃からしつこく教えてきたことが二つある。
ひとつは、相手の立場に立って親身に考えること。
もうひとつは、欲しいものはひとつしか選べないこと。

ぼくはそのひとつを手にするために、いろんなものを捨ててきた。
自分の欲しい音楽。行きたかったコンサート。見たい映画。親友に会うこと。
愛らしい子供の仕草。それから大好きだった女の子。

どれもが今を生き抜くために必要なものばかりだった。今だけでなく、明日への淡い希望さえも含んでいた。
それでもぼくは捨ててきた。
戸惑いながらも、切り捨ててきた。

そんな中で、ときどき時間の止まる瞬間があった。
大切なものを捨ててまで、なんのためにぼくは今、こうしているのだろう..
ふと我に返った瞬間、景色の隙間が膨らんで真っ白になってしまう。
でも、切り捨てたすべてを、ほんとうに失ったのだとも思えなかった。
通り過ぎてゆくあらゆるものに気づいただけでも、きっと支えになっているはずだから..

それでもぼくは深く考え込んでしまう。
ぼくはなんのためにここにいる?

お金? 名声? 地位? 女性?
それらを糧に生きることも決して悪いことじゃないし、ぼくが捨ててきたものの中に、そんなのはもうとっくに含まれている。

でも、その答えはいつも同じだった。
ぼくには、見たい風景がある。
ぼくだけにしかどうしたって作れない、見たい風景がある。
ずっと掴めなかった風景を、ぼくは自分のものにしたかった。
そのために小説や写真という手段があった。
それらに向かっている時は、楽しいことではあるけれども、どちらかというと辛い。辛いなんていう、聞き慣れた安っぽい言葉では言い表せないほどの苦痛だ。
でも、作品を完成させるためには、胸の奥で震えながら眠っている自分自身を揺さぶり起こして、乗り越えなければならない。
結局は、どんなときでも自分自身で全てを解決しなければ前進することはない。

だから、授賞式でのセリフがひどく鬱陶しかった。
安っぽくて体裁を繕っているようにしか感じられなかった。

けれども、ぼくは間違っていた。
彼らは正しかった。
ぼくがこうして展覧会を開けるのは、ぼくに与えてくれた世界中の人たちの言葉があったからだ。

ぼくは、確かにそれらに支えられて、今、ここにいる。
ずっとぼくの胸の奥に吹きだまっていた風景や言葉を解き放ったとき、世界中の人たちから、言葉が返ってきた。
それらに満たされている今のぼくは、きっとこの先も歩いて行ける。

来年に出版する本は、今までのぼくのすべてを注ぎ込みます。
ディスプレイの、一瞬にして消えてしまう世界ではなく、ありのままのぼくを形として残します。

その時まで、ぼくは走りきれるだろうか?
ときどき、不安が過ります。

でも、すべてを振り払って、走り続けなきゃいけない。
止まった瞬間、いろんなものを巻き込んですべてが消え去ってしまう。
ぼくのずっと掴みたかった風景の中に、たぶん安らげる場所があるはずだと思う。
だから、もう少しだけ、ぼくを走らせて欲しい。

いつもぼくの写真を見てくれてありがとう。
世界中の多くの人たちにぼくは心から感謝します。

 ありがとう。


                     2005年11月23日
ぼくの好きな、混み合ったレストランの中で。

                                     mitsushiro nakagawa.


補記。ぼくの書いた文章は、翻訳サイトを使いました。
また、配布したパンフレットに記載された方々は、作者の意思に賛同するものではありません。

|

2005.11.14

Title. 「Work. No.12」

Title. 「Work. No.12」

Exhibition that I held. '' unforgettable ''

I am preparing the next exhibition now.
I answer without fail.
It is the first ten days of December.

The link is your freedom.
I ..permission.. do not needing have you.

I also put you in the favorite.

I do not intend to go to other places.
I learnt many with this flog.
I am always here.
Thank you for seeing my work.

Theme of me in Tokyo Big sight. 
' stolen moments ' 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
Schedule of Tokyo Big sight. 
November 26. Saturday. 
November 27. Sunday. 
My booth. 
The fourth floor. E-428 
Theme of me in Tokyo Big sight. 
' stolen moments ' 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
japanese is the following. 
http://steal-a.way-nifty.com/
タイトル。「作品。No.12」

僕が開いた展覧会。「unforgettable」

僕は、今、次の展覧会の準備をしています。
僕は必ずお返事をします。
それは12月の初旬です。

リンクは、あなたの自由です。
あなたは、僕に許可を必要ありません。

僕もあなたをお気に入りに入れます。

僕は、他の場所へ行くつもりはありません。
僕は、このflogで多くを知りました。
僕は、いつでもここにいます。
僕の作品を見てくれてありがとう。


|

2005.11.02

Schedule of Tokyo Big sight.

Title. "Babel that doesn't change"

The exhibition ended today.
It postponed until today by the kindness of the owner in the gallery though it ended on
Sunday in reality.

I will also stage an exhibition.
The place is Tokyo Big sight.
It is held for two days.
Number of those who come. They are 70,000 people or more.

I depended on goodwill of the owner in the gallery.
The work with which the exhibition is decorated will be transferred
to the third party.
This exhibition becomes it at the end.

To a lot of people who came to my exhibition.
I wish sincerely to express my gratitude.
Thank you.
Moreover, I hope to meet.

To German's girls.
I am waiting for you.

Schedule of Tokyo Big sight.
November 26. Saturday.
November 27. Sunday.
My booth.
The fourth floor. E-428

Postscript.
Babel that doesn't change.
I have believed that it can be changed at any time. And, it was possible to change it. So as not to do flog alone, I will greet it again again.
Thank you.
Postscript. More than 400 kinds of photographs were prepared in the exhibition.
However, the photograph of today is another photograph.
Postscript.
Theme of me in Tokyo Big sight.
「stolen moments」


タイトル。「変わらない喧噪。」

今日、展覧会が終わりました。
本当は、日曜日に終わりだったのですが、ギャラリーのオーナーの好意で今日まで延期になりました。

僕はまた展覧会を開くことになりました。
場所は、東京ビッグサイトです。
それは二日間、開催されます。
来場者数。7万人以上です。

僕はギャラリーのオーナーの好意に甘えました。
展覧会に飾っていた作品は、第三者に譲ることになりました。
今回の展示が最後になります。

僕の展覧会に来てくれた多くの人たちへ。
僕は心から感謝しています。
ありがとう。
また、お会いできることを僕は望みます。

ドイツ人の女の子たちへ。
僕はあなた達を待っています。

東京ビッグサイトの日程。
11月26日。土曜日。
11月27日。日曜日。
僕のブース。
4階。E-428

追伸。
変わらない喧噪。
それはいつでも変えることが出来ると僕は信じてきました。そして変えることが出来ました。flogのみなさんには、また改めてご挨拶いたします。
ありがとう。
追伸。展覧会には400種類以上の写真を用意しました。
しかし、今日の写真は別の写真です。
追伸。
東京ビッグサイトの僕のテーマ。
「stolen moments」

|

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »