« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005.09.29

A very important talk is written today.

Subtitle. "Sands that summer passed"5/5

Title of five photographs.
" GLAMOROUS DAYS "

A very important talk is written today.

Therefore, please read to the last minute.

I issue a book.

It was decided.

I was demanding the bottom price.

The price is about eight dollars in Japan.

It becomes 900 yen in Japanese yen.

It decided it to this price by thinking purchase from foreign
countries.
It is because of rising when the book is bought in foreign countries.


Therefore, it is likely to rise a little more when ordering from foreign
countries.

However, it is possible to order from a bookstore all over the world.

And, it is possible to order from AMAZON all over the world.

The image of the book that I think about now is not a photograph collection.

The photograph and the text mainly composed of my design are published.

I write all the texts.
Those all publish English and Japanese.

I asked for the translation of Japanese.

Therefore, English becomes the book on the main.

Content of text.
The method of taking the photograph and the drawing style of the
novel very look like.
About the camera.
About the movie.
For art
Everything that was not able to be written with flog is written.


And, it is a talk important ..here...

I am strongly holding a gratitude in the people of flog.

Therefore, the site of your flog is published.

The first edition of my book is 500.
50 in that is sent to my origin.

Therefore, the site of 450 of flog is published.
The address on your site is published there.
I do the design.

If you want to put the real name, I publish.

And, please write the name of your country.

I want to see the moment when all over the world becomes one only by the power
of the photograph.

Realistically, I do not think that the world can become one.
However, I want to feel me when it is possible to become one as long as it is done to be strong
we and to hope in such a place.

I am not to hope to extend circulation.
I made the price of the book a bottom price.
There are little royalty etc.

I was able to come here.
I can finally issue a book by writing a novel for a long time.

It was my dream.
My dream is fulfilled.
And, it is the people of a lot of flog that had supported them.

I wish sincerely to express my gratitude.
Thank you.

This message is repeated until it reaches 450 people from today's comment.

PS:
You must write to me without reservation.
Do not hold back at such time.
Do not hold back even for the first time meeting me you either.
I publish the address on your site.
I promise.

Postscript. To the charge of the publisher.
Thank you for my accepting as my.
:)

PS:
My work is decorated as follows until this coming Saturday.
I cut three one photograph, and decorated it with an old English
newspaper.
They are encompassed with a transparent vinyl sheet.


今日は、とても大切なお話を書きます。

だから、最後まで読んでください。

僕は本を出版します。

それは決定しました。

僕は最低価格を要求していました。

値段は、日本で8ドルほどです。

日本円で900円になります。

海外から購入できることを考えて、この値段に決めました。
海外で本を買うと高くなるからです。

だから、海外から注文するともう少し高くなるかもしれません。

しかし、世界中の本屋から注文できます。
そして、世界中のAMAZONから注文できます。

僕が今、考えている本のイメージは写真集ではありません。

僕のデザインを主体にした写真とテキストを掲載します。

テキストは僕がすべて書きます。
それらのすべては英語と日本語を掲載します。

僕は日本語の翻訳をお願いしました。

テキストの内容。
写真の撮影方法と小説の描き方がとても似ている。
カメラについて。
映画について。
アートに関して。
flogでは書けなかった全てを書きます。

だから、英語がメインの本になります。

そして、ここからが大切なお話です。

僕はflogの人たちに感謝の気持ちを強く抱いています。

だから、あなたのflogのサイトを掲載します。

僕の本の初版は500部です。
その内の50部は僕の元に送られます。

だから、flogの450のサイトを掲載します。
そこにあなたのサイトのアドレスを掲載します。
そのデザインは僕がします。

もしも、あなたが本名を載せたいのであれば、僕は掲載します。

そして、あなたの国の名前を必ず書いてください。

僕は、写真の力だけで世界中がひとつになる瞬間を見たいです。

現実的に、世界がひとつになれると僕は考えていません。
しかし、こういった場所で、自分たちが強く望みさえすれば、ひとつになれるのだと僕は感じたいのです。

僕は発行部数を伸ばすことを望んでいるのではありません。
僕は本の値段を最低価格にしました。
印税などは、ほとんどありません。

僕は、ここまで来ることが出来ました。
ずっと小説を書いてきて、僕はやっと本を出版できます。

それは、僕の夢でした。
僕の夢は叶います。
そして、それらを支えてきてくれたのは、多くのflogの人たちです。

僕は心から感謝しています。
ありがとう。

今日のコメントから、450人に達するまで、このメッセージを繰り返します。

追伸。出版社の担当の方へ。
僕の我がままを受け入れてくれてありがとうございます。
:)

