トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.20

サブタイトル。「枯れた場所」6/6
六枚の写真のタイトル。
そして、僕の展覧会のタイトル。

「Unforgettable」

僕は七月の中旬にイタリアのミラノへ行きます。
ニューヨークに行くかどうか、最後まで迷っていましたが、イタリアに決めました。

僕は、flogでイタリアの人たちの写真をたくさん拝見しました。
どの人の写真もとても素晴らしいです。

色彩。構図。街並。ファッション。アート。
どれもがとても素敵です。
安定した感性の中に、前進し続けようとする気持ちが含まれています。

僕は、失敗してでも前進しようとする音楽を愛してきました。
セールスが落ちたとしても、自分で作った自分の壁を壊そうとしているミュージシャンたちに、僕はいつも惹かれてきました。
ミラノはそんな街だと僕は感じています。
僕は魅了されました。

僕のガイドブックに、こう書かれています。

「ひったくりが多いので気をつけてください」

もちろん、僕は気をつけます。
けれども、ミラノの人たちも気をつけてください。

僕は、ミラノの風景を盗み去ります。
僕はそうなるように努力します。
:)

|

2005.06.13

"Fought art"..?

blog2222dscn5957

I am energetic.
How are you?

I decided the theme of the exhibition.
It is written at the end.
I keep taking the photograph.
After that, the exhibition is prepared.
The image has hardened considerably.
The place is narrow more than I think.
Then, I hit on certain.
It cannot be written here now.
However, it would be better to be able to enjoy it surely.

I think that I will finish up the novel on starting write now.
They are three stories. All are the talks of man and woman's love.
As for them, it is scheduled to add to the pamphlet thought that it will distribute on that
day.
Of course, there is a photograph there, too. Music holds out to be suitable for the theme
because I am making it.

A certain magazine was bought the other day.
It was being written in the cover so.
"Fought art"
Designers all over the world were introduced centering on New York.
They stimulated me very much.
In the inside, there was a work that talked about ipod ironically,
too.
The art becomes arms.
It carves it for the corner of the memory of the person just like
wording and sentences.

However, I do not like such expression.
Because it fights against anger by anger.
Someone will use violence for someone's violence and it rebound by violence.
It only gives birth to a limitless repetition.
Do not grasp the ax that exists soon at hand to shake and to avoid the lowered ax.
Another means is sure to have been left.
Therefore, we should have various aspects.
To be spirited of the person by the art, various means are sure to be selected.
I think that the artist suffers, it gives birth to the theme, and the deeper the worry is, the more I hit our chests.

When the art is expressed like that, it doesn't become it though the art
becomes arms.
I had written with flog so before.
"If, I am glad of my photograph only because of it if someone's day is
supported. "

I wrote the art so.
"It is necessary to be consumed completely. "
Someone must support someone's day and moment by nearby soon.
Support tomorrow of the person if it is possible to do.
It is such an art that I aims.

I want the miracle.
I want the miracle that not the miracle for someone but I want to see.
If the miracle that I want to see is the same as you, I am very glad.
When the miracle that I want to see resonates to you, the small ripple is sure to shake a sea all
over the world quietly.
Therefore, I shut myself up in my room, and am facing the work.
It is you that support the feelings who gave flog the comment.
It wishes my clumsy gratitude to be transmitted to you well.

Postscript.
I am for a long time here. Please offer without reservation if you come to Japan.
If convenience each other attaches, let's meet.

Postscript.
These sentences are different though might give. the impression
It is my start.
I carry out the best when I can do.
Thank you.

Postscript.
I decided the title of my exhibition.

The title is this.
'' Unforgettable ''

Everyone has a moderate shadow regardless of day and night.
It is such a theme.

Needing it for us is not arms.
It is getting warm of an important person.

We are wishing tomorrow to clear up for only a few getting warm.
I think at least so.

Postscript. A new photograph was up-loaded.
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=575999&un=100134&m=0
:::::::::::::::::::::::

僕は元気です。
あなたは元気ですか?

僕は展覧会のテーマを決めました。
それは最後に書きます。
僕は写真を撮り続けています。
それから、展覧会の準備をしています。
イメージが、だいぶ固まってきました。
場所が、僕の思っていた以上に狭いです。
そこで、僕は、あることを思いつきました。
それは今、ここには書けません。
でも、きっと楽しめるはずです。

僕は、今、書きかけの小説を仕上げようと考えています。
三つの話です。全て男女の恋愛のお話です。
それらは、当日配布しようと考えているパンフレットに加える予定です。
そこにはもちろん写真もあります。音楽も僕は作っているので、そのテーマに合うように頑張ります。

先日、ある雑誌を購入しました。
表紙にはこう書かれていました。
「闘うアート」
ニューヨークを中心に世界中のデザイナーたちが、紹介されていました。
それらは、僕をとても刺激しました。
中には、ipodを皮肉った作品もありました。
アートは、武器になります。
言葉や文章と同じように、人の記憶の隅まで刻みます。