あなたは、僕に遠慮なく書いてください。
こういうときは、遠慮をしてはいけません。
あなたが僕に会うのが、初めてでも、遠慮してはいけません。
僕はあなたのサイトのアドレスを掲載します。
僕は約束します。

|

2005.09.27

"GLAMOROUS SKY"

Subtitle. "Space of noisy newspaper"1/5

Subtitle. "Road"2/5

Subtitle. "Old woman of light and shadow"3/5

Subtitle. "Exit"4/5

Subtitle. "Sands that summer passed"5/5

Title of five photographs.
"GLAMOROUS SKY"

My work is decorated as follows until this coming Saturday.
I cut three one photograph, and decorated it with an old English
newspaper.
They are encompassed with a transparent vinyl sheet.

The image of the exhibition has hardened.
I was without putting up the hand to the work until the image
hardened.
Hereafter, I will begin the work.

I saw all the comments.
I am still making arrangements with the publisher.
I think that I will publish your site.
I think about the work, the book, and the photograph of the
exhibition distinguishing.

The work of the exhibition is very handmade.
The feature of my book is a photograph and a design.
It is a photograph, a design, and a text.
The design that makes the best use of the photograph becomes a center.


I bought the photograph collection only after it went to Italy this
year.
Till then, only girl's photograph collection had been bought.

I have written the novel that I want to read.
I have taken a picture of scenery to want to see me.
I have made the work with which it wants to decorate my room.
I want the book that wants to be put on hand for a long time.
However, it is not sublime.

My book is a book that can be thrown in to the pocket of your worn-out jeans in the
back.

I want such a book.

Therefore, I make an effort to achieve it.
And, it makes an effort like suppressing the price to the bottom
price.

Postscript. I cannot answer yet.
I apologize sincerely.
I'm sorry.

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
All photographs that will be up-loaded in the future are photographs of my exhibition. 
The theme of the exhibition is unforgettable. 
The photograph of the monochrome is the main. 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
japanese is the following. 
http://steal-a.way-nifty.com/


サブタイトル。「騒がしい新聞の隙間」

サブタイトル。「路上」

サブタイトル。「光と影の老婆」

サブタイトル。「出口」

サブタイトル。「夏の去った砂浜」

五枚の写真のタイトル。
"GLAMOROUS SKY"

今度の土曜日まで、僕の作品を以下で飾ってあります。
僕は、一枚の写真を三つに切り、古い英字新聞で飾りました。
それらを透明なビニールシートで包んであります。

展覧会のイメージが固まりました。
僕は、イメージが固まるまで、作品に手を付けずにいました。
僕はこれから作品に取りかかります。

僕はコメントを全て拝見しました。
僕は、まだ出版社の方と打ち合わせ中です。
僕は、あなたのサイトを掲載しようと考えています。
僕は、展覧会の作品と本と写真を区別して考えています。

展覧会の作品は、とても手作りです。
僕の本の特徴は、写真とデザインです。
写真とデザインとテキストです。
写真を活かしたデザインが中心になります。

僕は、今年、イタリアへ行って、初めて写真集を買いました。
それまでは、女の子の写真集しか買ったことがありませんでした。

僕は、自分の読みたい小説を書いてきました。
僕は、自分が見たい風景を撮影してきました。
僕は、自分の部屋に飾りたい作品を作ってきました。
僕は、ずっと手元に置いておきたい本を欲しいです。
しかし、それは、崇高なものではありません。

僕の本は、あなたの擦り切れたジーンズの後ろポケットに突っ込めるような本です。

僕は、そんな本が欲しいです。

だから、僕はそれを実現させるように努力します。
そして、価格を最低価格に抑えるように努力しています。

追伸。僕はまだお返事が出来ません。
僕は心から謝罪します。
ごめんなさい。

追伸。僕の本のテキストは、日本語と英語を掲載する予定です。僕は、翻訳できる方にお願いしました。

|

2005.09.20

I have brought an important story together with the person of the

タイトル。
僕は、冷たいディスプレイを越えて、あなたの手で触れられる場所を探しています。

I have brought an important story together with the person of the
publisher now.
Moreover, it pursues the subject with the people who cooperate in it.


Therefore, please give time to me a little more.
I accurately straighten the adjustment.

I plan to issue a book to the people of flog that sees my photograph to show one's
appreciation.

I think that I will publish the site of your flog.

However, anything cannot be written any more now.

However, it is possible to write only a little.

My book can be bought in a bookstore all over the world.
Moreover, it is possible to buy it even with Amazon all over the
world.

Therefore, I am making an effort to the utmost now.
I do so and publish it to food flogger all over the world that was able
to be met to show one's appreciation.

However, the people left.
I am one person now.

However, it is not when it is feared that I am one person.
I also had nothing since beginning, and it exists here without being
fear it in the future.

My novel passed the second preliminary contest well.
The street of the second preliminary contest was my dream.
It can be said only the miracle.
Therefore, I am very glad.

I will write an important thing here one of these days.
Therefore, please sometimes stop by my site.
Thank you for reading here.


僕は、今、大切な話を出版社の人とまとめています。
また、それに協力して頂く方々とも話を進めています。

だから、もう少し、時間をください。
僕は、正確に調整を整えます。

僕は、僕の写真を見てくれたflogの人たちへ感謝の気持ちを込めて、本を出版する予定です。

僕は、あなたのflogのサイトを掲載しようと考えています。

ただ、今はそれ以上は何も書けません。

けれども、少しだけ、書けます。

僕の本は、世界中の本屋で買えます。
また、世界中のAmazonでも購入できます。

その為に、僕は今、精一杯努力しています。
僕は、こうしえ出会えた世界中のfloggerに感謝の気持ちを込めて出版します。

しかし、僕の写真を支えてくれた最初の頃の人たちは、去りました。
僕は、今、最初の頃と同じように独りです。

けれども、僕は、独りであることを恐れてはいません。
僕には初めから何もなかったし、これからも恐れずにここにいます。

僕の小説が、順調に第二次予選を通過しました。
第二次予選の通過は、僕の夢でした。
奇跡としか言えません。
だから、僕はとても嬉しいです。

僕は近いうちに、大切なことをここに書きます。
だから、ときどき、僕のサイトを立ち寄ってください。
ここまで読んでくれて、ありがとう。

|

2005.09.12

Title. "Man who waits in intersection"

Title. "Man who waits in intersection"

I write an important story today.
Please read to the last minute.

I advertised to the contest in the photograph.
And, it defeated to all prizes.
However, my photograph stayed in eyes of the person of the publisher.

I publish the photograph collection.
It was my dream.
Hereafter, I will make arrangements with them.

After that, the novel on me who had written four years ago passed the
first preliminary contest.
I wish to express my gratitude for everything that surrounds me now.

I sincerely describe the gratitude in not doing flog alone.
I am very glad.
Thank you.

I pour everything the current into the exhibition and the photograph
collection.
Thank you for always seeing my photograph.

Details are written again here.

Postscript. I cannot answer yet.
I apologize sincerely.

Postscript. 
I am not writing in return to a lot of people. 
I apologize sincerely. 
I'm sorry. 
And, I cannot answer yet. 
I'm sorry really. 

PS: Have a nice week. 
:) 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
All photographs that will be up-loaded in the future are photographs of my exhibition. 

The theme of the exhibition is unforgettable. 