しかし、僕はこのような表現を好みません。
なぜならば、怒りに対して怒りで抗うからです。
誰かの暴力に対して、誰かが暴力を振るったら、また暴力で跳ね返ってくるでしょう。
それは、際限のない繰り返しを生むだけです。
振り下ろされた斧を避けるために、すぐ手元にあった斧を握りしめてはいけません。
別の手段が必ず残されているはずです。
だから僕らは様々な視点を持つ必要があります。
アートで人を振るわせるためには、様々な手段の選択があるはずなのです。
だからこそ、アーティストは苦しんでテーマを生み、その悩みが深ければ深いほど、僕らの胸を打つのだと僕は考えています。

アートは武器になるけれども、アートをそのように表現してはなりません。
僕は、以前にflogでこう書きました。
「もしも、僕の写真が誰かの一日を支えられたら、僕はそれだけで嬉しいです」

僕はアートについて、こうも書きました。
「消費し尽くされなければならない」
誰かのすぐそばで、誰かの一日や一瞬を支えること。
出来るならば、その人の明日ぐらいは、支えられること。
僕が目指してるのは、そういったアートです。

僕は奇跡が欲しい。
誰かのための奇跡でなく、僕の見たい奇跡が欲しい。
僕の見たい奇跡が、あなたと同じならば、僕はとても嬉しいです。
もしも、僕の見たい奇跡があなたに共鳴したら、その小さな波紋は、世界中の海を静かに揺らすはずです。
だから、僕は自分の部屋に閉じこもって、作品に向かっています。
その気持ちを支えてくれるのは、flogにコメントをくれたあなたです。
僕の不器用な感謝の気持ちが、あなたにうまく伝わることを願います。

追伸。僕はずっとここにいます。もしも、あなたが日本に来ることがあれば、遠慮なく申し出てください。
お互いの都合がつけばお会いしましょう。

追伸。この文章は、僕の終わりのような印象を与えるかもしれないけれども、違います。
僕の始まりです。
僕は僕の出来る限りのベストを尽くします。
ありがとうございます。

追伸。僕は、僕の展覧会のタイトルを決めました。
タイトルは、これです。

「 Unforgettable 」
(忘れられない)

昼夜を問わず、誰にでもそれなりの影がある。
そんなテーマです。

僕らに必要なのは、武器ではありません。
大切な人の温もりです。
ほんの少しの温もりのために、僕らは明日が晴れることを願っています。
少なくとも僕はそう思っています。

追伸。新しい写真をアップしました。
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=575999&un=100134&m=0

blog-33cmDSCN5862

|

2005.06.08

Dear fotolog'stuff.

It cannot access flog for a long time.

I think whether the interpersonal relationship broke rather than broken the server.
:)
Importantly treating about a good staff is more all-out.
It is not possible to buy it with money.

I teach the ceremony named DOGEZA of Japan to the person at the position where flog
is high.

Amount is rubbed against the floor in front of the door of the house of a staff
away.
And, please shout so.

"I'm sorry. "

This is a ceremony of the apology of Japan.
However, this is not general.
Please give it up when it does and the staff doesn't return there.

You must return to the house, and fill even with the pizza your mouth slowly while
being buried in the sofa.

HARAKIRI need not be done like SAMURAI of Japan.
Do you understand?
:)

Postscript.
This photograph is ago by about one month. I have let one's hair grow long now.
:)dscn5864_1

::::
flogにずっとアクセスできません。
サーバーが壊れているというよりも、人間関係が壊れたんじゃないかと僕は考えています。
:)
良いスタッフは大切に扱った方が懸命です。
お金では買えません。
flogの高い地位の人に、僕は日本のdogezaという儀式を教えます。
離れていったスタッフの家の扉の前で、床に額をこすりつけます。
そしてこう叫んでください。
「ごめんなさい」
これが日本の謝罪の儀式です。
しかしこれは一般的ではありません。
そこまでしてスタッフが戻ってきてくれなかったら、諦めてください。
あなたは家に帰って、ソファに埋もれながら、ゆっくりピザでも頬張ってください。
日本のSAMURAIのように、HARAKIRIをする必要はありません。
わかりますか?
:)

追伸。
この写真は一ヶ月ほど前です。僕は今、髪を伸ばしています。
:)

|

How are you?

How are you?
It cannot access flog yet.
My photograph etc. improve to blog.
I hope to be going to meet one of these days.
I am reading the comment on flog.
Thank you.

Postscript.
Please write the comment in flog.

Postscript.
These sentences use the translation site.
Moreover, Japanese written here is being written for the translation.

Postscript.
The counter of this site is a numerical value from time when I had up-loaded
the novel before.

::::::
お元気ですか?
まだflogにアクセスできません。
僕の写真などは、blogへアップします。
近いうちに会えることを僕は希望します。
flogのコメントを僕は読んでいます。
ありがとうございます。

追伸。
コメントはflogへ書き込んでください。

追伸。
この文章は、翻訳サイトを使っています。
また、ここに書いた日本語は翻訳用に書いています。

追伸。
このサイトのカウンターは、僕が以前に小説をアップロードしていた時からの数値です。

|

トップページ | 2005年7月 »