The photograph of the monochrome is the main. 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
japanese is the following. 
http://steal-a.way-nifty.com/

タイトル。「交差点で待つ男」

今日、僕は大切な話を書きます。
最後まで読んでください。

僕は、写真のコンテストに公募しました。
そして、全ての賞に落選しました。
しかし、僕の写真が出版社の人の目に留まりました。
僕は写真集を出版します。
それは僕の夢でした。
僕はこれから彼らと打ち合わせをします。

それから、四年前に書いた僕の小説が、第一次の予選を通過しました。
僕は今、僕を取り囲むすべてに感謝しています。

僕はflogのみなさんに心から感謝の気持ちを述べます。
僕はとても嬉しいです。
ありがとう。

僕は、展覧会と写真集に今までの全てを注ぎ込みます。
僕の写真をいつも見てくれてありがとう。

詳細は、またここに書きます。

追伸。僕はまだお返事が出来ません。
僕は心から謝罪します。

|

2005.09.05

「Person. Shadow. Reflection」

Title. 「Person. Shadow. Reflection」

Theme of my exhibition.
'' unforgettable ''
It is up to Sunday from Friday to October 30 October 28,

I am preparing the exhibition now.
I'm sorry that it is not possible to answer.
I feel that it apologizes sincerely not to be able to answer for a
long time.
I'm sorry really.

I turn the feelings to its exhibition.

The first day opens for the preparation at 3:00PM.
It seems to spend on the preparation for about four hours.
The content of the exhibition cannot be written here.
However, the following were prepared.
Speaker. Lighting. Vinyl pasted to wall.
After that, coffee is prepared.

A lot of photographs that have not been announced so far are separately prepared
with the exhibited work on that day.
The photograph of I is prepared as much as possible though it is uncertain how much
to be able to be developed.
One price is a schedule of about 50 cents.
It is Japanese yen, and 50 yen.
I hope a lot of people buy it as much as possible.
Moreover, the part is contributed to the victim of Tsunami.
It is all ..can do by me of today...

I do not sell it as long as there is no great reason in places other
than the exhibition.
It becomes sales of the limit this time because I never look back on
a past photograph.

dear Mr.becon.
I am waiting for you. I of today am thanks to you.
I wish sincerely to express my gratitude to you.
Thank you.
http://www.fotolog.net/bekon/

Postscript.
I am not writing in return to a lot of people.
I apologize sincerely.
I'm sorry.
And, I cannot answer yet.
I'm sorry really.

PS: Have a nice week.
:)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
All photographs that will be up-loaded in the future are photographs of my exhibition.

The theme of the exhibition is unforgettable.

The photograph of the monochrome is the main.

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/


タイトル。「人。影。反射」

僕の展覧会のテーマ。
'' unforgettable ''
10月28日の金曜日から10月30日の日曜日までです。

僕は今、展覧会の準備をしています。
お返事ができなくて、ごめんなさい。
僕はずっとお返事ができなくて、心から申し訳ないと感じています。
ほんとうにごめんなさい。

僕は、その気持ちを、自分の展覧会に向けます。

初日は、準備のため、午後3時過ぎから開きます。
準備に四時間ほど費やしそうです。
展覧会の内容は、ここには書けません。
しかし、以下のものを用意しました。
スピーカー。照明。壁に貼るビニール。
それからコーヒーを用意します。

展示する作品とは、別に、当日は、これまでに発表していない写真をたくさん用意します。
どのくらい現像が出来るかは、不明ですが、僕の出来る限り、写真を用意します。
一枚の値段は、50セントほどの予定です。
日本円で、50円です。
僕は、出来る限り多くの人に購入していただくことを望んでいます。
また、その一部をTsunamiの被災者へ寄付します。
それは、今の僕に出来るすべてです。

僕は、展覧会以外の場所で、よほどの理由がない限り、販売しません。
僕は、過去の写真は決して振り返らないので、今回限りの販売になります。

dear Mr.becon.
僕はあなたを待っています。あなたのお陰で今の僕はあります。
僕はあなたに心から感謝しています。
ありがとう。
http://www.fotolog.net/bekon/

追伸。
僕は多くの人にお返事を書いていません。
僕は心から謝罪します。
ごめんなさい。
そして、僕はまだ、お返事ができません。
ほんとうにごめんなさい。

|

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »